勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】138個の効率化勉強法の解説講義(音声)を期間限定で公開!

模試で偏差値70ってどのくらいすごいの?偏差値70以上の大学や勉強法も紹介

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

模試で偏差値70を取ったり、70以上の大学がどのくらいすごいのかよくわからないですよね。

そこで今回は、偏差値70の割合や大学を紹介して、どのくらいすごいのか解説していきたいと思います。

偏差値70以上の順位や大学を教えて!」「偏差値60から70になるための勉強法は?

こんな疑問にお答えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも偏差値とは何を意味しているのか?

偏差値のグラフ

偏差値70について解説する前に、まず偏差値とは何を意味しているのか説明します。

まず偏差値とは、そのテストを受けた受験生の中で、自分の結果がどのくらいの位置にいるのかを表す数値です。

そのため偏差値は他のライバルと比較して、

どのくらいの順位にいるかがわかるのです。

偏差値は平均点がちょうど偏差値50となるように設定し、

その基準からどのくらい離れているかを数値で表したものです。

つまり今回の得点が80点でも、平均点によって偏差値は変わってくるので、

偏差値を上げるためには得点を上げるだけでなく、

順位を上げなければいけないのです。

偏差値70ってどのくらいすごいの?順位や割合から考えてみた!

偏差値で自分の成績がどのへんかわかるなら、

偏差値70はどのくらい優秀なのでしょうか。

ここではわかりやすく1,000人を対象としたテストで考えていきたいと思います。

下の表は上位から何%か、そして1,000人中の順位を表したものです。

偏差値 上位何%か 順位
75 0.6% 6位
70 2.2% 22位
65 6.6% 66位
60 15.8% 158位
55 30.8% 308位
50 50.0% 500位
45 69.2% 692位
40 84.2% 842位
35 93.3% 933位

この表から見てわかるように偏差値70は上位の2.2%、順位は22位となります。

また偏差値75になると、なんと上位の0.6%、順位は6位となってます。

これだけで偏差値70をとることがどれだけすごいのかわかりますよね。

偏差値の最大って偏差値100?偏差値に上限ってあるの?

少し話からそれてしまいますが、

偏差値に上限ってあるのかと疑問に思ったひともいると思います。

結論から言うと偏差値の最大は偏差値100ではなく、そもそも偏差値に上限はありません

実際に起こることはほぼありえませんが、例えば平均点50点で、

標準偏差が10点のテストで100点を取ったとすると、

そのひとの偏差値は計算上偏差値100となります。

シンプルにこのテストで120点をとれるとすると、偏差値は120となります。

しかし先ほどの表でわかったように、

その可能性はほぼ0%に近いため、めったに起こることはありませんね。

偏差値70以上で合格できる大学はどこ?

偏差値70ほどの大学はかなり難しいとこなので、かなり限られてきます。

大学は高校の偏差値よりも低く出やすいため、

偏差値70の大学は最難関校しかないと考えていいと思います。

そのため高校受験のときの偏差値の感覚は忘れたほうがいいでしょう。

それでは偏差値70以上ある大学を国立と私立で分けてご紹介していきます。

偏差値70以上で行ける国立大学【文系】

偏差値70以上で行ける文系の国立大学は、

  • 東京大学文科一類     偏差値:73
  • 東京大学文科二類     偏差値:72
  • 東京大学文科三類     偏差値:72
  • 京都大学文学部人文学科  偏差値:71
  • 京都大学法学部法学科   偏差値:71
  • 京都大学経済学部経営学科 偏差値:71
  • 大阪大学法学部法学科   偏差値:71

まさに日本の難関国立大学である、東大、京大、そして阪大がそろっていますね。

つまり偏差値70以上あれば、すべての国立大学の文系学部は合格圏内にあることになりますね。

偏差値70以上で行ける国立大学【理系】

偏差値70以上で行ける理系の国立大学は、

  • 東京大学理科三類       偏差値:74
  • 大阪大学医学部医学科     偏差値:72
  • 京都大学医学部医学科     偏差値:72
  • 東京医科歯科大学医学部医学科 偏差値:72
  • 東京大学理科一類       偏差値:71
  • 東京大学理科二類       偏差値:71
  • 名古屋大学医学部医学科    偏差値:71
  • 筑波大学医学部医学科     偏差値:70

日本最難関と言われる東京大学の理科三類は、やはり別格の偏差値74ですね。

有名な難関大学の医学部ばかりで、このレベルのひとたちはほんとに頭のいい人しかいませんね。

偏差値70以上で行ける私立大学【文系】

偏差値70以上で行ける文系の私立大学は、

  • 慶應義塾大学法学部法律学科   偏差値:72
  • 早稲田大学政治経済学部経済学科 偏差値:72
  • 慶應義塾大学経済学部経済学科  偏差値:71
  • 早稲田大学文学部文学科     偏差値:71
  • 上智大学法学部法律学科     偏差値:70
  • 同志社大学文学部英文学科    偏差値:70
  • 中央大学法学部法律学科     偏差値:70

やはり私立のトップと言えば早慶がきますね。

慶応の看板学部である法学部と、早稲田の看板学部である政治経済学部が偏差値72となっています。

そのあとにはMARCHや同志社大学が続いています。

私立の慶応と国立の東大が偏差値的には同じだから、

レベルも同じかというとそうではありません。

まず圧倒的に科目数が違ったりするので、安易に偏差値で比較するのはよくないです。

偏差値70以上で行ける私立大学【理系】

偏差値70以上で行ける理系の私立大学は、

  • 慶應義塾大学医学部医学科    偏差値:72
  • 慶應義塾大学環境情報学部    偏差値:71
  • 早稲田大学人間科学部人間環境科 偏差値:70
  • 自治医科大学医学部医学科    偏差値:70

こちらも医学部が上位にきますが、私立で偏差値70以上の大学はかなり少ないですね。

私立の大学でも医学部はたくさんありますが、

国立との大きな違いと言えばやはり学費が高すぎるということでしょう。

行けるなら絶対に国立の医学部のほうが金銭的にはいいでしょう。

偏差値70以上の大学に行くにはセンター試験で何点くらい必要?

センター試験は基本的に平均が6割になるように作られており、

センター試験で偏差値60はだいたい8割くらいと言われています。

年度によって変わってきますが、センター試験で9割以上を取れる人が上位5%ほどと言われていますので、

偏差値70以上となるとセンター試験で9割以上取らなければいけません。

実際のところ東大に入るために必ずしも9割必要であるわけではなく、

またセンター利用で1番難しい早稲田の政経のボーダーが、9割以上とも言われています。

センターで9割以上とるのはかなり難しいので、偏差値70はほんとにすごいですね。

偏差値60から70にするための勉強法

ここからは偏差値60から偏差値70にするための勉強法について紹介していきます。

偏差値と言ってもどのテストのものかで変わってくるので、

今回は偏差値60の大学であるMARCHレベルから、

早慶の偏差値70レベルに上げるための勉強法を説明したいと思います。

偏差値は目安でしかない!偏差値70になるための具体的な点数は?

最初にみなさんに勘違いしてほしくないのは、偏差値は目安でしかないということです。

さらに言うと、偏差値70になることが目標なのではなく、

志望校に合格することが最終目標であるということを忘れないでください。

偏差値70を目指しているということは、もう具体的に目標としている大学があると思います。

つまり考えなければいけないのは、あと何点あればその大学に合格できるかです。

そのための最短の道を考えていきましょう。

志望校の過去問を解いて今の実力を把握しよう

まずやるべきことは数学の復習などではなく、今の実力を把握することです。

そのために1番いい方法は、志望校の過去問を実際に本番のように解いてみることです。

おそらく初めて過去問を解くと思うので、まだ解けなくて当然なのですが、

そうすることで具体的な大学のレベルが分かり、

どの科目で何点くらい足りていないのかがわかります。

決して今できないからといってへこむ必要はまったくなく、

試験当日までに合格点をとればいいのです。

試験当日に合格点を達成するための勉強計画を立てる

過去問を解いたことで、自分の弱点や、

どこを解けるようになれば合格点に近づくのかわかったと思います。

つまり試験当日までにそのレベルまで達することができれば、あなたは志望校に合格できます

なんだか合格できるような気がしてきますよね。

そのために試験当日に合格点に達するように逆算して、長期的な勉強計画を立てていきます

どの時期までに何をできるようにするかなど、

おおまかに考えていきます。

勉強計画と言うと一日など短期的なものしか作ったことがないと思いますが、

それでは合格するための計画ではなく、勉強するための計画になってしまいます。

しかし、一人で長期的な勉強計画を立てるのはかなり難しく、

間違った計画を立ててしまうと、その時点で合格できる可能性が大きく下がってしまうかもしれません。

そこで何人もの勉強計画を見てきたぼくが身につけた、

勉強計画の立て方をまとめた教材を用意したので、ぜひ参考にして作ってみてください。

苦手な分野は早めに克服しておく

偏差値70以上のレベルになると、すべての教科で高い点数をとることが要求されます。

1教科でも苦手なものがあり、そこで足を引っ張ってしまうと、

合計得点で合格点に達成できないこともあります。

そのため苦手な分野がある場合は、

後回しにするのではなく早めに克服するようにしましょう。

とくに文系のひとに多いのが、

数学が苦手だけど受験で必要なのに後回しにしてしまうひとです。

受験が近づいてくると、いろいろやらないといけないことが増えてくるので、

ゆっくりと苦手教科をやっている時間はありません。

苦手教科を最優先でやるような気持ちでやっていきましょう。

偏差値70からの大学受験の科目別勉強法

すでに一般模試で偏差値70以上あるというひとは、

次に何をすればいいのだろうかと思っているかもしれません。

そこで基本となる英数国の教科について、偏差値70からの勉強法を軽く紹介したいと思います。

【英語】偏差値70からの大学受験での英語勉強法

偏差値70あるひとは、基本的な英単語や文法はほとんど完璧だと思います。

さらにそこから英語で点数をとるためには、

やはり英作文と英語長文でいかに失点しないかだと思います。

英作文の力を上げるには、実際に英作の練習をすることと、

英語の構文を暗記する方法があります。

英作の問題を解くときは、答え合わせなどは小さなニュアンスの違いなどもあるので、

英語の先生にお願いするようにしましょう。

覚える英語の構文としては、売っている例文集を使ったり、英作の回答例などが使えます。

例文を覚えていることで、主語を変えればそのまま使えたりすることがあるので、ためになりますよ。

英語長文もひたすら長文を読んで、読むスピードを上げていくことが大切ですね。

【数学】偏差値70からの大学受験での数学勉強法

数学も偏差値70以上あるならば、基本的な数学の知識には問題ないでしょう。

そこからはいかに基本の知識から応用問題が解けるかの勝負になってきます。

数学でも試験の本番に練習でやった問題と似たような問題が出ることもあるので、

いろいろな応用問題を解く必要があります。

同じような解法のパターンがヒントとなり、解答が導かれることもあるので、

過去問などたくさん問題を解くようにしましょう。

【国語】偏差値70からの大学受験での国語勉強法

国語で偏差値70以上ある人は、相当読解力があると思います。

それ以上現代文で得点を上げることはかなり難しいので、

古典の勉強をしたほうがいいでしょう

古典はほとんど暗記科目でもあるので、より多くのことを知って入れば得点が狙えます。

また過去問を解くことで、その傾向がつかめてくると思います。

正直、国語でそれだけ得点がとれているなら、他の科目に勉強時間をあてたほうがいいような気もしますね。

まとめ

いかがでしたか。今回は偏差値70について様々な観点から見ていきました。

模試で偏差値70以上とれるひとはほんの少しだけで、

大学の偏差値が70以上のとこは有名難関大学しかありませんでしたね。

みなさんも偏差値70がとれるように頑張ってください。

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2019 All Rights Reserved.