偏差値55から60に上げる科目別勉強法をご紹介

高校生活

今回は偏差値55から60に上げる勉強法を解説していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてくだい。

そもそも偏差値ってどんな意味?

偏差値のグラフ

偏差値55の勉強法を解説する前に、そもそも偏差値とはどのような意味なのか説明したいと思います。

偏差値を求めるためには、センター試験の數學で出てくる標準偏差などが必要なのですが、

ちょっとわかりにくいので、結論だけ言っておきたいと思います。

偏差値とは、そのテストを受けた受験生の中で、

自分の結果がどのくらいの位置にいるのかを表す数値です。

そのため偏差値は他のライバルと比較して、どのくらいの順位にいるかがわかるのです。

偏差値は平均点がちょうど偏差値50となるように設定し、

その基準からどのくらい離れているかを数値で表したものです。

つまり今回の得点が80点でも、平均点によって偏差値は変わってくるので、

偏差値を上げるためには得点を上げるだけでなく、

順位を上げなければいけないのです。

偏差値55から60に上げるための科目別勉強法

平均よりも少し高い偏差値55ではあるけれど、

なかなか偏差値60にはなれずに伸び悩んでいるひともいると思います。

そこで偏差値55から60に上げるための勉強法を科目別にご紹介したいと思います。

ここでは基本となる英数国の教科の勉強法について解説していきます。

【英語】偏差値55から60にするための英語勉強法

英語で平均以上とれているひとは、基本的な単語や文法はある程度大丈夫だと思います。

しかし、まだまだぬけているところもあると思うので、引き続き基礎を固めていきましょう

なかなか偏差値60に届かない人の多くは、

英語長文を読むのが遅いという特徴があります。

これは英文を読み慣れていないためであるので、

たくさん英語長文を読んだり音読しましょう。

英文を読むのが遅いとテストで時間内に間に合わなかったり、ミスをおかしやすくなります。

英語長文は読めば読むほど、スピードが上がっていくと思うので、

英文をあまり読んでいなかったひとはたくさん読むようにしましょう。

【数学】偏差値55から60にするための数学勉強法

数学で平均以上とれているひとは、基本問題は簡単に解けるけど応用問題で失点しているのではないでしょうか。

これはなぜかというと、数学の問題を練習するときに、

答えの解法を丸暗記してしまっているからです。

そのため少しでも条件を変えられたり、複雑になるとわからなくなってしまいます。

解答を暗記することは決してよくないことではありませんが、

しっかりと理解したうえで解法を暗記する必要があります。

このような理由からこの公式が使えるというように、

どうしてその解法になるかを考えながら勉強するようにしましょう。

【国語】偏差値55から60にするための国語勉強法

国語の現代文はなかなか平均以上から得点を上げるのは難しいです。

確実に点数が上がりやすいのは古典になります。

古典はかなり暗記科目に近く、さらに覚えなければいけない内容もそれほど多くはありません。

まずは古文の単語や漢文の句形など、暗記部分を完璧にしていきましょう。

古典もなれてくれば読むスピードが上がってくるので、

より現代文に時間をかけられるようになります。

偏差値ばかりにとらわれず行きたい大学を見つけよう!

みなさんに勘違いしてほしくないのは、偏差値はあくまで大学の目安でしかないということです。

大学の良し悪しはけっして偏差値だけで決まるわけではないということです。

また、偏差値55になることが目標なのではなく、

自分の志望校に合格することが最終的な目標になります。

そのため、まだ志望校を決めていないひとは、

よく考えてできるだけ早めに決めておく必要があります。

すでに決まっているひとは、志望校の過去問を解いて、

どうすれば試験当日までに合格点をとることができるのか考えて、勉強計画を立てましょう。

少しでも早い時期から勉強計画を立て始めることができれば、

それだけ余裕のあるものとなります。

偏差値55でいける大学を紹介している記事もあるので、こちらも参考にしてみてください。

偏差値55とはどのくらいのレベル?偏差値55の大学や勉強法を紹介