運営会社はこちらから

勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】効率化勉強法を期間限定で公開!

テスト前の徹夜はアリ?テスト前日一夜漬けのテスト勉強のコツは仮眠だ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

テスト前の徹夜はアリなの?」「一夜漬けのテスト勉強のコツは?

そんな高校生の疑問を解決します。

「定期テスト前日なのに、時間が足らない」なんてことありますよね。そんな時は徹夜に頼るべきなのか徹底解説していきたいと思います。

テスト前日の徹夜はアリ?

テスト前日の徹夜はおすすめできません。

なぜなら、前日に慌てて勉強したってきちんと学習内容が定着しないからです。前日にやって短期記憶で次の日のテストを乗り切ったとしても、その記憶は1週間後には忘れてしまうでしょう。

定期テストはしっかりとテスト1週間以上前から準備して臨むべきです。

しかし、もう勉強してなくてテスト前日を迎えてしまったというあなたには一夜漬けしか選択肢は残されていません…。

そんな追い込まれた状況のあなたには、テスト前日は徹夜はアリと言わざるをえません。

定期テストは入試とちがって範囲が決まったテストです。せいぜい3ヵ月程度の授業で扱った範囲からしか出題されないのです。

おすすめできないとは言いましたが、前日しっかり頑張れば明日のテストで高得点を取ることができますよ!

この記事では、テスト前日の徹夜のコツや注意点などを伝えていこうと思うので、しっかり読んでくださいね!

テスト前日徹夜のコツ選 寝ないのはNG?

テスト前日の徹夜を成功させるにはいくつかのコツがあります。1つ1つ見ていきましょう!

1.ちゃんと計画は立てる

やみくもに勉強しては明日のテストに間に合うはずがありません。

テスト前日の徹夜だって計画が大事です。

計画を立てないで勉強をはじめてしまうと、結局テスト範囲が終わらなかったなんてことになりかねません。

しっかり明日どれくらいの点数を取りたいのか目標を決め、やるべきことを書き出し、それにどれくらいの時間がかかるのかを考え、しっかりと計画を立ててください。

テスト前日こそ、計画が肝心なのです。

2.暗記科目を優先的にやろう

暗記科目の方が前日の徹夜の効果が高いです。

なぜなら、覚えたことがそのままテストに出るからです。

例えば、数学の勉強をしてもそのまま同じ問題が出される可能性は低いでしょう。公式を覚えていたって、応用問題が出されればなかなか解けません。

数学や現代文などの科目は本質的な理解が求められるので、付け焼き刃で対策するのは難しいです。

一方で、歴史や英単語などの暗記科目は覚えたことがそのままテストに出るため、前日に頭に入れておけば簡単に良い点数を取ることができます。

ぶっちゃけたところ、丸暗記してしまえば、本当はわかっていなくても解けちゃうんです。

できるだけ、テスト前日の夜に取り組む科目は暗記科目にしましょう。

3.徹夜に必要な装備を準備をしておく

徹夜は人間にとってあまり良くないことです。徹夜を成功させるには、モノの力が入ります。

カフェイン、夜食、洗面器いっぱいの冷水を用意しておきましょう。

カフェインは眠気覚ましの効果があります。「メガシャキ」や「モンスターエナジー」を徹夜勉強を始める前に用意しておきましょう。

夜食はパンやおにぎりなどの軽食で良いです。夜中の7,8時間何も食べずに過ごせるわけがないですから、あらかじめ準備しておきましょう。

そして、洗面器いっぱいの冷水を用意してください。別になんの仕掛けがあるわけでもないです。眠くなったら、顔をつけるのです!絶対に目が覚めますよ。

4.数学から始める

暗記科目を優先すべきと先ほどお伝えしましたが、どうしても数学をやらなければならないこともありますよね。

そんな時は、数学を最初にやりましょう。

数学は最も頭を働かせて集中力の高い状態でやらなければ身につきません。徹夜の後半でやっても定着するはずがありません。

まず、数学を最初に終わらせてしまうように計画を立てましょう。

5.スマホは見ない

徹夜をする時はスマホを見てはいけません。

なぜなら、目に負担がかかるからです。徹夜をしているあなたはただでさえ目に大きな負荷がかかっています。

そこに、スマホのブルーライトを浴びてしまうと負荷が増大して集中力が乱され、眠くなりやすくなってしまいます。

徹夜する時は絶対にスマホを見ないようにしましょう。

6.仮眠をとる

この項目が最も大事です!仮眠をとるようにしましょう。

徹夜と言ってもずっと起きているのは人体への負担が大きすぎます。

次の日のテスト中に眠くなってしまうことまちがいないでしょう。

無理をしてずっと寝ないのではなく、こまめに仮眠を取りましょう。

仮眠をとることで、疲れをリセットして集中することができます。

7.休憩は大休憩ではなくショート休憩

休憩はこまめに、短く取りましょう。

長く勉強し続けても集中力は続かないので、こまめに休憩を取る必要があります。そして、長い休憩を取ってしまうと長い眠りについてしまう危険があるので短めに休憩は取るようにしてください。

一夜漬けの仮眠のやり方

前日の徹夜では仮眠が大事だとお伝えしました。

一夜漬けの仮眠の取り方にはコツがあります。具体的に説明していきたいと思います。

まず、徹夜の時の仮眠は1回あたり15分以内にしましょう。それ以上寝ると本格的な眠りに落ちてしまう恐れがあります。

気づいたら翌朝になってたなんていう恐ろしい目に遭わないためにも仮眠は15分以内にしてください。

その代わり、一晩に何回仮眠を取っても構いません。こまめに、短くがコツです。

次に、仮眠姿勢の説明に移ります。

一夜漬けの仮眠の方法はこれです。↓

椅子に座ったまま、机に伏せるようにして寝ましょう。

絶対にベットで寝ないようにしてください。絶対に15分では起きれなくなります。これもまた、本格的に寝落ちして翌朝に悲劇が待ち受けることになります。

さらに細かい注意点に移ります。

部屋は明るいまま寝ましょう。少し明るくて寝にくいくらいがちょうど良いです。これまた本格的に寝るリスクを最小限にするためです。

アイマスクの着用は厳禁です。光が遮断されると寝落ちしやすいです。

以上の点を守って、仮眠を適切にとり、徹夜勉強を乗り切ってください!

テスト前日の徹夜勉強の注意点

テスト前日に徹夜で勉強する時の注意点を3つほど紹介します。テスト前日にやってはいけないことがあります。

1.たくさんやろうとしすぎない

無茶な量の勉強を徹夜でしようとしないようにしましょう。そのためには、計画を立てる時にあまりに高すぎる目標を定めないようにしてください。

テスト前日の徹夜勉強は妥協が大切です。テスト1週間前から準備した場合と同じ目標を達成しようとするのは無理です。

不可能な目標を立てて、無茶な勉強量を計画すると、計画が総崩れしてやりたかったことができなくなるおそれがあります。

テスト前日の勉強では、低めの目標設定で、絶対に明日の朝までに終わる勉強量を計画してください。

2.現代文の前夜は徹夜しちゃダメ

翌日のテストに現代文がある時は徹夜をあきらめましょう。

現代文はテスト本番でいかに頭をフル回転させるかが勝負の鍵です。しっかりと寝て万全の状態で臨まないと、まったく文章が頭に入らなくて赤点を取ってしまうなんてことになりかねません。

現代文の前日は、次の日にある現代文以外の教科を遅くとも夜12時までには終わらせ、就寝しましょう。

現代文がノー勉になってしまってももう仕方がないです。本番に万全のコンディションで臨めることを第一に優先しましょう。

3.同じ教科をやり続けるのはダメ

深夜になるとついハイになってしまうことがあります。調子がいいからって同じ教科をずっと連続でやるということになら二様にしてください。

疲労は必ず蓄積されていて、夜明けまでのどこかで絶対にガタがきます。

ちゃんとこまめに休憩を取ることに加え、脳に刺激が与えられるように教科を適度に変えて勉強すると良いです。

徹夜を回避する方法

どうして徹夜をしなければいけなくなってしまったのでしょうか?

答えは1つです。前日までにちゃんと準備をしてこなかったからです。

徹夜を回避する方法とは、しっかりとテスト1週間以上前から計画的に勉強をしておくことです。

毎回定期テストのたびに徹夜するハメになって、毎度反省するんだけど、結局今回も前日まで勉強しなくて徹夜しなければならない状況に追い込まれているなんて人はいませんか?

今度こそ絶対に負のルーティンを断ち切りましょう。

きっとそんなあなたは能力がそこそこ高いのです。能力が高いからなんだかんだ徹夜で定期テストを乗り切れちゃっているために、繰り返してしまうのでしょう。

ですが、前日に覚えた知識なんて短期記憶に過ぎず、ちゃんとあなたの基礎として定着しません。

また、定期テストは満点を目指してのぞむべきものです。徹夜でやって、7、8割取れちゃったからまあそれでいいかなんてのはレベルが低過ぎます!

定期テストは入試とちがって範囲がせまく、対策が簡単です。定期テストはテスト範囲を2、3周して完璧にして本番にのぞむべきです。

そうすれば定期テストで9割、満点を取ることだって難しくないですよ!

繰り返しになりますがテスト勉強の定石は1週間前からしっかり計画を立てて勉強することだというのを心に留めておいてください!

1週間前からの勉強法については「高校のテスト勉強を一週間前から攻略するショートカット勉強法」を参考にしてくださいね。

高校のテスト1週間前!勉強のやり方は?計画の立て方を解説【具体例あり】

効率的な勉強法を身に染み込ませろ!

徹夜している人は効率が悪いです。

だって毎回、徹夜で短期記憶で覚えて、すぐ抜けての繰り返しをしているんですよ!

効率の良い勉強法を身につけた僕だったら、あまりに非効率すぎてそんな勉強の仕方は体が受け付けません。

定期テストの場合だったら、定期テストを通じて基礎を身につけ、成長させて受験につなげるというのが効率の良い勉強です。

こういうことを常に考えながら勉強するのが正しい受験生の頭の使い方です。

結局、毎回徹夜頼りになってしまうという人は効率の良い勉強法が体に染み付いていないのです。

日頃から計画を立て、どうやったら成績が伸びるのか考えながら勉強していくことで効率的な勉強法を身につけ、徹夜に頼らなくて済むようにしましょう。

効率的な勉強法を僕たちと一緒に身につけたいという人は「いざ!難関大学へ!!下克上合格」をご覧ください!

まとめ

高校のテスト勉強と聞くとどうしても気が重くなりがちですよね。ですが、できるだけ早く対策を開始して前日徹夜に頼らなければならにという状況を防いでください。

テスト勉強をしないまま前日となってしまったあなた!

頑張って徹夜勉強をすれば、明日間に合うはずです。この記事で伝えた計画を立てることや仮眠を取ることといったコツをしっかりと実践すれば、良い結果が出るはずです。

しかし、今焦っている気持ちは忘れないでください。絶対に次回は徹夜に追い込まれないようにすると誓ってください!

ノートやスマホのメモなど何か形に残るように書いておきましょう。「絶対に次は1週間前から準備をする」と。

テスト前日の徹夜勉強をしているあなたも応援しています!

それでは明日のテスト、頑張ってくださいね!

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2019 All Rights Reserved.