運営会社はこちらから

勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

効率よく勉強する方法まとめ

冬休みで差をつけろ!失敗しない冬休みの過ごし方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら

「夏は受験の天王山」などど言われ、夏休みには、多くの受験生が勉強を本気でやると思います。

 

しかし、勝負は、夏だけではありません。

 

12月や、1月はイベントなども多く、誘惑が多いため勉強をするのはなかなか難しい時期。

だからこそ、この冬は差がつきやすい時期です。

 

今回の記事では、受験において勝負になってくる「冬休みの過ごし方」について書いています。最後まで見て、ライバルに差をつける冬にして下さい!

 

冬こそ、受験の天王山。

普段、家で口うるさく「勉強しなさい」と言ってくる親も、正月などの年末年始になると、

 

「年末年始くらいはゆっくりしても良いんじゃない?」

 

と、いつもとは正反対のことを言ってきたりして、注意が必要です。

 

家族が、年末年始に楽しくテレビを見ていたり、ゆっくりしているのを見るだけでも、なかなか誘惑に打ち勝つのは難しいですよね?

 

そんな中、親に「ゆっくりしても良いんじゃない?」などと言われてしまったら、勉強のモチベーションを保つのは至難の業です。

 

夏は、ほとんどの受験生が勉強をしっかりやります。しかし、冬は勉強をしっかりやる生徒と、誘惑に負けてしまい勉強をあまりしない生徒の差が大きくなります。

 

冬休みは、大きな分岐点となってきます。冬にモチベーションを保って、勉強をしっかりすることができたら、冬休み以降も失速することはありません。むしろ、冬休み以降加速していくことができます。

 

冬休みにやってはいけないこと

まず初めに冬休みに、やってはいけないことを紹介していきます。

今回紹介することを、冬休みにやってしまうと、ライバルに差をつけられてしまうので、注意が必要です!

 

やってはいけないこと①「受験勉強をしない」

学校とかの宿題とかが多い人、予備校に通っていてやることが多い人が注意して欲しいことです。

 

学校の課題とか、予備校の授業や課題は、「1人1人の現状に合わせていない」です。

 

あなたが、何が得意で、何が苦手なのか、そしてこの冬に何の力をつけるべきかなどは考慮されていないです。

 

同じ志望校の友達とかとも現状は異なるわけで、同じ課題を何も考えずに取り組むことは危険です。

 

予備校とか、学校の課題は、勉強のペースメーカーにはなるかもしれませんが、各自の課題とかつけていきたい力にフォーカスはしていないです。

 

したがって、冬休みに課題とかだけをやるのではなくて、「自分の受験勉強」をしましょう!計画から、勉強内容まで全て学校や予備校に任せっきりにならないようにしましょう!

やってはいけないこと②「年末年始に勉強をしない」

年末年始は、本当にイベントが多く、誘惑が多い時期です。

テレビとかも特番バラエティや、紅白歌合戦がやっているし、親戚が集まって楽しそうに団欒しているし、勉強環境としては厳しい環境です。

 

クリスマスや正月などなど一大イベントがあり、家族や大事な人とリラックスすることも大事です。親戚に挨拶に行ったり、家族と初詣に行ったりするのも良いと思います。

 

しかし、年末年始に勉強をしないということがないようにしましょう。

 

勉強をしない日が1日あるだけでも、勉強をしている人には相当の差をつけられてしまうし、せっかく身につけた知識も1日全く勉強をしないとかしてしまうと知識が一気に抜けていきます。

 

予定がない時間はとにかく、机に向かって勉強をしておきましょう!

 

年末年始に関しては、流動的なところもあると思うので、「時間ができたら〇〇をやることにしよう!」というように、あらかじめ隙間時間とかにやることを決めておくのがオススメです!

 

やってはいけないこと③「朝寝坊をする」

休み期間に特に多いのが、朝寝坊。

学校が翌日にないからという理由で、夜遅くまで起きて良いので、夜更かしをしたくなる気持ちはわかります。

次の日が早く起きる必要がないと、どうしても余裕ができてしまい、夜更かしとかしてしまいますよね?

 

ただ、冬休みに朝寝坊は絶対にしないようにしましょう!

 

受験生に関しては特に注意が必要です。

 

受験本番は、試験が午前中から始まる場合がほとんどですよね?

試験本番まで、残り数ヶ月の段階で、リズムを崩していると、本番までに立て直すのが難しくなってしまいます。

 

冬休みは、夜遅くまで起きず早く寝て、朝起きて勉強を午前中の段階からしっかりやっていきましょう!

冬休みは、本番までに生活リズムを作ったり、朝型にするのには絶好の機会です。

 

冬休みにやった方が良いこと

ここまで、冬休みにやってはいけないことを見てきました。今回取り上げたことを冬休みにやってしまうと、ライバルにどんどん差をつけられてしまうので、気をつけて下さいね!

 

では、ここからは、冬休みにやった方が良いことを書いていきます。この冬休みで差をつけていけるように頑張っていきましょう!

 

やった方が良いこと①「過去問を解く」

まず一番やった方が良いことは、志望校の過去問を解くことです。

 

「まだ力がついていないから、、、」

といった声が聞こえてきそうですが、過去問を解く意味は「現状と理想のギャップを知って、これから何をしていくべきか」を知ることです。

 

力が足りていないと型づけるのではなくて、実際にどの力がどのくらい足りていないのか、今後どんな力をつけていかないといけないのかを知る必要があります。

 

学校とかがない分、時間は普段より取れるはずなので、この冬休みに過去問を解いてみましょう!

残りの期間の勉強の方針を固めるためにも、過去問演習はしていきましょう!

 

この時点で、完璧にできる生徒なんていないので、点数で一喜一憂せずに、今後何をどのようにしていけば良いのかを冷静に考えて分析していきましょう!

 

やった方が良いこと②「苦手科目の克服」

苦手科目に関して、もう一度やり直す最後の機会が、冬休みです。

 

冬休みが終わってしまったら、時間をまとめてとる時間が取りづらくなり、また冬休み後にはその時にやらないといけないことが出てきます。

 

やった方が良いこと①で取り上げましたが、「過去問を解く」で、苦手を発見したら、基礎的な問題集を使って、基礎から徹底的にやり直しましょう。

 

この苦手科目の勉強で重要になってくることは、ダラダラやらずに、メリハリ持ってスピード感持って取り組むことです。

 

基礎からやり直す機会があるといっても、ダラダラとやり直す時間は残っていないです。どの科目のどの単元をどのくらいで完了させていくのかを計画たてて勉強していきましょう!

 

やった方が良いこと③「得意科目は、演習を繰り返す」

1つ前では、苦手科目について書いていきましたが、ここでは、得意科目に関してを書いていきます。

得意科目に関しては、ある程度基礎知識は固まっているはずなので、この冬休みで基礎知識を実際に問題の中でどのように使っていくのかを演習問題を繰り返して、実践力をつける冬休みにしていきましょう。

 

受験生にとって、まとめて時間を取れる最後の機会の冬休みに、実際の過去問や問題で、基礎知識を使っていき点数を取れるようになりましょう!

 

この時点で、90点以上を平均的に取れるようになった!みたいな得意科目は残りの期間でそれ以上あげていくのはだいぶ難しくなるので、苦手科目を固めて総合点を少しでもあげる方向にシフトしていきましょう!

 

まとめ

ここまで、冬休みに何をしていけば良いのか、逆にしてはいけないことを見てきました。

 

受験で勝負になるのは、夏だけではないです。

むしろ、勉強をしっかりする人と、しない人の差が開きやすい冬休みこそ大事になってきます!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

偏差値アップ学習術25選

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた
スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2020 All Rights Reserved.