勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】138個の効率化勉強法の解説講義(音声)を期間限定で公開!

受験生の睡眠時間を徹底解説!大学受験生の平均睡眠時間から快眠方法まで

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

受験生にとって重要な睡眠時間にかんして、みなさんはどう考えていますか。

大学受験生の平均的な睡眠時間はどれくらい?

受験生の就寝時間は何時なの?

このような質問を多くもらったので、今回は受験生と睡眠時間について紹介していきます。

高3生の夏や試験直前など時期別に解説していくので、

ぜひ参考にしてみてください!

睡眠時間を削って勉強すればいいと思っている受験生へ

受験日が迫ってきて、今まであまり勉強してこなかったから焦っている多くの受験生は、

「寝ている時間がもったいないから、睡眠時間を削って勉強しよう」

と考えているとおもいます。

しかし、これはかなり危険な考え方であるということをまず理解してください。

実は睡眠時間と勉強には大きな関係があるのです。

睡眠時間を剤ると、勉強の効率や記憶力が低下してしまうこともあります。

成績をより伸ばすためには、むりに睡眠時間を剤るのではなく、

正しい睡眠時間をとる必要があるのです。

受験生の平均睡眠時間はどれくらい?

実際のところ全国の受験生はどれくらい寝ているのでしょうか。

厚生労働省によると、日本の成人28,000人を対象とした睡眠時間の調査において、

6時間以上8時間未満の人がおよそ6割該当するのに対し、

6時間未満の人が約13%ほどいるそうです。

このように見ると、受験生をどこからどこまで定義するのかにもよりますが、

日中勉強に追われている受験生の平均睡眠時間は6~7時間ほど、

6時間未満のひとが2~3割ほどいると考えられます。

やはり睡眠時間を削って勉強しようとする大学受験生も多くいるのでしょう。

理想的な大学受験生の睡眠時間とは?受験生も8時間寝るべき?

それでは理想的な大学受験生の睡眠時間はどれくらいなのでしょうか。

一般的に大人で7時間半、高校生は8時間の睡眠が必要と言われています。

どのような意味で必要なのかはわかりませんが、

やはり最低でも6時間以上の睡眠時間は確保して、

個人的には7時間半がちょうどいいとおもいます。

「こんなにも寝てたら勉強時間が足りない!」と感じる人がいたら、

ほかにダラダラしている時間を削れないか考えてみましょう。

しっかり寝ないと記憶力低下!?睡眠と記憶力の関係とは?

記憶力と睡眠時間との間に大きな関係があるということを知っていましたか。

人の睡眠にはよく聞くレム睡眠とノンレム睡眠があります。

体を休めるレム睡眠と、脳を休めるノンレム睡眠は1時間半を1セットとしています。

そして、脳は起きているが体を休めているレム睡眠のときに記憶が定着されると言われています。

そのためどれだけ頑張って勉强をしても、しっかりと睡眠をとっていなければ、

長期記憶として定着させることができず、すぐに忘れてしまうのです。

レム睡眠とノンレム睡眠は繰り返すことが重要と言われており、

90分間隔なので6時間や7時間半がやはりベストな睡眠時間と言えるでしょう。

受験生の時期別睡眠時間アドバイス!

それでは具体的に高校2年生まで、高校3年春~夏、高3夏~冬、試験直前と4つの時期別で、

睡眠時間と勉強を両立するためのアドバイスを紹介していきます。

睡眠時間を削った無理な勉強法はぜったいに続かないので、

これを参考に無理のない勉強計画を立てていきましょう。

【高2まで】しっかりと睡眠時間を確保しよう!

高2生まではまだ受験まで1年以上あります。

部活や大学のイベントも忙しく、体も疲れやすいと思います。

まだ成長期でもあるので、しっかりと7時間半以上は寝るようにしましょう。

学校から帰ってきたら宿題をやるのはもちろん、

その日学校で勉強した内容を少しでも復習するようにすれば、

高3生になったときに大きな差となるのでがんばってやるようにしてください。

ベッドに入ってからスマホやゲームをしてしまうと、

眠れなくなってしまうので、勉強をして眠くなったらそのままベッドで寝てしまうのが理想的。

部活で疲れてすぐ寝てしまうという人は、

朝少し早起きして30分でもいいから復習するようにしましょう。

【高校3年春~夏】受験生に差をつけるために!夏休みの寝る時間も

高3になり受験生の自覚を持ち始めるころだと思います。

基本的にまだ7時間半は寝ていても大丈夫だし、そのくらい寝てください。

就寝時間を遅くして勉強していても、学校の授業で寝てしまうようでは意味がありません。

この頃の学校の授業はセンター試験に出題されるような重要な分野をやったりもするので、

日中寝てしまわないようにしっかりと睡眠時間を取るようにしましょう。

夏休み中は学校がないぶん、朝ダラダラしてしまいがちですが、

高3の夏休みは受験生にとって重要な時期なのでしっかり早起きできるように、

寝る時間を調整してください。

理想としては夜12時に寝て、朝の6時に起床する6時間睡眠でしょう。

【高3夏~冬】就寝時間が遅くなりすぎないように気をつけよう!

夏休みも終わり、クラスの雰囲気も受験ムードになってきます。

夏休みを有意義に過ごせたひとも、遊んでしまって勉強に焦っている人も、

しっかり最低6時間は寝るようにしてください。

とくに受験生は夜おそくまで勉強しようとしてしまいますが、

就寝時間はおそくても深夜1時までには寝るようにしてください。

7時間半寝たほうが日中の勉強に集中できるというひとは、それで問題ありません。

適切な睡眠時間は人によって個人差がありますから、

自分が1番いいと感じる睡眠時間を探してみましょう。

【受験期直前】受験生は風邪をひかないようにしっかりと寝る

センター試験一週間前など、試験日直前になると緊張で睡眠時間を削って勉強するひとがいます。

しかしこの時期に1番やらなければいけないことは、風邪を引かないということです。

センター試験当日に風邪を引いて、頭が全然はたらかなかったりしたら最悪です。

なので健康に気をつけて、やはり最低6時間は寝るようにしましょう。

体調がちょっとよくないかもと感じたら、勉強よりもぜったいにすぐに寝るようにしてください。

直前になって寝る前の1時間を余分に勉強してもそんなに変わりません。

受験前日もなかなか寝れないかもしれませんが、寝不足や寝坊が一番やばいので、

とにかくベッドに入って寝るようにしてください。

試験直前も余裕が持てるように勉強計画を立てよう

試験直前に焦って無理して勉強しないようにするためには、

あらかじめ長期の勉強計画を立てるしかありません。

長期の勉強計画は第一志望に合格することをゴールとして、逆算して立てていく必要があります。

間違った勉強計画を立ててしまっては合否に大きく関わってきてしまうので、

効率的な勉強法と勉強計画をまとめたぼくの教材があるので、ぜひ参考にしてみてください。

朝型と夜型はどっちがいい?受験生の理想の就寝時間は?

受験生は朝型と夜型のどっちが効率よく勉強できるのでしょうか。

これもひとによるかもしれませんが、朝は脳の記憶が整理されており、より働きやすいと言われています。

なので数学や英語長文などをやりたい人は朝の時間を有効活用したほうがいいです。

逆に夜は日中に蓄えられた情報が脳の中にたくさんあるので、

数学などの頭を使う教科よりも、社会などの暗記科目がおすすめ。

やはり朝早起きして、学校に行く前に少しでも勉強が出来たほうがいいと思います。

受験生の理想の就寝時間としては、夜12時には寝て、朝6時に起床する。

そして学校に行く前に1時間ほど勉強するのがベストでしょう。

受験生の睡眠の質を高めてくれる4つの快眠方法!

就寝時間を決めたとしてもその時間になっても眠たくならず、

ダラダラしてしまうのはもったいないですよね。

そこで睡眠の質を高めてくれる快眠方法を4つご紹介します。

受験生の快眠のコツ 寝る2時間前には食事を終わらせる

塾の帰りがおそくて家に帰って夕食をたべるのが、

10時過ぎになってしまう人もいるでしょう。

しかし、胃に食べ物が入っていると、内臓は食べ物を消化するまで働きつづけてしまうので、

寝ようとしてもからだは活動モードのままになってしまいます。

そのため、就寝時間の2時間前までには夕食を済ませ

寝る前には何も食べないようにしましょう。

受験生の快眠のコツ 朝や日中に体を動かす

運動を全然していないと、頭は疲れていても体が元気でなかなか眠れません。

そのため、学校での体育などでは受験生が体を動かせる少ない機会なので、全力でやるようにしましょう。

また、朝日を浴びることで体内時計がリセットされ、夜になると眠気がきやすくなります

学校のある日は登校時に朝日を浴びれますが、

夏休みなどの長期休暇のときにも朝起きたら少し散歩するなどして、

朝日を浴びて体内時計をリセットするようにしましょう。

受験生の快眠のコツ ぬるめのお湯でお風呂に入浴する

お風呂に入って体を温めるのは快眠に効果的ですが、

熱すぎると逆効果となってしまいます。

温度は40度くらいにして、自分が心地よいと感じる温度にします。

肩までしっかりと浸かり、汗をかき始める前にでます。

お風呂からでて長時間たつと、体が冷えてしまうので、

お風呂から出たら1時間以内にベッドに入るようにしましょう。

受験生の快眠のコツ 寝る前にスマホやパソコンを見ない

スマホやパソコンの光は体を起こしてしまう作用があります。

寝る前の30分前にスマホを見ているかどうかで、

睡眠の質が大きく変わってくるという研究結果もあるそうです。

ベッドに入ってからスマホをさわってしまいがちの人は、気をつけてみてください。

日中眠くなったらどうする?適切な仮眠方法とは?

お昼ごはんのあとなどは、どうしても眠たくなってしまいますよね。

そんなときは無理して勉強しても効率が落ちてしまうので、あきらめて仮眠をとりましょう

仮眠をするときのコツとしては、仮眠は15分間だけと決めておきます。

それ以上寝てしまうと頭が逆にぼーっとしてしまうので、15分でおきるようにしましょう。

もうひとつ、仮眠するときはベッドではなく机にふせて寝るようにしてください。

ベッドで寝てしまうと、アラームで起きてもそのままダラダラしてしまいます。

机でならすぐに勉強を再開でき、二度寝をしてしまう心配もありません。

眠くなったら正しい方法で仮眠をとって、勉強の質を高めていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

睡眠に関する知識も受験生にとって知っておかなければいけないことでした。

無理して睡眠時間を削るのではなく、日中に集中して勉強できるように、

受験生も十分な睡眠時間をとる必要があったのです。

このことを忘れることなく、勉強計画を立てていきましょう。

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2019 All Rights Reserved.