あなたを大学受験で志望校合格に導いてくれる参考書・問題集の選び方

デキる人の勉強法

志望校も決まり、
「さあ受験勉強を始めるぞ!」
となったときに

どの参考書や問題集を
買えばいいのか
分からないのではないでしょうか?

実際、本屋さんにいくと
参考書コーナーの本の多さに
圧倒されるあなた…

いったい、その中で
本当にあなたを志望校合格に
導いてくれるのはどれでしょうか?

 

合ってない問題集・参考書の怖さ

もしあなたが、
自分に合ってない参考書や問題集
選んだとしたらどうなるでしょうか?

 

まず問題が簡単すぎたり
逆に難しすぎたりすると
やる気がなくなってしまいますよね。

そして、だんだん使わなくなり
本棚や部屋の奥に
封印されることに…

もちろんあなたの成績も
上がるわけもなく

親からは「せっかく買ったのに
ちゃんと勉強してないの?」
といわれる始末。

 

だから正直、
問題集を買うのって
ちょっとハードルが高いですよね。

 

でも、あなたに合った問題集とか
参考書を買えば

勉強机に座って問題集や参考書を
開くのが楽しくなります。

なので勝手に勉強時間も
増えていくし、

内容自体もあなたに合っているので
勉強した分だけ実力が伸びるのが
毎日実感できるんですね。

 

参考書や問題集の選び方一つで
これだけ違うものなのです。

 

参考書と問題集の選び方3STEP

そして、本当にあなたに合った
参考書や問題集を選ぶために

参考書と問題集の選び方3STEP
紹介したいと思います。

  1. 前書きを見る
  2. 目次を見る
  3. 問題数を確認する

この3STEPをやるだけで
あなたに本当に合った
参考書や問題集を選べるのです。

 

1. 前書きを見る

意外とここが
みんなチェックしていないけど
大切なところなんです。

前書きには、
その参考書や問題集が
どのレベル・段階の受験生向けなのか、

どういう使い方をすればいいのか
といったことが書いてあります。

だから、前書きを読むだけで
それが自分の目的に合っているか
確認できるんですね。

 

2. 目次を見る

そして、自分の目的に
大体あってそうだなと思ったら
次に目次を見ましょう。

目次にはその参考書や問題集の
具体的な内容
書いてあります。

そこでもし、
「これなら成績が上がりそう!」
と思えたらあなたに合っている証拠。

 

逆に、目次を見て
正直微妙だと思ってしまったら
あなたに合ってない可能性大です。

 

他にも、あなたが
その参考書や問題集で
強化したいポイント

きちんと内容と合っているかも
チェックできます。

 

なので、必ず目次は
目を通すようにしましょう!

 

3.問題数をチェックしよう

そして、最後にチェックすべきは
その参考書や問題集の問題数

解説がメインの参考書でも
大体、章のおわりとかに
問題があることが多いですよね。

 

そして、その問題数を
チェックしてみて
あまりにも多すぎるなと思ったら

その参考書は途中でやめてしまう
かもしれないので、
買わない方が無難です。

目安としては、
3か月で終わらせられるかどうか。

場合によっては
「この問題だけやる!」という風に
選ぶのでもOKです。

 

自分の体力とキャパに合った
参考書や問題集を
選んでいきましょう!

 

まとめ

今回紹介した選び方の3STEPは
実際に参考書や問題集を
生で見ることが必要条件です。

やっぱり、Amazonでぽちっと買うより
そっちの方が選び方も
マスターできますからね。

なので、ぜひ実際に
近くの書店に足を運んで
参考書や問題集を買いに行きましょう!