参考書・問題集を買いすぎて手が付けられない高校生へおくる整理術

デキる人の勉強法

参考書や問題集を
買いすぎてどこから手を付ければ
いいか分からなくなったり

学校でいらない問題集を配られて
逆に勉強しにくくなったり
すること、ありますよね。

 

そうなってしまうと、
頭の中がモヤモヤして
勉強も頭に入りにくいです。

そこで、手が付けられなくなった
問題集や参考書の整理術
この記事で紹介していきます。

 

メインは1冊でOK

基本的な考え方としては、
メインの参考書・問題集は
1冊でOKだということです。

 

例えば数学で、
学校で配られた問題集をやって
同時並行でチャートもやるって難しいですよね。

これはなぜかというと、
集中力が分散してしまうから。

人間、同時にいくつものことを
集中してやるのは難しいからなのです。

 

だから、各科目ごとに
メインの問題集は1冊にしましょう。

学校で配られた問題集が
使いやすいのであればそれでもOK。

あるいは、自分で買った参考書や問題集が
気に入っているのであればそちらに
フォーカスするべきなのです。

 

英語や国語の場合

ただし、教科によっては
いくつかのことを同時並行で
やる必要がありますよね。

例えば英語の場合だと、
こんな感じのことをバランスよく
やる必要があるわけです。

  • 英単語
  • 英文法(イディオムや語法も含めて)
  • 和訳の練習
  • 長文
  • リスニング
  • 英作文

(リスニングや英作文は
受験で使う人だけですが。)

 

こういった場合は、
各カテゴリーごとに1冊
という感覚でやっていきましょう。

こうしてみてみると
かなり多くなるような
感じもするかもしれませんが、

それでもだいぶ減らせる
はずなのです。

(実際、単語帳だけでも
2冊以上やっている人って
かなり多いですよね)

 

あるいは、国語でも
同じようなことが言えます。

  • 現代文
  • 古文単語
  • 古文の読解
  • 漢文の句法
  • 漢文の読解

こうしたカテゴリーを意識して
1冊ずつに絞っていけば

何を勉強すればいいかが
明確になってやりやすくなるはずです。

 

メインと辞書

ただ、そうすると

「じゃあ他の問題集や参考書は
捨てろっていうんですか?」

と思うかもしれません。

 

あくまで僕がここで強調したいのは
「メインとその他の区別をつけよう」
ということなのです。

例えば数学でも
チャートみたいにあらゆる問題を
網羅した問題集もあれば

「重要問題集」のように
受験でよく出るものだけを
ピックアップしたものもあります。

 

そういうときは、例えばですけど
重要問題集⇒メイン、チャート⇒辞書
みたいに区別すればいいのです。

つまり、普段は重要問題集をやっていて
自分が分かっていない単元があると思ったら
そこをチャートでもう一度やるイメージ。

チャートを分からない問題用の辞書
として使うというのが分かりやすいですね。

 

もちろん、最初の時期は
とりあえずチャートを1周してみて
全体像を知るでもOK。

とにかく、メインの問題集を
どれか一つに決めるのが
大切なのです。

 

少しずつステップアップ

そして、メインの問題集を絞れば
今の問題集もより速くマスター
できるはず。

2~3周やっていって
その問題集を完璧にしたら
次の問題集に移るとき。

受験生なら、2~3か月で
次の問題集へとステップアップ
していけるとベストですね。

(もちろん、どんな問題集か
にもよってきますが)

 

なので、どういう風にして
自分を志望校のレベルまで引き上げていくか
を考えたうえで、

どの問題集をどういう順番で
受験本番までにやるかを計画してみる
とよりやることが明確になります!

 

まとめ

ここでは具体的な
勉強のテクニックは紹介しなかった
のですが、

それでも問題集や参考書を整理
するだけで気持ちがすっきりするし
効率も上がっていきます。

まずは、今使っている参考書や問題集を
リストアップしてみて厳選する
ところから始めてみましょう!