運営会社はこちらから

デキる人の勉強法を、思いのままに

勉強しないといけないのはわかっているけど、やる気がでません。。

 
記事ライター - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら

定期テストまで残り1週間を切ったし、流石に勉強しないと、、、。

試験で点数を取るために、やらないといけないことはわかっているけど、なかなか勉強のやる気が出ない。

 

「勉強やらないと、、、、、」と思うはいいものの、「よし!勉強するぞ!!」とはいきませんよね?

 

今日は、やらないといけないのはわかっているけど、勉強のやる気が出ないあなたにやる気を出すための方法を紹介します!

やる気が出ない理由は何??

「勉強しないといけないことはわかっているのに、なかなか勉強するやる気が出てこない。」といった、やる気が出ない理由は何だと思いますか?

 

やらないといけないと思っていても、やる気が出ない理由をまず最初にまとめていきます。もし、以下にまとめていることが1つでも当てはまる場合は、やる気が出てきても持続しない状態になってしまいます。

やる気が出ない理由①:疲労

体が疲れている時に、いくら頑張ろうと思っても、長続きしません。

 

疲れている時に、やる気が出てくる人はいません。踏ん張って、一時的にやる気が出てきたとしても、そのやる気は持続しません。

 

部活動などで疲れが溜まっている状態の時は一回休憩を取るようにしましょう。勉強しないといけないと思い、無理して勉強をするのは、逆効果です。

 

やる気が出ない理由②:睡眠不足

睡眠不足による睡魔が、あなたのやる気を削ぎ落としにきます。

 

勉強しないといけないと思い、睡眠時間を削っているのは逆効果。

 

どれだけやる気が出てきても、睡眠不足の状態での勉強では定着がなかなかしません。

睡眠不足の中、勉強しても脳が働かないため、知識の吸収率は、激減してしまいます。

 

やる気が出ない理由③:いきなり大きな目標を設定している

いきなり勉強のハードルが高くなっていませんか?

 

いきなり「10時間」勉強とかって大きな目標を設定してしまうと、勉強開始までのハードルが高くなってしまい、なかなか開始することができません。

 

最初の一歩目のハードルが高いと、アクションを起こすのに、気が重くなってしまいます。

 

やる気が出ないといっている人で多いのが「目標がいきなり高すぎる」問題です。

 

やる気が出ない理由④:勉強した先が見えていない

勉強した先にどんな未来が待っているのかが想像できないと勉強していても「何のために勉強やっているの?」と思ってしまいます。

 

多くの人が、勉強をした先にどんな未来が待っているのかとかがわかっていないとやる気は出てこないでしょう。

 

勉強している科目の知識が将来どこで使うのかを理解できなかったら、目標も定まらずやる気は出ませんね。

 

やる気が出ない理由⑤:そもそも勉強の仕方がわからない。

そもそも勉強をどのようにすればいいのか、勉強の仕方を知らなかったら、やる気など出るはずがありません。

「勉強しないといけない!」と思ったとしてもやり方を知らなかったら勉強する気になれません。

 

やり方がわからないと、行動を起こすのが難しいですね。

では、どうやってやる気を出せばいいの?

ここまでやる気が出ない原因を見てきました。ただ、やる気が出ない理由がわかっても、実際にどうやってその問題を解決していくのかがわからないといけませんよね!

なので、今から具体的に具体的にやる気を出していけばいいのかを紹介していきます!

やる気を出す方法①:視界から不要なものを排除する

「勉強する環境は、整っていますか??」

 

この質問へのあなたの回答は何ですか??

 

もし、勉強する環境、勉強机が整っていないとしたら、整理していきましょう!

 

勉強を開始する時に、目の前にいくつも誘惑があったら厳しいですよね?

テレビや、スマホや漫画など勉強に関係ないものは、勉強する際の視界から排除しましょう。

 

勉強のやる気を削いでくるものは、極力視界から排除することが大事です。

 

やる気を出す方法②:まず1分やってみる。

たったの1分でいいです。

 

「え??1分だけ??それは流石に短すぎない??」

 

このように思う人がほとんどだと思います。

それでいいのです!!

やる気が出ない時でも、とにかく少しやってみることが大事です。少しやってみることで、「作業興奮」というものは出てきます。

 

スポーツをしていて、軽く、ウォーミングアップをしていくうちに、やる気が出てくるみたいなものです。ドーパミンと呼ばれるものが脳を刺激することで、やる気が出てきます。

 

まずは、とてつもなく低いハードルを設定してまずやってみましょう。

 

やる気を出す方法③:目標を書き出す

何のために今、頑張ってるのかを理解しないまま勉強してもやる気は出ませんね?

 

だから、紙になぜ今勉強をしているのかを明確にしていきましょう!

 

頭で考えていたとしても、実際に紙に書き出したりして、考えていることを見える化して整理することは大事です。

 

やる気を出す方法④:一回思い切って息抜きをする

どんなにやる気があっても、息抜きなしでは、やる気は持続しません。

 

試験本番が近づいてると、なかなか息抜きは取れないかもしれませんが、戦略的に息抜きを計画に取り入れることが大事です。

 

自分だけの息抜きルールを作っていくといいです。

2時間息抜きなしに、なんとなく頭が働かない状態でやるよりは、途中に10分〜15分の息抜きの時間をとってリフレッシュした方が時間をより効果的に使っていくことができます。

 

やる気を出す方法⑤:仮眠を取る

どんなにやる時がみなぎってきても、慢性的な睡眠不足だと、睡魔に襲われてそのやる気は持続しません。

 

短時間の仮眠を取り入れることで、リフレッシュされて、知識の吸収率も変わってきます。

 

睡眠不足でない人でも、「1分間仮眠術」といった方法もあり、1分間目を閉じて、視覚をシャットアウトする方法があります。視界をシャットアウトするだけで、脳が休憩を取れるめ、勉強での知識吸収は高くなります。

 

やる気を出す方法⑥:普段とは異なる場所で勉強をする

毎日勉強場所を固定してるとマンネリ化してきます。

 

やる気がでない時は、普段あまりいかないカフェで勉強してみたり、図書館で勉強をしてみるとかもいいです。

 

普段とは違う場所で、いつもとは違った環境でいつもとは違う、緊張感の中勉強できます!

 

まとめ

ここまで、やる気が出ない原因と、具体的にどのようにやる気を出していけばいいのかを見てきました。

 

勉強しなくてはいけないことは、わかっているけど、やる気が出ないという時に参考にしてみてください。

 

偏差値アップ学習術25選

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた
スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

記事ライター - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 一流の勉強法 , 2020 All Rights Reserved.