運営会社はこちらから

勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

効率よく勉強する方法まとめ

「受験勉強つらいです。」そんな君に伝えたい。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら

「受験勉強していてつらいです。」

「やめられるならば、今にでもやめたいです。」

「勉強が楽しくなれば嬉しいな、、、。」

このように思ったことありませんか?

受験勉強って本当にきついですよね?頑張っても結果が中々出なかったり、友達に成績で負けてどんどん差をつけられたり毎日僕自身きつかったです。

今回の記事では、こんな風に受験勉強をしていて「つらい」「やめたい」「楽しみたい」と思ったことのある人に向けての記事です。

今回は、受験勉強がきついと思う原因、そして勉強を少しでも楽しくする方法を紹介します!

では、行きましょう!!

君だけではないよ!

受験勉強をしていると、周りの友達はそんなにキツそうな感じを出していないのに、「自分だけ」つらいと感じたりしませんか?

「友達のアイツはなぜつらそうじゃないのかな。。」

このように僕は受験生の頃に、平気な顔して勉強をしている友達を見て思っていました。

「つらいと思っているのは、君だけじゃない」ということは今回声を大にして伝えたいです。

中々人に自分がつらいと思っていることを出さないだけであって、受験生はみんな苦しんでいます。きついと思っています。

いつもヘラヘラしている友達も、1人で勉強している時とか、模試の返却の時とか、心の中では「きついな、、、」「つまらないな、、」って思っています。

みんなつらいと思っているので、「自分だけがつらいと思っている」と無駄に自分のことを責めないでくださいね!!

勉強がつらい原因

勉強していてつらい時は、これまでも沢山あったと思います。そして、今後も何度もあると思います。今回は、まず初めに、「受験勉強がつらいと思う原因」をまず書いていきます。受験勉強をしていてつらいと思う原因は意外と明確になっていない人もいます。まずは、原因を理解して、どのように解決していけば良いのかをはっきりさせていきましょう!

原因①「他人と比較しすぎる」

勉強がつらいと感じている人で特に多いのが、「他人と比較しすぎる」です。

学校とか予備校とかでも、順位とか偏差値とかで競争を煽ったりされると思います。受験は、ライバルとの戦いでもあるので、他人と比べてしまう気持ちは、痛いほどよくわかります。

しかし、比べるべきなのは、他人ではないです。比べるべきなのは、「過去の自分」と「合格最低点とのギャップ」です。

他人といくら比べても、自分の偏差値は上がることはないし、劣っていることで自己嫌悪になってしまう人が多いです。

原因②「ハードルが高すぎる」

頑張っても、越えられないハードルを設定していませんか?

どれだけ努力しても、越えられないハードルを設定していたりしませんか?

いきなり、達成が難しすぎるハードルを設定していませんか?

頑張らないといけない!と思いすぎて空回りして、高すぎるハードルを設定している受験生が一定数います。

「今日も目標達成できなかった。」と毎日のように繰り返していたら、自信をどんどん無くしていきますし、勉強がどんどんキツくなっていきます。

今一度、自分の目標とか計画のハードルが現状の自分に合っているものか確認してみてください!

原因③「頑張りを認めていない」

完璧主義の生徒に多いのが、「自分の頑張りを認めていない」です。

やるべきことはしっかりやれていても、完璧主義の人は、少しでもできないことなどがあると「自分はダメだ。」と自分を無駄に責めてしまいます。

しっかり頑張れたことと、できなかったことは別物として考えていかないと、ただ自信を無くします。

1日の中で出来たことは、素直に褒めてあげましょう!

原因④「勉強する目的がなく、やらされているだけ」

勉強を何のためにしているのか、勉強で身につけた力が今後どのように役立つのかを理解していないで、ただ先生や親に言われるがままに、勉強していませんか?

目的がなく、言われるがままに勉強していると途中からキツいですよね?

今の勉強の頑張りの目的とか、勉強することでどんな良いことがあるのかをはっきりさせていないと主体性がなくなり、キツくなります。

何のために勉強をしているのか、勉強することで今後どんな力が身につくのかを考えてみましょう!

原因⑤「勉強での成功体験が少ない」

うまくいった経験がないことに楽しさを見出すのは、難しいと思います。

何事も、成功体験が少ないと自分に自信を持てないし、やっていても楽しくはなりません。

どんな小さなことでも良いので、成功体験を積み上げましょう!

「自分でもできるんだ!」って経験を1つでも多くすることで、勉強していくうちに、だんだんと楽しくなっていきます!

まずは、とことん低いハードルを設定して、それを継続して達成することがオススメです!

楽しく勉強する方法7選

ここまで、勉強がつらいと思う原因がわかったと思います。ここからは、勉強を少しでも楽しくすることができる方法を紹介していきます。

楽しく勉強する方法①「志望校のキャンパスに行く」

これは、僕自身も受験生時代に結構やっていました。

モチベーションが下がったりする時とか、悲しいことがあった時とかに志望校のキャンパスに行くことはオススメです。

志望校のキャンパスに行くことによって、「自分はこの大学に行くために勉強頑張っているんだ!」「このキャンパスでの大学生活が楽しみになってきた!」といった感じでモチベーションは上がります。

そして、勉強を頑張る目的が明確になります。

模試の結果が低くて萎えてしまったり、嫌なことが会った時とかは、一回リフレッシュも兼ねて、志望校のキャンパスに足を運んでみてください!

楽しく勉強する方法②「合格体験記を読む」

合格体験記を読んだことありますか??

読んだことのない人は、自分の志望校に合格した人の合格体験記を読むことをオススメします!!

合格体験記を読んでみるとわかると思いますが、自分と同じような悩みを抱えながら勉強を頑張っていたことがわかると思います。

自分と同じようなスタート地点から志望校に合格をした先輩の体験記を見ることによって、モチベーションが上がります。

受験生が抱える悩みとかは、結構共通しています。自分と同じ地点から志望校に合格した先輩の経験談を見ることで、「自分の合格したイメージ」を想像することが出来ます。

楽しく勉強する方法③「自分に適切なハードルを設定する」

オススメするハードルの目安は、「越えられるか越えられないか」のレベルです。

「1日の勉強時間が平均して4時間だとしたら、一週間毎日5時間勉強してみる」といった感じです。

目標達成が簡単すぎてもやりがいはないですし、目標達成が難しすぎると途中でやる気がなくなっていきます。

頑張ったら達成できるかできないかの目標を設定してみましょう!

楽しく勉強する方法④「問題のレベルを下げる」

勉強していて楽しいと思う瞬間は、「問題が解けた時」ですよね?

問題を解けた時の喜びや、楽しさを味わうためにも、まずは「自分でも解ける問題」から勉強を始めましょう!

問題が解ける時の感覚を掴めるようになったら、少しずつ勉強も楽しくなっていくはずです!

いきなり応用問題をやるとか、難問に挑戦するのではなくて、問題のレベルを下げて「自分でも問題が解ける!」という感覚を大事にしていきましょう!

楽しく勉強する方法⑤「勉強場所を変えてみる」

毎日毎日同じ場所で集中して勉強できているのであれば良いのですが、ずっと同じ場所だとマンネリ化してしまいます。

毎日変化がない中ずっと勉強をしていると途中で、飽きてしまう人もいると思います。

たまには、いつもの勉強場所を変えてみてはどうでしょうか?

いつも図書館で勉強をしているのであれば、最寄駅のカフェとかでおしゃれに勉強してみたり?

いつもと違う場所で勉強することで、新鮮な気持ちで勉強をすることができます。

楽しく勉強する方法⑥「勉強を全くしない日を作る」

勉強していて、きつい時、勉強どころではない時もたまにはあると思います。

勉強していても全く頭が働かない時とかもあると思います。

そんな中、無理矢理勉強してもただ時間を浪費するだけです。

たまには、勉強を全くしない日を作って、リフレッシュすることも、長期的に考えた場合、大事だったりします。

一週間勉強していても頭が働かない状態で時間が経過するよりも、1日思いっきりリフレッシュして残りの6日間集中して勉強する方が絶対に良いですよね?

行き詰まった時とか、勉強が辛くてどうしようもない時とかは一回「勉強をしない日」を作ってリフレッシュしてみてください!

楽しく勉強する方法⑦「できたことを素直に褒める」

1日の中で目標にしていたことを、しっかりできたら自分のことを褒めてあげることは、重要です。

これまで生徒指導をしていて、「できたことと、できなかったことを混同してしまう人」を結構見てきました。

できたことは素直に自分の頑張りを認めてあげてください!自分のことを褒めてあげてください!

できなかったことがあったら、できたことを褒めずになかったかのようにスルーして、自分のことを必要以上に責めないでください。

成績を楽しくあげていく生徒は、勉強していて自分の感情をうまくコントロールします。

「こんなこともできていない自分」と思って、できていないことまで褒めないと勿体ないですよ!

受験で頑張った経験は、将来武器になる。

受験勉強って本当にストレスも溜まるし、嫌になることばかりだと思います。

しかし、この受験勉強で得られる力は、受験が終わった後にも活きてきます。受験勉強に打ち込むことによって得られる力は、大学進学後や社会人になってからも役立ちます。

きつい受験勉強をやり切った経験は、自信になりますし、今後問題に直面しても、なんとかやり切ることができるようになります。

今、きついと思っている時こそ、チャンスです。ここでの、もう一踏ん張りが、未来のあなたのことを支える自信に繋がります。

まとめ

ここまで読んでくれてありがとうございます。勉強していて、つらいと思うことも沢山あると思いますが、今回まとめた方法などもやって少しでも受験勉強が楽しくなることを願っています!

受験生活は、つらいことの方が多いかもしれませんが、受験を終えて、振り返った時には、良き思い出になります!

最後まで頑張ってください!

 

偏差値アップ学習術25選

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた
スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 一流の勉強法 , 2021 All Rights Reserved.