勉強したことをすぐに忘れる…そんなあなたが5分でできる瞬間定着術

記憶力アップ

授業で習ったことを
すぐに忘れてテスト前に
焦って頭に詰め込んだり、

それで何とか点数は取れても
テストが終わるとまた忘れて
模試が全然解けない

そんなことがあると
すぐに忘れる自分を責めてしまう
こともありますよね。

 

でも実は寝る前の5分でできる
瞬間定着術を使えば

いつの間にか勉強したことが
しっかり忘れずに覚えられているのです。

 

習ったことを忘れないのが一番の近道

もちろん模試や入試では
難しい問題もたくさんありますけど、

「授業で習ったことを
覚えてさえいればとけたのに…」

というような問題って
意外とあったりしますよね。

 

実際、学校の授業で習ったことを
そのまま覚えてさえいれば

模試でも入試でもそこそこ
点数が取れてしまうのです。

だからこそ、授業で習ったことを
忘れるというのは
もったいないですよね。

 

人間は忘れる生き物

ただそうはいっても、
人間は何だかんだで
忘れる生き物です。

 

よく、ネットの記事などで
「人間は脳の数%しか記憶のメモリーを
使えていない」という記事が

あちらこちらに書いてあるので
あなたも見たことがあるかも
しれませんが、

正確には「使えていない」
のではなく「理由があって使わない」
のです。

 

例えば、あなたのiPhoneだって
メモリーいっぱいに音楽を入れたら
重くなっちゃうじゃないですか。

だから、少し余裕をもって
アプリも余計なものを入れなかったり
しますよね。

 

なのであなたが勉強したことを
忘れてしまうのは自然なこと
なのです。

でも、それだとちょっと
困ってしまいますよね。

そこでちょっとした工夫をしてあげる
ことであなたの勉強したことを
忘れにくくしてあげましょう!

 

記憶の方程式

さて、このサイトでもすでに
何回か紹介しているのですが、
記憶の強さにはこんな方程式があります。

「記憶の強さ」=「反復」×「連想」×「印象」

詳しくはこちらの記事でも
解説しています。

【暗記効率10倍】脳に確実に定着する学校では教えてくれない暗記法則

 

このうち、「連想」や「印象」は
色々と細かいテクニックが
必要になってくるのですが、

「反復」に関しては
単純に何回もやるだけなので
一番実行しやすいのです。

 

そうはいっても、
「忙しいのでそんなに何回もできません!」
と思ってしまいますよね。

実際、高校の勉強は量も難しさも
中学と段違いですから、繰り返すのには
かなりの時間がかかります。

そして、部活だってあるし
そんなに勉強時間はとれないはず。

 

そこで、この記事では
寝る前の5分間でできる「瞬間定着術」
紹介したいと思います!

 

5分でできる瞬間定着術

それが、「その日受けた授業のノートを
寝る前の5分間で見直す」
というものです。

こうすることで、授業の内容を
もう一度反復したことになります。

また、人間は寝ている間に
記憶が整理されるので、

寝る前にノートを見ることで
非常に脳に定着しやすくなるのです。

 

もしかしたらあなたも
「何をそんな簡単なことを…」と
思っているかもしれませんが、

それを実際にやっている人は
意外と少ないのです。

だから、ちょっとした復習を
寝る前の5分間にやるだけで
クラスメイトに大きな差をつけられます。

 

もちろん、5分で復習するためには
授業中に重要なところだけをノートに
まとめる必要があります。

何をノートに残す必要があるのかを
頭の中で考えながら
授業を受けるようにしましょう!

 

まとめ

寝る前の5分というのは
大した事がないように感じますが
されど5分なのです。

 

この5分間の瞬間定着術を
習慣化して毎日やることで

あなたの勉強したことを
忘れにくくして、

テストや模試の前に
焦って勉強する必要を
なくしていきましょう!