運営会社はこちらから

勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】効率化勉強法を期間限定で公開!

ながら勉強は本当に効率が下がるの?おすすめのながら勉強法や注意点を紹介!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

音楽を聴きながら勉強など、ながら勉強をしているひとはたくさんいます。

しかし実際のとこ、ながら勉強はどれくらい効率が下がるのかよくわからないですよね。

音楽を聴きながら勉強をしてもいいの?」「おすすめのながら勉強を教えて!

こんな疑問にお答えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

ながら勉強は実際のとこやってもいいの?

そもそもながら勉強はやってもいいのかという疑問が浮かびますよね。

結論から言うと当然のことですが、何かしながらの勉強よりも勉強だけしたほうが効率はいいです。

しかし、ながら勉強にはメリットもあるので、うまくやれば効率よく勉強することもできます。

まずはながら勉強の効果やメリットを見ていきましょう。

ながら勉強の効果 集中力が持続しやすい

同じことをずっとやりつづけるということは、どうしても飽きたり集中力が切れやすくなります。

それは勉強でも同じで、ただ勉強しているだけでは集中力が切れやすいかもしれませんが、

音楽を聴きながら勉強したりすることで、集中力を持続することができます

また、ただ勉強するだけではないので、勉強に飽きることなく総合的により長く勉強することができます

勉強をするというハードルを下げてくれる役割もあるので、勉強をし始めるときなども効果的です。

ながら勉強の効果 暗記内容を思い出す記憶の手がかりとなる

暗記科目などにおいて思い出そうとするときに、

これはあれをしながらやったなと他のことと結びつけて思い出すことができます

暗記するときに他の物事と関連させて覚えると、

普通に暗記するよりも記憶に定着しやすく、思い出しやすいと感じました。

しかし、これはインパクトのあることでなければ、結びつけて覚えることは難しいという難点はあります。

ながら勉強の効果 スキマ時間で勉強できる

例えば通学中の電車で勉強したりするなど、ながら勉強ならいろんな時間を利用して勉強ができます

やれる教科は限られますが、英単語の暗記系や英語のリスニングなど、スキマ時間を使ってコツコツやることが大切です。

また、体を動かしながらなどリフレッシュや気分転換しながら勉強ができるのもメリットです。

ながら勉強におすすめの勉強科目

ながら勉強をするときにおすすめの勉強科目は、暗記系や単純な内容のものです。

英単語や社会科目などの暗記系は、他の事と結びつけて覚えられたり、ちょっとしたスキマ時間にもできます。

学校の簡単な宿題や計算問題などは、音楽を聴きながらやっても問題ないでしょう。

逆に英語の長文や数学の応用問題など、しっかりと集中しなければ解けないものはながら勉強には向いていないので、しっかりと勉強だけに集中できる状態でやりましょう。

おすすめのながら勉強法

ここからは実際にやってみてよかったと感じた、ながら勉強法をご紹介していきます。

そのながら勉強が自分に合っているかぜひやってみてください。

音楽を聴きながら勉強

ながら勉強で1番よくやるのは、やはり音楽を聴きながらの勉強ではないでしょうか。

イヤホンをつけることで周りの音をシャットアウトできるため、長時間集中することができました。

また、自分の好きな音楽を聴くことで少しでも勉強をやるハードルが下がったり、リラックスして勉強することができます。

歌詞が気になって集中できないというひとは、歌詞のないBGMや聴き慣れた曲がおすすめです。

しかし、音楽がなければ集中できなくなってしまっては、試験本番で集中できなくなってしまうかもしれません。

勉強を始める最初の30分だけ音楽を聴くなど、ずっと音楽を聴きながら勉強するのはやめましょう。

また、音楽を聴きながらの暗記は効率が悪くなてしまうので、数学や英語の問題を解くときだけにしましょう。

音楽を聴きながらの勉強法について詳しく書いた記事もあるので、合わせて参考にしてみてください。

音楽を聴きながら勉強して集中力UP?勉強がはかどるオススメの曲・BGMを紹介

声を出しながら勉強

これはながら勉強というより、ただ音読しながらの勉強ということですね。

黙読するよりも声に出して音読したほうが、

自分の口で発音して耳からも内容を把握することができるので、ぼくは社会の教科書などよく音読していました。

読むだけだとしだいに眠くなってしまうのを防ぐという意味もあります。

また、英語はとくに音読が大事で、リスニングを聴きながら音読するシャドーイングや、

英語長文の読むスピードを上げるためにも音読をしていました。

音読は学校やカフェではできないので家でやるしかないので、家で勉強できる環境も整えておきましょう。

家で勉強に集中できないという人は、こちらの記事も参考にしてみてください。

家で勉強に集中する方法を知りたい人必見!自宅で快適に勉強できる環境とは

体を動かしながら勉強・歩きながら勉強

受験生はどうしても運動不足になりがちですが、気分転換に散歩したり体を動かすことも大事です。

ぼくは散歩やランニングをしながら、英語のリスニングや社会の一問一答を聴いたりしていました。

あまりに激しい運動をしながらでは勉強はできませんが、

ストレッチをしながら暗記モノをパラパラ見たり、

教科書を音読しながら家の中を歩いたりすることでも、良い気分転換になりますよ。

ある研究では座っているときよりも、立っていたり歩いている状態のほうが記憶力や集中力がアップするそうなので、ぜひ試してみてください。

通学しながら勉強

家と学校が遠い人は每日通学時間がありますが、なにをして過ごしていますか?

電車やバスで通っているひとは、電車の中で英単語など暗記系の勉強をすることができます。

たとえ短い時間でも、每日やれば莫大な時間になりますし、

より集中してやれば大きな力になります。

自転車で通学しているひとも音楽を聴くなら、

リスニングを流しておくなど、やれることはけっこうあります。

部活などであまり勉強する時間が取れないひとはとくに、このようなスキマ時間を有効的に使っていきましょう。

就寝前に寝ながら勉強

基本的に寝転びながら勉強するのは効率が下がるのでやらないほうがいいですが、就寝前は寝ながら勉強をしてもいいと思います。

これは勉強するという目的よりも、どちらかといえばすぐに眠くなるためにやっていました。

就寝前にスマホなどを見てしまうと寝付けなくなってしまいますが、逆に暗記モノなどを寝る前にベッドの上で読んでいると、すぐに眠くなります。

ぼくは古典の単語を寝る前にやるようにしていました。

寝る前にスマホを見てしまうという方にはとてもおすすめです。

やってはいけないながら勉強法

つづいて効率がとても下がってしまう、やってはいけないながら勉強法を紹介します。

勉強している気になっているだけで、実際には全然頭に入ってこないという悪循環におちいってしまうので、気をつけてくださいね。

テレビを見ながら勉強

意外とやってしまいがちなのがテレビを見ながらの勉強です。

これは音楽を聴きながらと違って明らかに情報量が多く、テレビのほうが気になってしまい、全然勉強に集中することはできません。

また、ちょっとだけテレビを見ようと思ったら、気づけば2時間もテレビを見てしまったという経験もあると思います。

受験生はなんとなくやっているテレビを見てしまうのが1番時間の無駄になってしまうので、

見たい番組があるならせめて録画して見るようにしましょう。

ご飯を食べながら勉強

学校や予備校でよくご飯を食べながら勉強している人がいますが、

これはシンプルに行儀が悪いのと、ご飯の時間くらいは頭を休めるべきだと個人的に思っています。

ご飯を食べる時間くらいはリラックスしたり、友達と楽しく会話するなど、午後の勉強に備えましょう。

友達とおしゃべりしながら勉強

よく学校やフードコートで友達と勉強をしに行く人もいますが、

もし本気で勉強したいなら一人で勉強するようにしましょう

友達と勉強しているとどうしても関係のないことでおしゃべりをしてしまい、集中力がきれやすくなります。

友達にわからない問題を聞きたいから一緒に勉強しているというひとも、

もしその友達が本気で集中して勉強したかったら、質問するたびに勉強を中断させることになってしまいます。

やはり受験勉強は基本的に一人での戦いなので、

友達とおしゃべりしながらの勉強はやめるようにしましょう。

上手にながら勉強を使い分けよう!

本当は勉強だけにずっと集中できている状態が理想なのですが、それは難しいことです。

そこでたまに音楽を聴きながら勉強したり、体を動かしながらやることで、気分転換をしつつも勉強のモチベーションを維持することができます。

ながら勉強をいつもしていては良くないですが、適度にやることで全体的な効率は上がると思います。

このように受験勉強には、このような効率を上げる勉強法も大事になってきますので、効率のいい勉強法をまとめた教材も合わせて参考にしてみてください。

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2019 All Rights Reserved.