運営会社はこちらから

勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】効率化勉強法を期間限定で公開!

家で勉強に集中する方法を知りたい人必見!自宅で快適に勉強できる環境とは

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

家で勉強したいのに全然集中ができない」という悩みを持った受験生も多いと思います。

どれだけ自習室に行っても、家で勉強しないわけにもいきません。

そこで今回は自宅で集中して勉強できる環境作りや、コツをご紹介します。

家で勉強に集中する方法を教えて!」「自宅で勉強できるメリットとは?

こんな疑問に答えますので、ぜひ参考にしてみてください。

Contents

家で勉強に集中できないのは気持ちの問題じゃない!?

ぼく自身も受験生の頃、家で勉強に集中できずに悩んでいました。

勉強を始めても、すぐにスマホを触ってしまったり、

家族とおしゃべりをしてしまい、全然勉強がはかどらないのです。

最初はやる気が足りないから勉強できないんだと思い、

集中してやるように努力しましたが結果は変わりませんでした。

さすがにやばいと感じ、自宅での勉強方法や環境を思いっきり変えてみました

すると以前よりも勉強に集中できるようになり、

塾の自習室よりも家で勉強するようになっていました。

つまり、家で勉強に集中できないのは気持ちの問題ではなく、

家での正しい勉強法や環境作りをしてしまえば、誰でもできるのです。

これから実際にぼくが実践していた方法を詳しくご紹介しますので、

ぜひ参考にしてみてください。

絶対に家で勉強できるようになった方がいい3つのメリット

「別に家で勉強しなくても、学校や塾の自習室で勉強するから問題ない」

と思っている受験生もいるかも知れません。

しかしどれだけ外の自習室で勉強していても、

自宅で勉強できなければ夜や朝の時間をすべて無駄にしてしまいます。

その分家でも勉強しているライバルとの差は広がってしまいます。

受験生にとって家で集中して勉強できるということは、やはり必要な条件なのです。

これからさらに詳しく家で勉強できるメリットを3つ紹介していきます。

家で勉強するメリット 日常生活の時間を有効的に使える

先ほども述べたように、以外にも受験生の家で過ごす時間はけっこうあります。

学校から帰ってきた夜の時間や、土日の休みの日など、

成績の優秀なひとは家でもしっかりと勉強しているひとが多いです。

また、自宅でなら移動時間もかからないので、

その分勉強や娯楽に時間を使うことができます。

これがやはり1番大きなメリットでしょう。

家で勉強するメリット 音読など声に出しながら勉強できる

自宅での勉強なら、英語の音読など周りを気にすることなく声に出しながら勉強できます。

暗記科目などはとくに音読しながら勉強することがおすすめで、

記憶の定着力などが変わってくると思います。

ほかにも、英語のリスニングなどイヤホンではなく本番のようにそのまま流せます。

BGMをそのまま流して勉強するのがぼくのお気に入りでもありました。

家で勉強するメリット 動きながら勉強・筋トレができる

ぼくはずっと椅子の上でじっとしているのが苦手で、

勉強も世界史の教科書を音読するときは部屋を歩きながら勉強していました。

実際に場所を変えたり、動きながら勉強すると暗記効果があるらしいです。

ほかにも集中が切れてしまったら、その場で腕立てなどの筋トレをして体を動かし、

短時間でストレス発散をしていました。

もしぼくのようにじっと勉強していることが苦手な人は、

意外と自宅での勉強に向いているかもしれませんよ。

家で勉強に集中できない原因とは?

まずは自分の家で勉強している環境を考えてみてください。

どうして自分は家で勉強に集中できないのか、

どんなことで集中が切れてしまうのか思い出してみてください。

みんなにも当てはまるような原因をいくつか紹介したいと思います。

部屋に勉強を邪魔する誘惑が多すぎる

自分の勉強机や勉強部屋にはスマホや漫画など、

勉強を邪魔してしまう誘惑がたくさん転がっています。

ひとはだれでも勉強していて少し疲れたら、視界に入る誘惑に負けてしまうものです。

スマホ、漫画、テレビなど勉強をする環境としてはかなり厳しいです。

こんななか勉強に集中しろという方がそもそもおかしいですよね。

自宅だと勉強中に家族が話しかけてくる

家は家族の交流の場ですから、もちろん勉強していても家族が話しかけてくることがあります。

「勉強がんばってるね」「ごはんだよー」など、

言ってくれるのはありがたいのですが、勉強の集中はその一言で切れてしまいます。

受験を支えてくれる家族ともうまくつきあっていかなければいけません。

緊張感がなくて眠たくなる

いざ家で勉強しようとしても、なかなか集中できず眠たくなってしまったという経験があると思います。

なぜなら緊張感がゼロだからです。

家は寝たりテレビを見たりと、日常的な生活をする場所であるため、

緊張感をだして勉強しようとしても、日常生活と同じ空間でやるのは難しいです。

いろいろ家で勉強できない原因についてご紹介してきましたが、

こんな場所では勉強なんてできないと思ってしまったかもしれません。

しかし、家でもしっかりと環境を整えて、勉強するときのルールを決めれば、

問題なく自宅でも勉強できるようになりますので、安心してください。

家で勉強に集中する方法!【快適に勉強できる環境作り編】

それでは家で勉強するための環境づくりについてご紹介していきます。

先ほど、家は日常生活の場だから緊張感が生まれないという話をしました。

つまり、家の中の自分の部屋を勉強をするための空間に変えてしまえばいいのです。

自分の部屋がない人も机があるとこで、その場所には勉強のときしか座らないとすれば同じことです。

勉強に最適な勉強部屋づくりの具体的な方法を見ていきましょう。

【自宅で勉強できる部屋】 机の上は基本的に何もおかない

勉強机はその名の通り勉强をするための机です。

ものをたくさん置くための机ではありません。

机の上にいろんなものが散らかっていると、

勉強しているときに視界に入って集中が邪魔されてしまいます。

机の上に参考書が山積みになっているひともいますが、

使わないものは本棚に入れるようにしましょう。

シンプルに散らかった机では勉強する気にもなりませんので。

【自宅で勉強できる部屋】 勉強に関係ないものは部屋の外に出す

自分の部屋を勉強部屋にする方法は簡単で、

勉強に関係ないもの、勉強の邪魔になってしまうものを部屋に置かなければいいのです。

極端な話になってしまいますが、自分の部屋では勉強以外に寝るだけくらいにしてしまうのです。

そのために、漫画やゲーム機などは勉強部屋に置かず、リビングなどに置かせてもらいましょう。

【自宅で勉強できる部屋】 勉強部屋でダラダラしないようにする

自分の部屋に入ったら勉強スイッチが入るようにするためには、

勉強部屋でダラダラしないように習慣づける必要があります。

今まで自分の部屋が1番リラックスが出来ていたかもしれませんが、

スマホをいじらない、漫画を読まないなど、こころがけてみてください。

つかれて休憩したくなったら、リビングでダラダラするようにしてください。

自分の部屋を学習室よりも集中できる勉強部屋に出来たら、

本当に一気に成績が上がると思います。

家で勉強に集中するための方法!【ルールづくり編】

自分の勉強部屋をつくるのと一緒にしてほしいのが、家で勉強するときのルールづくりです。

自宅ではどうしても集中がきれやすくなってしまうので、

勉強をするためのルールをつくっておきましょう。

家での勉強法 勉強計画をしっかりと立てよう

勉強の時間を決めていないと、家ではずっとダラダラしてしまいます。

なのでしっかりとした勉強計画を立てることが大切です。

その日だけの勉強計画を立てても、その日は勉強した気になって満足できますが、

勉強計画は第一志望合格という目標のために作らなければ意味がありません。

より効率よく成績を上げるための勉強法や、勉強計画を立てるためのぼくの教材もあるので、

ぜひ参考にしてみてください。

家での勉強法 時間をタイマーで測って緊張感を出す

家ではどうしても集中力が続きにくいので、

より短時間で質の高い勉強をする必要があります

そこでぼくがよく使っていたものが、タイマーで時間を測るということです。

テスト形式の問題でなくても、ここまで何分で終わらせると決めたら、タイマーで時間をセットします。

時間に追われている感覚がテストを受けているようで、緊張感を生むことができます。

このタイマーをスマホで使っていたのですが、LINEの通知なので集中が切れてしまうので、

専用のタイマーを100円ショップなどで買うのをおすすめします。

家での勉強法 勉強中は絶対にスマホをさわらない

やはり1番勉強の邪魔になってしまうものは、スマホではないでしょうか。

友達からの連絡やゲームなど、どうしても近くにあったらさわってしまいますよね。

一度さわってしまうと、気づけばYouTubeを見ていたり、完全に勉強の集中が切れてしまいます。

なので、勉強中は何があってもスマホをさわらない

勉強部屋に入れないなどの自分のルールを作ってください。

家での勉強法 勉強中は家族に入ってこないようにお願いする

自宅で勉強していると、家族がよく話しかけてきますよね。

家族としては、勉強している子供を褒めてあげたい、

という気持ちで話しかけてくれているかもしれませんが、

勉強中に話しかけられると集中も一度切れてしまいます。

なので勉強するときは家族に、

何時から何時まで勉強するから部屋に入ってこないで

とか、「何分間タイマーで測ってるから声かけないでね」

とお願いするようにしましょう。

受験生が自宅で勉強するときの注意点

受験生が自宅で勉強するときにやってしまいがちな注意点について、2点ご紹介します。

家勉強の注意点 お菓子を食べながら勉強はNG

自宅で勉強すると、どうしてもお菓子を食べながら勉強したくなっちゃいますよね。

チョコやガムならいいのですが、ポテチやじゃがりこなど、

袋に入っていて何度も取りださないといけないお菓子を食べながらの勉強はNGです。

お菓子を食べるというよりも、取りだすという行為で集中が切れてしまっていて

ずっと集中できない状態が続いてしまいます。

なのでお菓子は休憩時間にまとめてたべるようにしてください。

家勉強の注意点 勉強中の仮眠はベッドでなく机で!

自分の部屋で勉強していて眠くなってしまうと、

すぐ近くにベッドがあるためそのままベッドのたおれがちです。

でも、一度ベッドにたおれてしまうと起き上がるのが一苦労で、

そのまま1時間以上寝てしまうこともあります。

勉強していて眠くなったのに、無理して勉強しても効率が下がってしまうので、

仮眠をとることは重要です。

しかしベッドではなく、かならず机にうつ伏せになって仮眠するようにしてください。

仮眠の時間はかならず15分間と決めて、机にあるタイマーでセットしましょう。

それ以上寝てしまうと逆に頭がぼーっとしてしまうので、

絶対にベッドでは寝ないで机で寝るようにしてください。

家と自習室どっちで勉強するべき?

結論から言ってしまうと、どっちでも勉強するべきです。

基本的に家で勉強していればいいのですが、

家でばかり勉強していると軽いひきこもり状態になってしまい、

気分が悪くなってしまいます。

そのため日中は外に出て、塾や学校の自習室に気分転換で出かけるのがいいと思います。

家と自習室での勉強の割合はひとそれぞれでいいですが、

家でまったく勉強していないという状態はよくないので気をつけてください。

まとめ

いかがでしたか。今回は家で勉強に集中する方法について紹介してきました。

自分の部屋を勉強専用にしてしまうのは、慣れるまで大変かもしれませんが、

下剋上で志望校に合格するためには、今の状況を大きく変えるしかありません。

別に一生自分の部屋を勉強部屋にするわけではなく、受験が終わるまでの辛抱です。

一緒に頑張っていきましょう!

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2019 All Rights Reserved.