運営会社はこちらから

勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】効率化勉強法を期間限定で公開!

大学受験で滑り止めは何校受ける?おすすめ滑り止め大学の例や決め方も紹介!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

大学受験で浪人を回避するために滑り止めの大学を受験することができます。

今回は滑り止めの大学の決め方から、確実に合格するための注意点などを紹介していきます。

大学受験で滑り止めは何校受けるべきなの?

滑り止め大学の決め方やおすすめの大学が知りたい!

こんな疑問にお答えしますので、滑り止めの大学を受験するひとは必見ですよ!

大学受験で滑り止めの大学は受けるべき?

大学受験において、そもそも滑り止めの大学を受験するべきなのでしょうか。

滑り止めの大学を受験すると、第一志望の大学のための勉強時間が分散してしまうから、

浪人覚悟で第一志望の大学だけを受験しようかなと思う人もいるでしょう。

しかし結論から言うと、すべての受験生が滑り止めの大学を受けたほうが良いでしょう。

まずは滑り止めの大学を受験するメリットとデメリットを解説していきます。

滑り止めの大学を受験する3つのメリット

大学受験で滑り止めの大学を受けるメリットは3つあり、

  • 浪人を回避できる
  • 受験慣れすることができる
  • 安心して第一志望を受験できる

1つずつ詳しく見ていきましょう。

【滑り止めを受験するメリット】浪人を回避できる

まず1番のメリットとして考えられるのは、たとえ第一志望の大学に合格できなくても、

滑り止めの大学に受かっていれば浪人を回避できるということです。

浪人をするとたくさんのお金が必要になったり、

人生の中でもっともエネルギーの高い時期をもう1年受験だけに使うのはもったいないことです。

浪人をしたくないというひとは確実に合格できる滑り止めの大学を選んでおきましょう。

【滑り止めを受験するメリット】受験慣れできる

浪人覚悟の人も滑り止め大学を受験したほうがいい理由が、受験慣れできるということです。

大学受験の会場には独特な雰囲気があり、緊張しすぎて全然実力が発揮できなかったという人もたくさんいます。

とくに第一志望の大学を受験するときには、絶対に合格したいという思いが強いのでかなり緊張します。

そのときにパニックにならないためにも、本番前に滑り止めを受験して試験会場の雰囲気に慣れておく必要があるのです。

【滑り止めを受験するメリット】安心して第一志望を受験できる

私立の大学は国立に比べて受験日がかなり早いため、国立大学を受験する前に私立の結果がわかるとこもあります。

そのため国立大学を第一志望としているひとは、私立大学を滑り止めに受験して合格しておけば、

すでに浪人の心配はないので安心して第一志望を受験できます

絶対に合格しないといけないと無駄な力が入ってしまうとパニックに陥りやすいので、

すでに1つでも合格している大学があれば、かなりリラックスして受験できますよ。

滑り止めの大学を受験する2つのデメリット

滑り止めの大学を受験することにはデメリットもあります。

  • 勉強時間が分散してしまう
  • 受験費用や入学金などお金がかかる

【滑り止めを受験するデメリット】勉強時間が分散してしまう

滑り止めの大学をたくさん受験しようとすると、勉強時間が分散してしまいます。

どれだけ余裕で合格できるとこを滑り止めに選んだとしても、過去問を最低でも2年はやる必要があるため、

第一志望のための勉強時間がどうして減ってしまいます。

あまり多くの大学を併願するのはおすすめできないですね。

【滑り止めを受験するデメリット】私立大学の受験費や入学金がかかる

1つの大学を受験するためには当然受験費用がかかってきます。

国立と私立で変わってきますが、1つの私立を受験しようと思うと最低でも約3万円かかります。

また滑り止め大学に合格しても、一定期間内に入学金を納めなければ合格が取り消されてしまいます。

入学金も大学ごとによって異なりますが、私立大学の入学金は約20万円ほどで決して小さな額ではありません。

そのため滑り止めの大学を選ぶときもしっかりと厳選する必要があります。

とはいえ一年間の浪人に必要な費用に比べれば全然小さいですので、滑り止めは受験したほうがいいでしょう。

滑り止めの大学は何校くらい受けるべき?

滑り止めの大学を受けることは決めたけど、何校くらい受けるべきなのでしょうか。

あまりに多すぎるとデメリットで見たように、勉強時間が分散してしまったり費用がかかりすぎてしまいます。

そのため滑り止めの大学は2~3校受験すれば十分だと思います。

ここで気をつけてほしいのは、滑り止めの大学には第二志望や第三志望の大学は含まれていないということです。

滑り止めの大学とは自分の学力があれば80%以上合格でき、

第一から第三志望がすべてダメだったときに入学してもいいかなと思える大学のことです。

そのため国立が第一志望で私立大学にはあまり興味が無い人は、本命の国立1校と滑り止めに私立3校で合計4校となります。

後悔しない滑り止め大学の決め方

滑り止めの大学を選ぶときには4つのポイントがあり、

  • 滑り止め大学のレベル
  • 滑り止め大学の受験科目
  • 滑り止め大学の受験日程
  • 合格した場合どれくらい入学したいか

この4つのポイントにおいてすべて適切に当てはまる大学を滑り止めにしてください。

それでは1つずつ詳しく見ていきましょう。

【滑り止め大学の選び方】大学のレベル

先程述べたように、滑り止め大学とは自分の学力があれば80%以上合格できる大学のことです。

つまり大学のレベルを見るときは、模試での判定がAやB判定の大学が滑り止めとしていいでしょう。

レベルが高くては滑り止めの意味がないし、あまりにレベルが低いと入学してから周りとのレベルの差を感じてしまうのでよくありません。

自分にとって滑り止めとしてちょうど良いレベルの大学を探してみてください。

【滑り止め大学の選び方】大学の受験科目

大学によって受験科目は変わってきますが、滑り止めを選ぶときは第一志望と同じ受験科目であるかどうか確認してください。

滑り止め大学のためには最低限の勉強時間しか使えないので、

当たり前ですが第一志望にはない科目を勉強している余裕などありません。

第一志望と同じ科目であり、かつ自分の得意科目であるとさらに合格率が上がります。

大学だけでなく学科によっても受験科目は異なるので、いろいろ調べてみてください。

【滑り止め大学の選び方】大学の受験日程

大学受験は基本的に1日をかけて行われるため、身体的にも精神的にも想像以上に疲れます。

そのため滑り止め大学を選ぶときには、その受験日程もしっかり確認する必要があります。

2日続けて異なる大学を受験すると、

2日目の後半は疲れてまったく頭が働かなくなります。

第一志望を万全の体調で受験するためにも、受験日から2日前以内にある大学は選ばないようにしてください。

受験日程を考慮した勉強計画をあらかじめ立てておきたい人は、こちらを参考にしてみてください。

受験に余裕を持って合格するには、いかに早い段階から勉強計画を立てて準備できるかが鍵となるので、

まだ長期的な勉強計画を立ててない人は、ぜひこの教材を参考に立ててみてください。

【滑り止め大学の選び方】その大学にどれくらい入学したいか

滑り止め大学は、第一から第三志望がすべてダメだったときに入学してもいいかなと思える大学のことであると言いました。

仮にその滑り止め大学しか合格しなかったときに、

最初から入学する気がなかったのなら時間とお金の無駄になってしまいます。

第一志望と比べて行きたい気持ちは下がってしまうが、妥協できる範囲内で滑り止めの大学も選ぶようにしてください。

滑り止め大学に確実に合格するための勉強法や注意すべきこと

滑り止めの大学を受験するなら受験期の大事な1日を使うので、確実に合格しておきたいですよね。

また、滑り止めの大学で不合格だと自信を失うなど、メンタル的にもよくありません。

確実に合格するためにはどのようにすればいいのか見ていきましょう。

過去問を解いて試験の形式に慣れておく

学力的には滑り止めの大学には問題なく合格できるはずですが、試験本番は何があるかわかりません。

滑り止めの大学だからと油断していると痛い目を見るかもしれません。

とはいえそれほど勉強時間をかけられるわけではないので、最低過去問を2年分やっておくようにしましょう。

大学ごとに試験の形式や特徴は異なるので、その試験に慣れるという意味で絶対にやっておかなければいけません。

実際に過去問を解いてみてしっかり合格点が取れているかどうかは、

滑り止めを選ぶ段階でやっておくべきことでもあるので覚えておいてください。

滑り止めの結果を気にせず第一志望に集中する

第一志望の受験までに滑り止めの合格が決まっていれば、

安心して本命を受験できるといいましたが、逆にマイナスに影響する場合もあります。

1つ合格しているから最悪そこでもいいやと思ってしまって、最後で気が緩んでしまうことがあるのです。

ここまでせっかく第一志望の合格を目指して勉強してきた頑張りが、

水の泡になてしまうのは本当にもったいないことです。

また滑り止めの結果が不合格で、自信を大きくなくす必要もありません。

本番の雰囲気になれることができたのだから大丈夫と気持ちを切り替えて、本命に集中するようにしましょう。

私立大学marchを受験する人におすすめの滑り止め大学の例

ここから具体位的にmarchを受験するレベルの人を例にとって、

滑り止め大学の選び方やおすすめの滑り止め大学を紹介します。

marchレベルと言っても、大学や学科によってレベルの差があるので、レベルの高い順に見ていきましょう。

成成明学獨國學武

成成明学獨國學武とは、成蹊大学、成城大学、明治学院、獨協大学、國學院大學、武蔵大学の6つの大学のことを指しています。

レベル的にはmarchよりは低いけど、日東駒専よりも難しいとこです。

成成明学獨國學武は決して簡単ではないので、marchにも余裕で受かるだろうという人におすすめです。

実際にmarchが受からなくて入学してきた人がたくさんいます。

日東駒専

日東駒専とは日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学の総称で、marchにも劣らないほど有名な私立大学です。

成成明学獨國學武よりはレベルが落ちますが、

一般的に有名であり学歴の高い大学であると認識されているでしょう。

marchに合格する人の偏差値はだいたい55~65くらいであるのに比べて、

日東駒専の偏差値の平均は52~54くらいです。

marchの併願先としてかなり人気が高い大学なので、ある程度は過去問などの対策が必要です。

まとめ

今回は大学の滑り止めを受験することに関して解説してきました。

滑り止めお大学を受験することは多くのメリットがあるので、

ぜひ自分に合った大学を見つけてみてください。

また滑り止めだからと油断することなく、しっかりと最低限の対策をして受験するようにしてくださいね。

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2019 All Rights Reserved.