運営会社はこちらから

デキる人の勉強法を、思いのままに

週5部活の高校生でも文武両道できる勉強テク5選を徹底解説!

 
記事ライター - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら

今回の記事は、部活動をしている生徒に向けて、書いてます。

「部活が忙しくて、勉強できなかった、、、、」

こんなことついつい言ってしまったことはないですか?

 

中学生・高校生の悩みの中でも多いのが「部活と勉強の両立問題」ですよね?

これまでも多くの生徒からの相談に乗ってきましたが、部活と勉強の両立に関しては、大きな悩みだと思います。

 

でも、今回紹介する勉強法を実践してもらえれば、

たとえ、部活が週5・6の人でも、部活も勉強も両立できる文武両道できる生徒になれます!

 

言い訳にしていませんか?

毎日のようにある、部活動の後って、本当に疲れますよね?運動部の人とかは、特に体をたくさん使うので、肉体的な疲労が部活後はピークだと思います。

 

毎日のように必死に部活動に熱中していて、疲れも溜まっていくと思います。

 

そういった状況にいると、ついついこんなことを言ってしまっていませんか?

 

「部活が忙しくて、勉強できなかった。。。」

「部活で疲れたから、勉強できなかった。。。」

 

こんなことを言ってしまっている人はいると思います。

 

僕自身、高校ではサッカー部に所属しており、週6で部活動がありました。

そう思う気持ちは、本当にわかります。

 

部活が大変なのは、十分承知で、聞きたいことがあります。

 

「勉強ができなかったのは、本当に部活のせいなのかな?」

「部活を言い訳にしていないかな?」

 

ちょっとこれまでの自分を思い返してみてください!

 

忙しい人は、忙しいなりの工夫がある!

運動部に所属している人とかは、特に部活後の疲れとかすごいあると思います。

週末とかには、外部遠征があったりする人もいるかと思います。

 

このように部活動が忙しい人はいると思います。

しかし、あなたと同じ部活に所属していて、同じ条件であるのに、優秀な生徒はいませんか?

 

彼らと部活の忙しさは、同じなのに、どうして彼らだけ優秀なのでしょうか?

 

その答えは、彼らは、「忙しいからこそ、工夫をして勉強している」からです。

 

忙しい人は、忙しい人なりの工夫 の仕方があります。

 

今回の記事では、部活が忙しい人でも取り入れていける方法を5つ紹介していきます!!

 

部活動が忙しい人は、どうすれば良い?5つの方法を解説!

それでは、部活が忙しい人でも、勉強と両立していくことができる5つの方法を紹介していきます!

 

①授業の内容は、授業中に理解する!

まず1つ目は、授業の内容を授業中にマスターするです。

 

「そんなことができたら、苦戦しないよ。。。」

 

そう思うかもしれませんね。

ただ、今あなたは、どれだけ授業の内容をその授業内で理解しようと思っていますか?

 

そして、授業内で理解するために、どんな工夫をしていますか?

 

友達と授業中におしゃべりとかはしていませんか?

授業とかは関係ないことをしていませんか?

あとで、理解すれば良いとか思っていませんか?

 

部活が忙しいからこそ、授業中で理解できたら、部活も本気で気にせず熱中することはできると思います!

そして、授業内で理解してしまえば、授業外で余計なこともしなくてすみますね!

 

授業の内容を、授業内で理解できるように、授業中は内容の理解に徹していきましょう!

 

②スキマ時間を有効活用する!

学校の先生とかにこんなこと言われたことある人は多いのではないでしょうか?

「スキマ時間を有効活用しなさい!」

このように学校とかでは、スキマ時間の重要性について、よく言われるのでわかっている人も多いかと思います。

 

部活が忙しくても結果を出す生徒に共通することは「スキマ時間の使い方がうまい」ことです。

 

部活が忙しい人は、まとめて時間をとって勉強することができないので、スキマ時間を徹底的に利用していきます。

 

隙間時間は探そうと思えば、いくらでもあります。

例えば、電車通学をしている生徒は、電車で移動する15分とかを徹底的に使っていましょう!!

毎日20分、1週間で140分で2時間以上勉強に費やせます。

 

なんとなくボーッとして無駄にしてしまっているスキマ時間は必ずあります。

まずは、普段無駄にしてしまっていて、隙間時間で勉強に使える時間を見つけることから始めていきましょう!

1日の中でそこまで長い時間出なくても、隙間時間は積み重なれば、大きな差となります。

 

③短時間で済む効率の良い勉強法を見つける!

 

部活動が忙しい人は、物理的に部活がない人よりは勉強に費やせる総勉強時間はどうしても少なくなってしまいます。

 

勉強する時間が他の人よりも少ないのであれば、短時間で済む勉強法を探しましょう!

 

今まで1時間かかっていたことを、30分でできる勉強法を見つけていく!

これは十分可能なことです!!!

 

数学で、問題を全てしっかり解いてから答えを見るのではなくて、答えまでのプロセスがわかったら答えをまず確認する方法とか!

 

一流の勉強法では、効率よく結果を出すための記事をたくさん書いています。

ぜひ、この記事を読み終わったら、他の記事も見てみてください!

 

④授業開始、3分で前回の授業の復習をする!

授業開始後、ボーッとなんとなく授業を受け始めている人が多いです。

 

部活が忙しいあなたは、勉強に使える時間を少しも無駄にしてはいけません!

 

復習はこまめにたくさんやっていく方が良いことや、前回の授業の復習をして、今回の授業内容をスムーズに理解するためにも、授業開始後の3分で復習をしましょう!

 

先生が雑談している最初の時間や、前回の授業の復習をしているときに、全集中で復習していきましょう!

 

ここで、コツコツ復習をしていけば、テスト期間になって焦って勉強する必要がなくなります!

 

⑤同じ部活のライバルと一緒に勉強する!

 

同じ部活のライバルと何か勉強で勝負をするのも良いかもしれません。

なかなか、1人だと、サボってしまう人もいると思いますが、ライバルとかと一緒に勉強したり、勝負をすることでサボらなくなる可能性が高いです。

 

同じ部活で、条件が同じであるからこそ、言い訳はできなくなります。

 

1人でできないなら、環境を整えていきましょう。

同じ部活のライバルが優秀ならば、そのライバルがどのような勉強をしているのかをん盗むのも良いですね!!

 

まとめ

ここまで、部活動が忙しい人でも、勉強を両立していける方法を5つほど紹介してきました。

 

  1. 授業の内容は、授業中に理解する!
  2. スキマ時間を有効活用する!
  3. 短時間で済む効率の良い勉強法を見つける!
  4. 授業開始、3分で前回の内容を復習する!
  5. 同じ部活のライバルと一緒に勉強する!

 

これら5つの方法を試してみてください!

 

ここまで部活が忙しくても、両立できる方法を紹介してきたわけですが、

部活に入ると決めたのは、君自身。

部活が忙しい人でも、高い集中力で結果を残している人はいる。

部活を言い訳にしないためにも、今回紹介した勉強法を使ってみてね!

 

 

偏差値アップ学習術25選

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた
スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

記事ライター - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 一流の勉強法 , 2020 All Rights Reserved.