運営会社はこちらから

勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

効率よく勉強する方法まとめ

これで解決!?模試の復習法を徹底解説!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら

受験生にとっての一大行事の中の一つとしてあげられるのが、模試ですよね?

模試での偏差値であったり、志望校の合格可能性の判定など受験生にとって、模試は重要なものです。

 

今回は、模試の「復習法」に絞って書いていきます。模試は、ただのテストではありません。解いただけで、復習をしていないと何も意味がありません。

今回の記事を読まないと、模試で復習をしていて、成績優秀な友達にもっともっと差をつけられてしまいます。

今回の記事でまとめている各教科ごとの模試の効果的な復習法を身につけて偏差値をあげていきましょう!

模試は、復習で差がつく!

今回一番最初に強調して伝えたいことは、「復習」が模試において一番重要なプロセスであるということです。

 

模試を受けっぱなしで終わっていませんか?

模試の問題を解いて、それで満足していませんか?

 

もし、模試を解きっぱなしで終わっていたり、問題を解いて満足している人がいたら、相当危険です。

そのままだと、模試がただのアウトプットの作業で終わってしまうからです。

 

勉強は基本的にインプット→アウトプット→インプットの繰り返しです。

 

つまり、問題に必要な知識を覚えて(インプット)、その覚えたことを使って、問題を解く(アウトプット)をして、問題演習をして解けなかったところの問題の知識を覚え直す(インプット)の繰り返しです。

 

しかし、模試を受けて、問題を解いたで終わっていたら、定着していなかった知識も覚え直すことができず、成長しないままです。

 

ベストな復習のタイミングは、「模試当日」です。どんな考え方で問題を解いたのかであったり、問題を覚えている時に、解けなかった悔しさとかも鮮明に覚えている当日に復習をしてしまいましょう!!

 

模試の復習ってそもそも何からやっていけば良いの?

 

今回の記事では、各科目ごとに復習法を紹介していきますが、まず最初に全科目共通する模試の復習をステップごとに紹介していきます。

 

1「自己採点をする」

まず初めにやるべきことは、自己採点です。

この際に自分がどの選択肢を選択したかをはっきりさせるために、模試を解く時には、極力自分がどの回答を選んだかを明確にしていきましょう!

 

自己採点をして、丸つけをして、自分がどこができていて、どこからできていないのかをはっきりさせていきましょう。

 

ここで、一喜一憂することなく、まずは現状を受け入れましょう!

 

2「解説を熟読する」

丸つけが終わったら、次に配布された解答解説を熟読しましょう。

解答解説には、問題を解く上での重要なポイントがまとまっています。

 

問題を解くときに知らなかったこと、理解できていなかったことを明確にしていきましょう。

 

解説を読んでいて、初めて理解することとか、知らなかった知識に関しては線を引いて強調したりすると後々復習をする際にスムーズに復習をしていくことができます。

 

またポイントとしては、①初めて知った問題②知ってはいたけど、思い出せなかった問題③解答を選ぶ際に重要な知識だけど理解できていなかった問題など、復習の際に中心的に勉強していくと良いですよ!

 

3「なぜ間違えたのかを分析する」

 

ここら辺から超重要になってきます。

ステップ1と2をしていく中で、自分がどの問題を間違えているのかが理解できたと思います。

 

ここからが重要なところでもあり、難しいところでもあります。

 

自分がどの問題を間違えたのかを理解したとしたら、その問題を「なぜ間違えたのか」の間違えの原因追求をしていきましょう。

 

問題のミスには、単純な知識不足もあれば、知識をうろ覚えで間違えたり、ケアレスミスをしていたり、ミスにも様々な原因があります。

 

ミスを一括りにして「ミス」としてしまうと、その問題のミスから得られることが少なくなってしまいます。

しっかり自分がどのようなミスをしたのかを明確にしていくことで、よくミスする「自分のミスの傾向」を掴むことができます。

 

英語・国語・数学の模試の復習法

それでは復習をするに当たって、全科目やるべきこと共通することを確認したので、それぞれの教科ごとに復習法を紹介していきます。

 

1英語の復習法

 

英語の復習をしていくと、2つのタイプのミスに分類出来ると思います。1つ目が、「知識系のミス」で、2つ目が、「Not知識系のミス」です。

 

簡単に言うと、単語や文法の知識が足りずに失点してしまう問題は、1つ目の「知識系のミス」です。単語の意味がわからない時とか、文法の用法を思い出せずに解けなかった問題たちです。

 

一方て、2つ目の「Not知識系のミス」は、読解問題や、リスニング問題とかです。この問題は、単語とかの知識があっても問題を解けるものではないです。知識を問題の中で正しく使っていかないと解くことができません。

 

まずは「知識系の問題」でミスをした場合は、①知らなかった単語や、文法知識を何か専用のノートを用意してしたりして、振り返られるようにする。②定期的に見返して、定着させていく。

 

「Not知識系の問題」でミスをした場合の分析が一番厄介で、難しいので、1つ1つ解説していきます。

 

「知識系の問題」に関しては、全く同じ問題で今後も出題されることがありますが、リスニングや長文で全く同じ問題が出ることは滅多にありません。

 

「え??じゃあ、復習しても意味なくない??」

 

そのように思う気持ちもわかりますが、ここで重要になってくるのが「問題を解くプロセス」の理解です。

 

どのように、問題を解いていくのかであったり、どのように知識を使っていくのかを、模試の解説を熟読して理解していきます。

 

読解問題といっても、内容一致問題もあったり、語彙から問題を解いていく問題もあったりと、問題の分野は異なります。解説を読む中で、自分がどの問題の分野で失点をしているのかを分析していきましょう!

 

2国語の復習法

国語も、英語と同じで、漢字や古文単語・文法などの「知識系の問題」と、評論文の読解問題などの「Not知識系の問題」があります。

 

基本的には、英語と同じように復習をしていけばいいです。ただ、少しだけ国語に補足的に復習ポイントを紹介します。

国語を復習するときに、読解問題の文章の構造を徹底的に理解するようにしましょう。

 

各段落ごとの要点をまとめて、段落ごとの論理関係を理解すること、そしてその文章での一番の主張を掴んでいきましょう!

 

この作業をしていく中で、自分が問題演習をしていて、どこで躓いたのかが見えてきます。

 

3数学の復習法

 

数学の復習に関しては、以下の3つのステップをしていきましょう。

①時間制限を設けて、解き直す。②解法の理解→暗記③類題で演習する

 

それぞれを見ていきましょう。

まず最初の①「時間制限を設けて、解き直す。」です、

本番に全く解答のプロセスが出てこなかった問題とかは答えを確認しながらでもかまいません。ただ、あと少しで問題解けそうだった問題とか、時間をかければ解けるかも?な問題は、時間制限を設けてもう一度解き直してみましょう。

 

次に②「解法の理解→暗記」です

数学の公式とかは丸暗記をしてしまう人が多くいるのですが、丸暗記だと公式を使えるようにはなりません。その公式はどのように使われるのかや、そもそも何を表す公式なのかを「理解」するようにしましょう。理解をしてから、暗記をするようにしましょう。

 

最後に、③「類題で演習する」です。

ここまで確認してきた問題の類題を教科書や、問題集で確認して実際に問題演習してみましょう!模試の解説をみて、「理解できた」と思っても、類題とかで問題を解けないとまだ完全にその問題は攻略できていません。

 

まとめ

以上、復習の重要性と、英語・国語・数学の復習法を紹介していきました。多くの受験生は、模試を解きっぱなしであるか、不十分な復習で終わっているのではないでしょうか??

 

模試で間違えた問題は、もう今後絶対に間違えないと言い切れるくらいに徹底的に復習をしていきましょう。

 

偏差値アップ学習術25選

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた
スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 一流の勉強法 , 2020 All Rights Reserved.