運営会社はこちらから

勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

効率よく勉強する方法まとめ

【2020年最新版】入試本番まで、残り1ヶ月?!失敗しない過ごし方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら

「入試の本番まで残り1ヶ月を切ったけど、直前すぎて逆に何をしていけばいいのかわからない。」

 

この気持ち、本当にわかります。

今回の記事では、入試本番まで1ヶ月前に、「やるべきこと」と、逆に「やるべきではないこと」を紹介していきます。

 

入試本番まで時間がなくなってきていて、焦る気持ちは本当によくわかります。この記事を読んで残りの期間で合格を掴み取れるようにしてください!

 

 

諦めるのには、早すぎる。

入試本番まで、残り1ヶ月。

 

この時期くらいから、自分の現状の点数から第一志望を諦める生徒が、出てきます。

 

本番まで、残り1ヶ月なのに、模試の判定は一向に良くならない。

勉強しても、問題が解けるようにならない。

残された期間だけで、志望校の偏差値に届く気がしない。

 

1ヶ月となると、入試本番も現実的になってくるため、このように思う人が出てくるのも、仕方ないことだとは思います。

 

もし、この記事を読んでくれているあなたが、このように志望校を諦めそうになっているのであれば、まず初めに伝えたいことがあります。

 

それは、見出しにもあるように、「諦めるのには、早すぎる」ということです。

 

入試本番まで残り1ヶ月となった期間は、本番までの焦りとか不安が大きくなる一方で、やり方次第では、成績が飛躍的に伸びる期間でもあります。逆転合格が起きるのは、この時期の使い方で成功して、成績を飛躍的に伸ばしたからです。

 

今回の記事では、残りの限られた期間で、やってはいけないことと、やった方が良いことを紹介します。

これから本番までの期間では、失敗はしていられません。時間を無駄にしないためにも、逆転合格するためにも最後まで見てみてください!

 

1ヶ月前に、やってはいけないこと

では、まず初めてに入試まで残り1ヶ月を切った時期に、やってはいけないことを紹介していきます。

もし、今回の記事で紹介することを、残り1ヶ月の段階で、やっていたとしたら、逆転合格の可能性は大幅に減ってしまうので、1つ1つじっくりみてみて下さい。

 

やってはいけないこと①「新しい参考書を買う」

まず初めに紹介するやってはいけないことは、残り1ヶ月の期間で、新しい参考書や問題集を買うことです。

試験本番までの焦りで、新しい参考書や、問題集を買う人がいますが、残り1ヶ月のタイミングで新しい参考書を買っても良いことはあまりありません。

 

問題のレベルが合わなかったり、今までの解き方と異なるものが載っていたり、解けない問題が多く、もっともっと不安になり自信がなくなったりします。

 

本番の試験は、初見の問題を解くことになります。もし、あなたが、新しい初見の問題を解いて応用力をつけていきたいと思っているのであれば、受験する大学の過去問を解くようにしましょう。

過去問を持っているのであれば、このタイミングで新しいものを買う必要はないです。

 

やってはいけないこと②「まとめノートを作る」

まとめノートを作るのは、絶対にやめましょう。

まとめノートを作っていると、勉強を沢山した気分になるし、頭をほとんど使わなくて済むので、ついまとめノート作りをし始める人がいますが、意味が全くありません。

 

まとめノートは、作るのに時間を沢山費やす必要があります。ただ、まとめノートを作って満足していても、一向に問題が解けるようにはなりません。

 

結局、入試本番での問題で点数を取れないものは、全く意味がありません。

 

まとめノートを作っている時間があるのであれば、1問でも多く、問題演習をして実践力をつけていく必要があります。

 

やってはいけないこと③「ペースを緩める」

ごく稀に、受験直前期になって「ペースを落とす生徒」が出てきます。

 

直前期は、ジタバタせずに体調を整えながら、やるのが良い。とかの理由をつけて、なぜか弛んでしまう生徒がたまにいます。

 

直前期に、追い込みすぎて、体調が悪くなったら元も子もないですが、残りの期間での最後の追い込みによって合否は決まってしまいます。

 

残り1ヶ月の段階で、成績的に少し余裕があった生徒であっても、残りの1ヶ月で力を抜いてしまうと、最後の最後に他のライバルに逆転されてしまいます。

 

1ヶ月前に、やった方が良いこと

では、ここまで1ヶ月前にやってはいけないことを見てきたので、次は「1ヶ月前にやった方が良いこと」を紹介します。

1つでもやっていないことがあったら、今すぐ勉強に取り入れてみて下さい!

 

やった方が良いこと①「過去問を解く」

残りの1ヶ月は、実践演習中心の勉強をしていきましょう。

 

入試本番直前期は、新しい知識をインプットする時期ではないです。

入試直前期は、これまでインプットしてきた知識を過去問などの実際の問題で「アウトプットする時期」です。

 

実際に、どれだけ知識を入れていても、問題を解けるようになっていなければ、合格することは出来ません。

 

過去問を解いていく中で、自分がどこまで頭に入れている知識を使っていけるのか、どこから問題を解けなくなるのか、残された期間で身につけないといけない知識は何かなどを分析していく必要があります。

 

本番は時間制限もあるので、時間配分であったり、問題を解く順番であったり、各大問の時間の使い方などを実際に受験で使われた問題を使って練習していきましょう。

 

やった方が良いこと②「暗記を演習の中で行う」

最後の追い込み期の暗記に関しては、問題演習の中で行うことをお勧めします。

 

難易度が上がれば上がるほど、ただ知識を覚えているかだけではなく、その知識を「どのように使うか」が大事になってきます。

また、その知識がどのように問題の中で問われるのか、どの分野が頻出なのかを問題演習の中で掴むことが大事です。

 

残された期間で、点数に直結しない問題を覚える時間はありません。

 

問題演習の中で、効率よく暗記を行っていきましょう!

 

やった方が良いこと③「弱点分野をスピード攻略」

残された期間で、大事になってくることが「この分野は、もう大丈夫」という実感を積み重ねていくことです。

 

残された期間、本番が近づくにつれてどんどん不安になってくるからこそ、苦手分野を1つ1つできるようになる実感を積み重ねることが大事です。

 

ダラダラと弱点の分野の勉強をせずに、これまで使ってきた問題を確認して弱点分野を1つ1つできるようにしていきましょう。受験者が解ける基本問題とかで、自分だけ解けないということがあると、相当致命的です。

 

自分の苦手な分野、弱点が理解出来ているのであれば、過去使った基礎的な問題を使って攻略していきましょう。

 

まとめ

今回の記事では、本番まで残り1ヶ月となった受験生がやると良いことと、逆にやってはいけないことをまとめました。

 

本番が、近づいてきて不安な毎日だと思いますが、この残された期間の勉強で合否が決まってきます。

 

今回の記事の内容を参考にして見て下さい!!

 

偏差値アップ学習術25選

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた
スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2020 All Rights Reserved.