大学受験の合否を決める、本当に意味のある模試の受け方

センター試験・二次試験・一般試験

「模試って受ける意味あるの?」
「模試の前の準備って必要?」
「どれくらいの頻度で受ければいいですか?」

こんな質問をよく僕もされます。
実際、模試の受け方って
あまりきちんと教わりませんよね。

でも実は、普段の勉強時間が同じでも
模試の受け方が合皮の分かれ目に
なったりするのです…

 

模試=健康診断、だけど…

僕は以前から
「模試はあくまで健康診断だ!」
って話をしてきました。

つまり、
模試は実力を測るためのもの
だということ。

でも、健康診断と同じように
模試も準備をしないと
きっちり実力は測れないのです。

 

先週のセンター同日模試でも、正直
「問題に慣れてなくて実力を出し切れなかった…」
って部分の方が大きいのではないでしょうか?

そうすると、
いくらその点数を知って分析しても
あまり意味がないですよね。

本当に「ただ受けてきただけ」
になってしまいます。

 

受け方で変わる模試の効果

そうすると、きっちり準備して
模試を受けた人は
その後の勉強にもいかせるわけです。

今の勉強計画がどれくらい正しいのか、
どこを修正すればいいかが分かるからです。

 

逆に、しっかり準備しない模試の受け方
をしてしまうと、

「今回の模試は良かった/悪かったな〜」
という感想だけで終わってしまい、
結局前と同じ勉強をしてしまうのです。

そうすると、成績の伸びも今のままですよね。

 

それに、やっぱり準備をしないで
受けてしまうと本気で問題を解く練習
にもならないわけです。

「今回は準備してなかったし
点数取れなくっていっか〜」
って甘えにつながりますよね。

スポーツと一緒で、
試験にも慣れが必要なんです。

一回一回真剣な模試の受け方
をしてきた人と、
そうでない人とで

本番での勝負強さが違ってくる
のはわかりますよね?

だからしっかりした準備は
毎回必要なんです。

 

模試の準備の仕方

模試って一回あたり4~5000円かかる
わけですし、
何より1日がそれで潰れてしまうので、

しっかり準備をして模試を受けないと
かなりもったいないんです。

 

そうは言っても、
「どうやって準備すればいいの?」
って疑問がありますよね。

以前の記事
その準備の仕方についてまとめたので、
そちらを参考にしてみてください。

模試でド緊張しても実力を120%発揮できるメンタル強化術

 

模試を受ける頻度

そして、模試はただ
たくさん受ければいい
というわけではありません。

しっかり振り返りをして
その結果を踏まえて
勉強して鍛える時間が必要。

 

具体的には、問題集をある程度
(薄めのものなら一冊)やるぐらいの
時間は欲しいですよね。

なので、だいたい2〜3ヶ月に一回くらい、
受験生なら最大で1ヶ月に1,2回
がちょうどいいペースです。

うまく取捨選択して
効率的な模試の受け方を
していきましょう!

 

まとめ

模試は何だかんだで
学校でも受けさせられるし、
嫌々受ける部分もあると思います。

でも、せっかく時間もお金も
かけてるわけですから、
それを有効活用しない手はないです。

 

ぜひ次回の模試で
今回紹介した受け方を実践して
万全の状態で臨むようにしましょう!