運営会社はこちらから

勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

効率よく勉強する方法まとめ

果たして、アルバイトしながら、浪人で合格できるのか?

 
浪人生、バイトしながら合格できますか?
この記事を書いている人 - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら
  • バイトしながらでも合格できるかな?
  • 浪人とバイトの両立はできるのかな?
  • バイトしながら合格した人っているのかな?

今回の記事では、浪人が決定して「アルバイト」をしようか迷っている人に向けて書いています。

浪人生活、受験生活は、とにかく色々なことにお金がかかりますよね?

予備校のお金、参考書代、受験費用などなど、やはり受験には多額のお金がかかります。

1人でこのお金を工面するとなると、これまでの貯金では賄うことはできないはずです。

そこで、出てくる悩みが、「バイトをしながら浪人しても大丈夫かな?」「バイトと勉強両立できるのかな?」といった悩みです。

今回の記事では、アルバイトをしようか迷っている浪人生の悩みを解決する記事となっているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

バイトしながら浪人はオススメしません。

バイトしながら浪人はオススメしません。

結論からいって、バイトしながら、浪人はオススメしません。

浪人生の仕事は、「勉強すること」です。現役時代に、合格できなかった大学や、それ以上の大学に合格するために、「勉強すること」が仕事です。

「勉強すること」が仕事な浪人生に、バイトをオススメしない理由は、5つほどあります。

1つ1つ見ていきましょう。

理由①「勉強時間が減る」

理由①「勉強時間が減る」

まずアルバイトをすることで、物理的に時間が減ります。

浪人生の強みの1つとして、勉強時間を現役生よりも大量に確保することができることがあります。旧帝大や早慶などの難関大学に合格する浪人生は、1日12時間以上勉強する浪人生が多いです。

しかし、アルバイトをするということは、あなたの時間をお金に変えることであり、あなたが勉強に使える時間はその分当たり前ですが、減少していきます。

1日5時間のバイトしたら、5時間分、ライバルに差をつけられていることになります。

浪人生には、有り余るほどの時間があるように最初の時期とかは特に感じるかもしれません。しかし、そのように時間が沢山あると勘違いしている浪人生は、大抵失敗して、後悔をしています。

浪人生の強みであり、現役生にも圧倒的な差をつけられる勉強時間が減るという理由で、浪人生バイトはオススメしません。

理由②「身体的に疲れる」

理由②「身体的に疲れる」

アルバイトをしたことがない人はわからないかもしれませんが、アルバイトをすると身体的に疲れます。

バイトの種類にもよりますが、体を動かしたり、ずっと立ちっぱなしであったりと、疲労は溜まります。

「バイトをしていて楽しいからあまり疲れを感じない!」とたまにいう人もいるのですが、体力は必ず消耗しています。

運動系の部活みたいな身体的な疲労はないにしても、毎日のようにあるバイトの疲れは、どんどん積み重なっていきます。

勉強をする時は、頭を使いますし、疲れている状態で勉強をしても、集中力が欠如してしまいます。

身体的に疲れて、勉強に影響が出てきくるので、オススメできません。

理由③「後悔する原因になる」

理由③「後悔する原因になる」

想像してみてください。

一年後にまた今年の受験と同じように、志望校に合格ができなかった時のことを、一回想像してみてください。

もし、万が一浪人して再チャレンジしたのに、不合格だったら、あなたは何が原因だと思うと思いますか?

おそらく、アルバイトをしながら浪人をした生徒は、ほとんどの人が「アルバイトの時間、勉強に使っていたら、、」と思うはずです。

浪人をして、また最悪な事態になって、後悔をしないためにも、オススメしません。

理由④「お金は大人になって稼げる」

理由④「お金は大人になって稼げる」

大人になったら、働くことが仕事になります。

お金に関しては、大人になれば嫌でも稼いでいく必要があります。

そして大学生になれば、バイトも好きなだけすることができます。

今、浪人でバイトをして稼げるお金の量なんて限界があるし、大人になったらすぐに回収することができます。

時間は戻ってこないのです。

時間ほど大事なものはありません。

浪人生にとっても、1番大事なものは時間です。大人になってからお金はいくらでも稼げるのでどうしてもお金がない人は、親に

借金をするなど、お願いしてみましょう。

理由⑤「余計な悩みが増える」

理由⑤「余計な悩みが増える」

高校生活で、嫌いな人はいましたか?嫌な人間関係はありましたか?

コミュニケーションをとったりする中で、嫌な思いをしたり、嫌な人間関係によって神経をすり減らしたりしたことあると思います。

僕も、学生時代、人間関係で少し悩んだこともあります。

仲の良い友達とかとの会話は、楽しくてリフレッシュすることができます。

しかし、嫌いな人との会話とか、嫌な人間関係では、沢山の悩みが出てきます。

浪人生は、ただでさえストレスや悩みが多いのに、バイト先での余計な悩みが増えてしまうと、限界がきます。

メンタル面も浪人生にとっては、結果を出す上で、重要になってくるものです。

したがって、勉強以外の余計な悩みが増える可能性があるという意味でも、アルバイトはオススメしません。

アルバイトをする目的を明確に!

アルバイトをする目的を明確に!

そもそも、あなたは何のために浪人をしながらアルバイトをしようと思っていますか?

もし、あなたが、

  • 友達を増やす
  • 勉強の気分転換
  • お金を貯める

これらの目的で、アルバイトするのであれば、考え直してください。

これらの目的は全て大学生になってからいくらでもできますよね?

何度でも書きますが、浪人生の仕事は「勉強すること」です。上記の目的は、全て「勉強すること」に関係ないです。

しかし、中には、「金銭的にバイトしないと受験できない!」という生徒もいると思います。

家庭環境などによって、バイトをしてお金を貯めないといけない人はいます。そんな方は、目的を整理しましょう!

  • 受験費用の20万円を稼がないといけない
  • 参考書代を稼がないといけない
  • 1年間で受験する模試のお金を稼がないといけない

などなどバイトをする目的は、家庭の金銭状況によっても変わってきます。

ここで明確にしておきたい重要なことは、「必要なお金を手にするためにバイトをする」ということです。

ここで明確にすることで、どのくらいの期間バイトをすればいいのかであったり、どのくらいの頻度でバイトをしないといけないのかの計画が立てられます。

何のために、バイトをするのかを、明確にしていきましょう。

バイトしながら浪人合格は可能か?

バイトしながら浪人合格は可能か?

冒頭で、「バイトしながら、浪人はオススメしない」と書きました。

なぜオススメしないと書いたかも、理由を5つほど紹介しました。

これらの理由を見て、「浪人生がバイトするのはオススメできない」ことは理解できたかと思います。

しかし、どうしてもバイトしてお金を貯めないと、受験自体受けることができないといった生徒もいるかもしれません。

そんな状態の生徒が、不安、疑問に思うことは、これだと思います。

「バイトしながら浪人合格は、可能なのかどうか」

この疑問の答えは、「可能」です。オススメしないとは言っても、浪人生でバイトしながら合格することは可能です。

実際に、僕の教え子の中にも、宅浪でバイトしながら難関大に合格した生徒も何人もいます。

過去、実際にアルバイトをしながら浪人で合格した生徒たちの話を聞いたり、実際に見てきてわかった「バイトしながら合格する方法」を次からまとめていきます。

浪人でバイトしながら合格する方法

浪人でバイトしながら合格する方法

それでは、ここから浪人でバイトしながら合格する方法を見ていきます。

実際にこの方法を使って、過去どうしてもバイトして浪人しないといけなかった教え子たちは、大学合格していきました。

参考にしてみてください。

方法①「早朝シフトに入る」

方法①「早朝シフトに入る」

方法の1つ目は、「早朝シフトに入る」です。

もしアルバイトをするならば、必ず午前中のシフトにしましょう。

浪人生で失敗するパターンとして、生活リズムが崩れるがあるのですが、朝一のシフトでバイトすることで生活リズムを整えていくことができます。

逆に、夜などのシフトにしてしまうと、就寝時間が遅くなったり、生活リズムが崩れやすくなります。

朝一にバイトをして、日中にしっかりと勉強時間を確保できるようにしましょう。

方法②「受験に役立つバイトにする」

方法②「受験に役立つバイトにする」

方法の2つ目は、「受験に役立つバイトにする」です。

どうせアルバイトをするのであれば、受験に役立つバイトをするようにしましょう。

「受験に役立つバイト」は、ズバリ家庭教師です。

実際に、僕の教え子は、高校受験のサポートをする家庭教師をしていました。

自分が勉強していることの超基礎を教えることになります。お金を稼ぐことができて、知識の確認もできるバイトをするようにしましょう。

方法③「人間関係を気にしなくて良いバイトにする」

方法③「人間関係を気にしなくて良いバイトにする」

方法の3つ目は、「受験に役立つバイトにする」です。

浪人生は、とにかく沢山の悩みを抱えます。そして、ストレスが溜まります。

僕自身も浪人を経験していて、浪人生が沢山悩むことは知っています。

勉強をしているだけでも、沢山の悩みが出てくるのに、バイト先で新たな悩みが出てきてしまうと限界を迎えてしまいます。

極力、他のバイトの人と関係を持たなくても良い職種にするか、対人の必要のないバイトをすることをオススメします。

方法④「浪人生であることを最初に伝える」

方法④「浪人生であることを最初に伝える」

方法の4つ目は、「浪人生であることを最初に伝える」です。

これは意外としていない人がいるのですが、バイトを始める時に、一緒にバイトをする人や店長には「浪人であること」は伝えておきましょう。

浪人していることを、他の人に言いたくない気持ちも痛いほどわかります。しかし、バイトの時間や勤務地などは考慮してもらう必要があります。

また、あらかじめ伝えておくことで、何か大事な事情があった時なども、支えてもらえたり、考慮してもらえる可能性が高まります。

浪人していることを隠さず、しっかりと伝えましょう。

方法⑤「拘束時間が短いものにする」

方法⑤「拘束時間が短いものにする」

方法の5つ目は、「拘束時間が短いものにする」です。

アルバイトをすると、時間がとられてしまいます。

ですので、もし浪人生がアルバイトをするなら時間的な拘束が少ないものを選びましょう。

毎週固定で入る必要がないバイトであったりすることで、時間的な拘束が少なくて済みます。

また自分の家から遠い勤務地などでバイトをすると、勤務時間が比較的短かったとしても、移動時間とかを入れたら時間は削れます。

貴重な時間を少しでも無駄にしないようにしましょう。

方法⑥「バイトを辞める基準を決める」

方法⑥「バイトを辞める基準を決める」

方法の6つ目は、「バイトを辞める基準を決める」です。

バイトをするときに、しっかりと終わりを決めましょう。

バイトを辞める基準の決め方
  1. どれくらいのお金が必要か?
  2. 何にお金が必要か?
  3. いつまでに必要か?

この3つの質問に答えていく中で、3つの必要条件を満たしたら、バイトを辞めるようにしましょう。

一度働き始めると、辞めるのが気まずくなる人もいますが、目的を見失わないようにしましょう。

あくまで、バイトは浪人で受験で必要なお金を稼ぐためです。

バイトを辞める基準を明確に持って、目的を果たしらすぐにやめましょう。

まとめ

今回の記事では、バイトをしながら浪人する方法を紹介してきましたが、あくまで今回紹介した方法は、「どうしてもバイトをしないといけない浪人生」がやるべき方法です。

浪人生は、「勉強することが仕事である」ことを、念頭に、バイトと勉強を両立する方法をまとめると、以下の通りです。

 

  1. 「早朝シフトに入る」
  2. 「受験に役立つバイトにする」
  3. 「人間関係が気にしないバイトにする」
  4. 「浪人生であることを最初に伝える」
  5. 「拘束時間が短いものにする」
  6. 「バイトを辞める基準を決める」

浪人生活、辛いことも沢山あると思いますが、貴重な1年間になるはずです。

頑張ってください!

 

偏差値アップ学習術25選

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた
スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2021 All Rights Reserved.