【決定版】定期テストだけではなく模試の成績も上がる『問題集』の使い方

【決定版】偏差値を爆発的に上げる問題集の使い方| デキる人の勉強法
受験の王様
偏差値を一気に上げる問題集の使い方を伝授します!
  • 偏差値を爆発的に上げていきたい人
  • 初見の問題を解けるようになりたい人
  • 定期テストだけではなくて模試でも点数を取りたい人

今回の記事は、こんな人のために記事を書きました。

先生
問題集を沢山解いていきなさい!

こんな風に、学校の先生とかは『問題集を解きなさい』とアドバイスをするはずです。

しかし、肝心の、問題集の使い方を細かく教えてくれる人はあまりいないですよね?

そこで今回の記事では、 問題集を極める方法を、5ステップで解説 していきます。

勉強がデキる人は、今回の記事で紹介する方法で、必ず勉強しています!

極めた問題集の数が、合格率です。

極めた問題集の数が、合格率です。
  • 今、勉強しているけど、偏差値が上がらない。
  • 頑張って頑張って勉強しているのに、成績がなかなか上がらない。
  • どうやったら偏差値を上がるのかな?

そんな風に思っている成績が伸びない受験生が、この記事を見てくれているはずです。

これらの悩み、疑問の答えは、1つです。

受験の王様
問題集を極めることです!
  • 問題集を極めるって何??
  • 本当に偏差値ってそれだけで上がるの??
  • 問題集どうやって解いて何をやるべきなの?

こんな風に思うはずなので、今回の記事最後まで見てください。
そして、その通りに実践してください。

まず初めに一番大事なことを書きます。

このことがわかっていないと あなたの成績は上がらないし、大学受験では合格できない です。

なぜならば、極めた問題の数が、合格率に直結しているからです。

勉強をしていて、あなたは問題集を解きますよね?
あなたは、今まで沢山問題を解いてきたと思います。

 「この問題は極めたな!」ってあなたが極めたと自信持って言える問題の数 が多ければ多いほど、合格率は上がっていきます。

ここであなたに1つ問題です。

受験の王様
1+1は??

これの答えはわかりますよね??

答えは、『2』です。この問題はあなたは極めているはずです。

なぜならば、この問題は、 何回も何回も何回も解いて、何回も考えてきたから、できるようになった のです。

こんな風に「無意識にも解けてしまう」ようなそんなレベルまで極めた問題の数が、結局、『合格率』に直結します。

結論、問題を極めていない人は、何回も書きますが、偏差値も上がらないし、合格する可能性も低くなります。

女子高生
偏差値を上げるには、何をしたらよいでしょうか??

めちゃくちゃ当たり前のことを書きます。

 あなたの偏差値を上げたいならば、『問題を解ける』ようにしないといけません。 

点数を上げたいなら
『問題』を解け!

点数を上げたいなら 『問題』を解け!

偏差値を上げるためには、『点数を取る』ことが大事。

受験の王様
点数ってどうやって決まりますか?

成績とか点数であったり、点数ってどうやって決まるのかを改めて一回考えてみて欲しいです。

超当たり前ですが、 点数は『解けた問題』の数で決まります。 

解けた問題が多ければ点数が高くなります。少ないと、点数は低くなります。

あなたが問題で、何問解けたかが、あなたの偏差値、点数を決めていきます。

  • 勉強って何をしないといけないの?
  • 偏差値を上げるには何をしたら良いの?
  • どうやったら成績を上げていけるの?

 答えは、ズバリ『問題を解く』です。 

点数を取りたいのであれば、模試で偏差値を上げたいなら、成績を上げていきたいなら、問題を解くこと。これが全てです。

当たり前なことなのに、
学校でも言われない!

当たり前なことなのに、 学校でも言われない!
先生
小テストまでに暗記してきなさい!覚えてきなさい!

こんなことを、学校では沢山言われると思います。

しかし、肝心な『問題を解く』ことに関して、 どうやって解けば良いのかとかなぜ解くべきなのかを教えてくれる人はめちゃくちゃ少ない です。

受験の王様
点数を上げるためには、問題を解けるようになろう!!そのためには、問題を解こう!

これめちゃくちゃ当たり前ですよね?

でも、勉強っていうのは『問題を解くこと』です。 点数を上げるには、『問題を解く』の一択 です。

頭に知識を入れるだけでは、偏差値は上がらないです。

問題集を極めるための
鬼の5ステップ!

画像6

今回、最初に当たり前のことを書いてきました。

でも、本当に今回書いてきたことを理解して、毎日勉強できている人は、意外と多くないのが現状です。

ここから、 具体的に、『どうやって問題集を極めるのか』を合計5ステップで解説 していきます。

大事なことなので、再度書きます。

極めた問題集の数が、合格率です。

受験の王様
1冊の問題集を極める方法を今から解説します!

ステップ①
問題集を解く『目的』を決める

画像7

ここが決まっていない人は、いくら問題を解いていても成績はあまり上がりません。

問題集の目的を持ってあなたは勉強していますか??問題集を解いていますか???

  • あなたが今使っている問題集は、何の目的でやっていますか??
  • その問題集を選んだ、目的は何ですか??

なんとなく問題集を使っている人も一定数いるはずです。

友達が使っているからとか先輩が使っていたからとか先生がこれやれば?って言ってきたからとか『目的が明確になっていない状態』では問題集を使っている受験生が多いです。

問題集を極めるステップ①
  1. なんでその問題集を選んだのかを明確にする
  2. なんでその問題を解くのかを明確にする
  3. どんな力をつけるために使うのかを明確にする

目的なくして、問題を極めるは厳しいです。

ステップ②
期日と量を決める

ステップ② 期日と量を決める

 

受験の王様
目的が決まったら次は、期日と量を決めてください!

問題集を極めるって言ってもずっとダラダラやっていれば良いわけではないです。

  1. いつまで極めるの?
  2. いつまでにこの問題集を終わらせたいのか?

ここを決めていかないといけません。

 人間は制限時間を決めていかないと、ダラダラしてしまいます。 

期日を決めていかないと、ダラダラして目的を決めていても極めることができなくなります。

マラソンもゴールがあるから頑張れる。問題集も全く同じです。

いつまでに、何周するのか、期日と量を決めてください!

受験の王様
何集すれば良いのかをわからない人は、『3周で極める』を一回基準にしてください!

1周だけで極めるのは、はっきり言ってほとんど無理です。3周してやっと、その問題集が極められるようになります。

一回やっただけで、問題集を極められるような天才だとしたら今頃、この記事はみていないはずです。

ステップ③
一周早く終わらせて、全体像を掴む

ステップ③ 一周早く終わらせて、全体像を掴む

問題集は一周では、完璧に理解するのは正直厳しいです。

受験の王様
最低でも3周はするって基準でいきましょう!

極めるのではなくて、中途半端に終わらせるのであれば、一周でも構わないです。

しかし、 極めて偏差値を上げるのであれば、一周では絶対に足りない です。

そこであなたが問題集を極めるってことを前提にして考えると、複数回問題集を解くことになります。

そうなったときに 大事になってくるのが『1周を早く解いて、全体像を掴む』 です。

自分がどこが苦手で、どこは逆に理解できているのかとか、とにかく早く一周終わらせてください。

1周目からめちゃくちゃ時間をかけている人は結構いますがそれは非効率です。

受験の王様
一週目は、全体像を掴むことに集中しましょう!

ステップ④
繰り返し、問題集を解く

ステップ④ 繰り返し、問題集を解く

そして、 一周解いた後は、とにかく繰り返し問題を解くのみ です!!

1周目でできる問題とできないがはっきりしてくるはずなので、できていない問題を重点的にやって欲しいです。

問題を解いたのに、成績が上がらない!って人がいます。

それは、問題をやっただけです。

 問題をやっただけでは、点数は上がりません。
問題を極めないと、点数は上がりません。 

ステップ⑤で書くことをしっかりとできる問題ができたら、必ず点数は上がっていきます。

一回でできた!って思わず、何度も繰り返して、問題を極めていきましょう!

ステップ⑤
何も見ずに解説・再現する

画像11

そして最後は、 『何も見ずに解説を再現できる』この状態になるのがゴール です。

ただ、問題を解けたとか、答えが合っていたとかでは足りません。

問題集には、解説が書いてあるはずです。

受験の王様
何も見ないでも、解説を再現できるレベルを目指せ!

その 解説が何も見ないでも自分で再現できるようになるのが問題を極めるってこと です。

問題を見た瞬間に、解説に書いてあることを再現できるレベルにしてください!

勉強がデキる人と、あなたとの決定的な違い

画像12
受験の王様
今回教えた問題集の解き方って天才にしかできないものでしたか?才能・センス必要でしたか?

答えは、『No!』のはずです。

今回の記事で紹介した『問題集の使い方』は、 誰でもできるセンスとか才能とかなくてもできる方法 です。

センス・才能なんて必要なかったはずです。

正直、この方法で一冊問題集を極めてもらえたら、偏差値10アップとかなんて全然夢の話ではなくなります。

現状の点数が低くても、 正しい勉強法で勉強すれば、誰でも結果は出せます。 

勉強がデキる人と成績が低い人との違いは、『正しい勉強法』を知っているかどうかだけです。

計画の立て方、参考書の使い方、模試の復習の仕方、暗記科目の勉強の仕方などなど、あげ始めたらキリがないですが、『勉強がデキる人』は、必ず結果が出る勉強の仕方をしています。

あなたとの違いは、ただ知っているか、知っていないかだけです。

そこで、、、

受験の王様
勉強がデキる人の勉強法を全て一冊にまとめました!!

勉強がデキる人がどんな風に勉強をしているのか、計画を立てているのか、暗記しているのか、それら全てを1冊のテキストにまとめました!!

勉強は、『勉強法』が9割です。

どんな風に勉強しているのかで、成績は決まっていきます。

 

正しい勉強の仕方を知って、成績を伸ばしていきましょう!

では、今回の記事は、ここで終わりにします!最後まで読んでいただきありがとうございました!