運営会社はこちらから

デキる人の勉強法を、思いのままに

【休日、寝過ぎな受験生必見】朝早く起きる極意

 
休日の朝起きる極意10選
記事ライター - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら
  • 受験生なのに、休日にいつも通りの時間に起きれません。
  • いつもより遅い時間に目が覚める。
  • 一度目が覚めたとしても、また寝てしまう。
  • 結局完全に起き上がるのはお昼すぎ。
  • 目覚ましもたくさんかけていても起きられない。

今日はこのように「休日に寝過ぎてしまう人」に向けて記事を書いています。

休日でも、しっかり起きないといけないですよね?

休日は、平日に比べて、勉強時間を多く確保できるので、受験で結果を出すためには、休日は重要な1日になってきます。

そこで今回の記事では、休日の寝過ぎを防ぐ極意を徹底的に解説していきます。

朝の睡魔は受験生の敵。

朝の睡魔は受験生の敵。

  • 朝早く起きて勉強しないといけないのはわかっているけど、体が言うことを聞かない。
  • 朝早く起きたとしても、眠くて集中できない。
  • 一回目が覚めたけど、二度寝を毎回してしまう。

こんな悩みを持っていませんか?

僕自身も、起きようと思っていても、毎日のように寝坊を繰り返していました。

休日に寝坊してしまった時の「またやってしまったよ、、、」って罪悪感は半端ないですよね?

経験していたので、気持ちは痛いほどわかります。

「休日の朝の睡魔は、全受験生の敵」です。

朝を制することができる受験生は、受験で多くのライバルに差をつけることができます。

今回の記事で紹介する、「休日の寝過ぎを防ぐ極意」で休日の朝でも早く起きれるようになります。

「休日に寝過ぎてしまう受験生」「起きて勉強しなくてはいけないけど、起きれない受験生」に必見な内容となっています。

休日の寝過ぎを防ぐ極意10選

休日の寝過ぎを防ぐ極意10選

部活動があったり、学校もあるので、平日は、朝寝坊せずにしっかり起きられても、休日になるとそう簡単にはいきませんよね?

学校がないので、休日は、沢山寝ようと思えばいくらでも寝ることが出来ます。

疲れもあるのでついつい、休日の朝寝過ぎてしまうものです。

そこで、ここから休日の寝過ぎを防ぐ極意を合計10個紹介していきます。

休日の朝に、しっかり起きることが出来たら、勉強時間も確保できるので、良いことしかありません。

ぜひ、試してみてください!

極意①「就寝2時間前までにご飯を食べる」

極意①「就寝2時間前までにご飯を食べる」

まず1つめの極意は、休日の朝の話ではなくて、休日の前日にやるべきことです。

朝スッキリ起きられない理由で「睡眠の質」が低いという要因があります。

どれだけ睡眠時間を確保しても、睡眠の質が低かったら、朝スッキリ起きることが出来ません。

睡眠時間を大量に確保していても、起きた時にスッキリしない時とかは、睡眠の質が良くない証拠です。

睡眠の質をあげるために「就寝2時間前までに食事を済ませる」ようにしましょう。

眠るときに、夜ご飯がまだ消化されていない状態だと、睡眠の質が落ちてしまいます。

就寝2時間前は、ご飯やお菓子など、胃に入れないようにしましょう。

予備校とか学校とかの疲れで、夜ご飯の後とかに何か食べたいと思う時もあると思いますが、我慢しましょう。

全ては、睡眠の質をあげて、スッキリとした目覚めにするためです。

極意②「就寝1時間前にお風呂に入る」

極意②「就寝1時間前にお風呂に入る」

極意①では、休日の前日の過ごし方を書きましたが、極意②も前日の過ごし方についてです。

寝る直前にお風呂に入る人が結構多くいるのですが、寝る直前のお風呂は控えましょう。

教え子の中にも、寝る直前にお風呂に入るのが、ルーティンな生徒もいました。

しかし、寝る直前にお風呂に入ると、体温が上がってしまい睡眠を促すホルモンの働きが弱まります。

人間は「深部体温」が下がることで、スムーズに眠ることができます。

適度な入浴は血管を広げて手足から熱を開放して深部体温を下げるので、質の良い睡眠がしやすくなります。

そこで、特にオススメなのが、眠る1時間前に半身浴をすることです。

休日の前日にやるべき極意①と②をまとめると、以下の通りです、

  1. 休日の前日にやるべきルーティン
    起きるために就寝2時間前までに食事
  2. 1時間までにお風呂に入る

極意③「寝る前は、スマホを見ない」

極意③「寝る前は、スマホを見ない」

寝る前にスマホを見ていませんか?

はっきり言って、寝る前のスマホは、睡眠の質が劇的に下げます。

スマホが発するブルーライトを寝る前に浴びてしまうと、脳が、昼間だと錯覚して、睡眠の質を劇的に下げてしまいます。

また、スマホで、SNSや動画を見たりすると、脳が覚醒状態になっていき、スムーズに眠ることができなくなります。

その結果、睡眠の質が下がって、翌日の朝起きるのが辛くなってしまいます。

「明日は休日だから、少し夜更かし!」

このように夜更かしをして、スマホをいじることがないようにしてください。

寝る時間の1時間前とかは、スマホを見ないルールにしましょう。

スマホの設定で制限するのもオススメです!

どうしてもいじってしまうという人は、携帯の設定でロックをかけましょう!

極意④「朝起きてからやることを決めておく」

極意④「朝起きてからやることを決めておく」

一度、目が覚めたけど、もう一度寝てしまう人多いのではないでしょうか?

二度寝をする時は、とても幸せな気分ですが、起きた時の罪悪感は半端ないですよね?

平日は学校とかもあって、起きなくてはいけない理由が明確ですが、休日は寝ようと思えば寝れてしまいます。

休日に朝二度寝をしてしまう人の1つの共通点として、「朝やるべきことを決めていない」があります。

朝起きてから何をするのかが明確だったら、二度寝とかの確率は低くなりますよね?

ディズニーとかに朝から行く時とかって、朝起きてからの行動が明確だからこそ、二度寝を防ごうと思い、朝起きることができます。

休日の朝起きて何をするのかを、前日の夜までにしっかり決めておくことが、鍵になってきます。

そして、特にオススメなのは、1つ楽しみなことで朝することを決めておくです。

いきなりやりたくないことを、朝一で設定していると、朝起きるのが億劫になってしまうと思うのでまずは楽しいことで良いです!

極意⑤「目覚まし時計の位置を工夫する」

極意⑤「目覚まし時計の位置を工夫する」

目覚まし時計を、あなたはどこに置いていますか?

おそらくほとんどの人が、枕元か、枕からすぐの場所だと思います。

しかし、それだと、休日の朝に、睡魔に打ち勝つことが難しくなります。

枕のすぐ近くに目覚ましがあると、目覚ましを解除するのも簡単で、体は起き上がっていなくても解除することが可能です。

そこで、休日に朝にしっかり起きるために、「目覚まし時計」は起き上がらないと解除できない場所に置くなど工夫をしましょう。

部屋の端に、目覚ましを置くようになってから、正直朝体を起こすのは辛かったですが、しっかり起きることができるようになりました。

極意⑥「友達と協力する」

極意⑥「友達と協力する」

次に紹介する方法は、「友達と協力する」です。辛いことは、1人で乗り越えようとせずに、協力が1番良いです。

これは今でも僕は結構愛用している極意で、朝から活動をする時とかは、協力しています。

朝起きるのは、ほとんどの人にとって、辛いものです。

辛いものを1人で乗り越えようとすると、やはり厳しいと思います。

具体的にどのように協力をするのかというと、「起きる時間を友達と決めて、起きたら連絡する」「時間になっても起きていなかったら、罰ゲーム」のように友達と一緒にルールを決めて一緒に朝起きられるように協力します。

僕は現在、「決めた時間までにカフェで仕事を開始しないと、コーヒーを全員に奢る」といったルールで実際に協力しながら、朝起きるようにしています。

仲の良い友達と協力して、休日の朝に起きれるようにしてみてください!

極意⑦「自分へのご褒美を決める」

極意⑦「自分へのご褒美を決める」

何度も書きますが、朝早く起きるのは、誰にとっても辛いものです。

そんな辛いことを乗り越えた時に、あなたはご褒美をあげていますか?

これまで「朝起きられない」といった相談をしてきた生徒たちに質問をしたところ、9割以上の生徒が「ご褒美」を決めていませんでした。

「辛いけど、頑張ったらドラマ一個見て良い!」とか、朝起きることができたら、自分にとってのご褒美をあげましょう。

朝起きるモチベーションになるものを見つけていきましょう!

極意⑧「光を浴びて起きる」

極意⑧「光を浴びて起きる」

朝目を覚ますために、光を浴びて起きましょう。

太陽の日光によって、睡眠ホルモンであるメラトニンを抑制して、目を覚めていきます。

目覚ましなどの音で起きるのも良いのですが、それに加えて光で目を覚ますことをオススメします。

実際にこのように光目覚まし時計などもあるくらいで、光で目を覚ます方法はオススメです。

朝光を浴びて目を覚ますために、カーテンを開けて寝ると自然と光を浴びて起きることができます!

寝る前に、カーテンを開けて寝るようにしていきましょう。

極意⑨「目が覚めたら水を飲む」

極意⑨「目が覚めたら水を飲む」

朝起きた時は、まだ腸は働いていません。

目が覚めたら、速攻コップいっぱいの水を飲むようにしましょう!

水を飲むことで、腸が活動を開始します。腸が活動を活動を開始すると、体全体にも信号を送るので、結果的に目が覚めていきます。

枕元に水を置いておいて、目が覚めたらまずコップ一杯分飲むのもオススメです。

気持ち面だけでは、朝を乗り越えるのは厳しいので、体の内部から体を起こしていく必要があります。

起きてすぐにコップいっぱいの水を飲むことは習慣にしていきましょう。

極意⑩「エアコンの時間設定をする」

極意⑩「エアコンの時間設定をする」

冬の時期の朝ってとにかく寒いですよね?

「冬は寒くて、暖かい布団から出たくない」と思うはずです。

僕自身も、「冬の朝寒くて布団から出たくない→布団の中に籠る→二度寝する→後悔する」の繰り返しをでした。

この経験をしたことある人はいるのではないでしょうか?

そこで、オススメする方法が、「エアコンを起きる時間時間の少し前に設定する」です。

もし、7時に起きるとしたら、30分前の6:30に暖房を時間設定しておくと、目覚める時には、部屋が暖かくなっていると思うので、冬の寒さ対策をすることができます。

これは冬のように朝が寒い時限定ですが、効果絶大なので、試してみてください。

休日の朝に差をつけろ。

休日の朝に差をつけろ。

「休日の寝過ぎを防ぐ極意」を合計10個紹介してきました。

まとめると、こんな感じです。

休日の寝過ぎを防ぐ極意
  1. 就寝2時間前までにご飯を食べる
  2. 就寝1時間前にお風呂に入る
  3. 寝る前は、スマホを見ない
  4. 朝起きてからやることを決めておく
  5. 目覚まし時計の位置を工夫する
  6. 友達と協力する
  7. 自分へのご褒美を決める
  8. 光を浴びて起きる
  9. 目が覚めたら水を飲む
  10. エアコンの時間設定をする

休日は平日よりも勉強時間を確保することができます。

休日に勉強を朝からやって、ライバルに差をつけていきましょう!

 

 

偏差値アップ学習術25選

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた
スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

記事ライター - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 一流の勉強法 , 2021 All Rights Reserved.