【休日、寝過ぎな受験生必見】朝早く起きる極意

休日の朝起きる極意10選 デキる人の勉強法
  • 受験生なのに、休日にいつも通りの時間に起きれません。
  • いつもより遅い時間に目が覚める。
  • 一度目が覚めたとしても、また寝てしまう。
  • 結局完全に起き上がるのはお昼すぎ。
  • 目覚ましもたくさんかけていても起きられない。

今日はこのように「休日に寝過ぎてしまう人」に向けて記事を書いています。

休日でも、しっかり起きないといけないですよね?

休日は、平日に比べて、勉強時間を多く確保できるので、受験で結果を出すためには、休日は重要な1日になってきます。

そこで今回の記事では、休日の寝過ぎを防ぐ極意を徹底的に解説していきます。

朝の睡魔は受験生の敵。

朝の睡魔は受験生の敵。
  • 朝早く起きて勉強しないといけないのはわかっているけど、体が言うことを聞かない。
  • 朝早く起きたとしても、眠くて集中できない。
  • 一回目が覚めたけど、二度寝を毎回してしまう。

こんな悩みを持っていませんか?

僕自身も、起きようと思っていても、毎日のように寝坊を繰り返していました。

休日に寝坊してしまった時の「またやってしまったよ、、、」って罪悪感は半端ないですよね?

経験していたので、気持ちは痛いほどわかります。

「休日の朝の睡魔は、全受験生の敵」です。

朝を制することができる受験生は、受験で多くのライバルに差をつけることができます。

今回の記事で紹介する、「休日の寝過ぎを防ぐ極意」で休日の朝でも早く起きれるようになります。

「休日に寝過ぎてしまう受験生」「起きて勉強しなくてはいけないけど、起きれない受験生」に必見な内容となっています。

休日の寝過ぎを防ぐ極意10選

休日の寝過ぎを防ぐ極意10選

部活動があったり、学校もあるので、平日は、朝寝坊せずにしっかり起きられても、休日になるとそう簡単にはいきませんよね?

学校がないので、休日は、沢山寝ようと思えばいくらでも寝ることが出来ます。

疲れもあるのでついつい、休日の朝寝過ぎてしまうものです。

そこで、ここから休日の寝過ぎを防ぐ極意を合計10個紹介していきます。

休日の朝に、しっかり起きることが出来たら、勉強時間も確保できるので、良いことしかありません。

ぜひ、試してみてください!

極意①「就寝2時間前までにご飯を食べる」

極意①「就寝2時間前までにご飯を食べる」

まず1つめの極意は、休日の朝の話ではなくて、休日の前日にやるべきことです。

朝スッキリ起きられない理由で「睡眠の質」が低いという要因があります。

どれだけ睡眠時間を確保しても、睡眠の質が低かったら、朝スッキリ起きることが出来ません。

睡眠時間を大量に確保していても、起きた時にスッキリしない時とかは、睡眠の質が良くない証拠です。

睡眠の質をあげるために「就寝2時間前までに食事を済ませる」ようにしましょう。

眠るときに、夜ご飯がまだ消化されていない状態だと、睡眠の質が落ちてしまいます。

就寝2時間前は、ご飯やお菓子など、胃に入れないようにしましょう。

予備校とか学校とかの疲れで、夜ご飯の後とかに何か食べたいと思う時もあると思いますが、我慢しましょう。

全ては、睡眠の質をあげて、スッキリとした目覚めにするためです。

極意②「就寝1時間前にお風呂に入る」

極意②「就寝1時間前にお風呂に入る」

極意①では、休日の前日の過ごし方を書きましたが、極意②も前日の過ごし方についてです。

寝る直前にお風呂に入る人が結構多くいるのですが、寝る直前のお風呂は控えましょう。

教え子の中にも、寝る直前にお風呂に入るのが、ルーティンな生徒もいました。

しかし、寝る直前にお風呂に入ると、体温が上がってしまい睡眠を促すホルモンの働きが弱まります。

人間は「深部体温」が下がることで、スムーズに眠ることができます。

適度な入浴は血管を広げて手足から熱を開放して深部体温を下げるので、質の良い睡眠がしやすくなります。

そこで、特にオススメなのが、眠る1時間前に半身浴をすることです。

休日の前日にやるべき極意①と②をまとめると、以下の通りです、

  1. 休日の前日にやるべきルーティン
    起きるために就寝2時間前までに食事
  2. 1時間までにお風呂に入る