運営会社はこちらから

デキる人の勉強法を、思いのままに

【学校の補習は無駄】絶対に参加してはいけない無駄な補習の特徴

 
【学校の補習は無駄】絶対に参加してはいけない無駄な補習の特徴
記事ライター - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら
  • 学校の補習に参加するべき?意味ある?
  • 無駄な補習の特徴は?
  • 参加するべき補習とは?

この悩みをこの記事で全て解決します!

僕自身、通っていた高校では、夏休みなど長期休み以外にも、学校の補習が沢山ありました。

テストで点数が取れていなくて強制的に参加させられる『強制補習』もあれば、自分で参加するべきかどうか選べる『任意補習』などがありました。

学校の指示に従わずに、自己流で勉強していると落ちるぞ!

先生

こんな風に、先生には、脅されて、任意補習にも参加を促されていました。

高校でも、補習に参加しない生徒は落ちるとか、自己流は失敗するといったことが文化としてあって、半強制的に学校のいうことを聞かざるを得ない状態でした。

ぶっちゃけ、学校の補習には参加するべきかの結論を出します!

受験の王様

今回の記事では、『学校の補習には参加するべきか』の結論と、参加するべきではない補習の特徴を具体的に解説していきます!最後まで読んでみてください!

【悩み相談】学校の補習に参加するべきですか?

【悩み相談】学校の補習に参加するべきですか?

高校三年生の生徒からこのような相談をされたことがあります。

学校の補習や勉強会には参加すべきでしょうか?

男子高生

相談内容

僕は文系の高校三年生で自称進学校に通っています。
学校で補習があるのですが、参加すると受験で使う科目以外の教科も勉強させられたり、膨大な量の宿題が課せられたりするので参加していません。

学校の先生は「自己流の受験勉強では200%落ちる」だとか言っています。
毎日のようにこのようなことを言われていると、どうしても心配になってきました。

学校の補習に参加せずに自己流の勉強方法だと200%受験失敗するのでしょうか? 学校の補習に参加するべきなのか、学校の補習は無駄なのか、教えて欲しいです!!

このような相談を受けました。

膨大な量の宿題、受験科目以外の教科も勉強、受けないと落ちるぞという先生からの脅迫などなど、自称進学校に通っている生徒は、特に上記の質問の生徒と同じような状況だったりするのではないでしょうか?

自称進学校ほど、生徒に半強制的に、補習に参加させたりします。

今回の記事では、学校の補習に参加をするべきかについて書いていきますが、もしあなたが、自称進学校に通っているとしたら、自称進学校の罠にハマっているかもしれません。

【結論】参加すべきではない。学校の先生の言いなりになるな。

【結論】参加すべきではない。学校の先生の言いなりになるな。

まず結論から書かせてもらいます。

学校の補習には、参加するべきだとは言えません。

受験の王様

たくさんの生徒を見てきて、参加すべき補習をやっている学校はほとんど見たことがありません。

補習に参加すること自体が、悪いというわけではありませんし、実際に補習に参加してうまくいった生徒も中には数名います。

しかし、大体の受験生が、以下のような状態に陥ってしまいます。

  • 大量の補習に追われる
  • やらないといけない勉強とは違う勉強をやってる
  • 宿題が大量に出てやるべきことができない
  • 補習が終わった後に何もできていないことに気づく
  • 時間だけ浪費して、時間を無駄にしてしまう

志望校に合格するためには、こんな状態になって、貴重な時間を無駄にしてはいけません。

学校の先生の言いなりになって、無駄な補習に参加しないためにも、『無駄な補習の特徴』を知る必要があります。

【無駄な補習の特徴】こんな補習は受けても意味ない!

【無駄な補習の特徴】こんな補習は受けても意味ない!

成績を上げたいなら、学校の補習には参加すべきだ!

先生

こんな風に先生たちは、生徒に言ってくると思います。

学校の先生が、生徒に補習を受けさせようとするのには大きく分けて3つの理由があります。

  1. 生徒の勉強時間を増やせる
  2. 授業内に扱えなかった内容を扱える
  3. 生徒とのコミュニケーションが深く取れる

このような理由があって、生徒のことを本気で思って「補習に参加すべきだ!」と言っている先生も多いとは思います。

しかし、補習となると、個別で対応というよりは、ほとんどの場合が、複数生徒をまとめての指導となり、『あなたのためだけ』の補習にはなりません。

結果的に、自分には必要ない無駄な単元を補習で扱ったり、苦手ではない部分を扱ったりします。

その結果、ただただ、時間を無駄にしてしまう補習になってしまう生徒がほとんどです。

あなたがそうならないためにも、参加しても無駄な補習の特徴を合計3つ紹介します!

特徴①「何のために補習に参加するかが不明確」

特徴1つ目が、何のための補習なのかが明確ではない補習は、参加すべきではない可能性が高いです。

補習で何を具体的に扱って、どこの単元を学んでいくのかなどが、明確になっていない補習の場合は、『あなたには必要ではない内容』を扱うことが大いにあります。

補習の中身をまずは先生に、

  • どこの単元を扱うのか?
  • 何を目的にその補習があるのか?
  • 自分の苦手克服のためになるのか?
  • どのレベルの内容なのか?
  • 自分の受験する志望校でも必要か?

以上のような質問をして、自分の苦手単元や、実力にマッチしているのかを、チェックしましょう!

その説明を聞いて、

〇〇のために補習に参加しよう!

女子高生

このように、補習に参加する目的が明確になるような補習であれば、参加しても得られることはあります。

特徴②「なんとなく友達みんなが参加している」

補習に参加して失敗する生徒がよく言う言葉があります。

友達がみんな参加していたので・・・

男子高生

このように、友達が参加しているから自分も参加するというような補習には参加しても、無駄になる確率が高いです。

友達とは目指している志望校も、現状の実力も、苦手単元も、あなたと違うのです。

そんな状態なのに、周りの友達が参加しているからと、周りに流されてなんとなく補習に参加するのはやめましょう。

特徴③「大量の宿題が課されて自習時間がなくなる」

補習の課題や宿題に追われてやりたい勉強ができません・・・

女子高生

こんな風に、課題が多すぎて、他にやらないといけないことができなくなるような補習には参加するべきではありません。

学校の先生は、生徒のことを思ってか、理解を深めるために、演習問題プリントなどを用意してくれます。

しかし、あなたには、その補習以外にもたくさんやるべきことがあるはずです。

宿題に追われて、本当にやらないといけない勉強ができなくなるのは、本末転倒です。

宿題が沢山出て、自分の受験勉強のための自習時間にも影響を与える補習には参加するべきではないです。

補習に参加する前にまず最初にやるべきこと

補習に参加する前にまず最初にやるべきこと

今回の記事では、学校の補習に参加するべきなのかどうか、そして、参加しても意味がない補習について説明をしてきました。

なんで成績が伸びていないかを把握していないとそもそも補習に参加すべきかどうか正常に判断できないです!

受験の王様

参加しても意味がない補習の特徴として、『何のために補習に参加するかが明確ではない』ということを紹介もしました。

  • 何のために参加するのか
  • どの弱点を潰すために補習に参加するのか
  • 自分が出来ているところはどこの範囲なのか
  • 補習に参加してどうなるのが目的なのか

などなど、補習に参加するとしたら考えていかないと、ただ時間を浪費するだけで終わってしまいます。

『自分が今なぜ成績が伸びていないのか』の根本的な原因を知らないと、どれだけ勉強しても成績は伸びません。

自分が何が苦手で、なぜ成績が伸びていないのかがわかっていないと、補習が必要かどうかは正常に判断できません。

そうならないために、まず初めにあなたがやるべきことは、『なぜ勉強しているのに成績が伸びないのか』の原因を知るです。

以下の記事では、勉強しているのに成績が全然伸びない人が気づかないうちにやってしまっているNG勉強法と、対策を紹介しています。

やばい!私、ほとんどやってしまっているわ・・・

女子高生

こんな風に、記事を見た生徒の多くが言うくらい、気づかないうちにやってしまっているNGな勉強法を紹介しているので、ぜひみてみてください!

「勉強してもできない!」勉強したのにできない人が、やってしまっているNGな勉強法

最後まで、記事を見ていただき、本当にありがとうございました!

 

偏差値アップ学習術25選

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた
スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

記事ライター - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 一流の勉強法 , 2021 All Rights Reserved.