運営会社はこちらから

勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

効率よく勉強する方法まとめ

【成績を上げたいなら、朝勉強?!】やり方とポイントを解説!

 
朝勉強やり方とポイント
この記事を書いている人 - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら

成績をあげたいのであれば、「朝勉強するのが良い」と一度は言われたこと、聞いたことがあるのではないでしょうか?

「朝活」という言葉があるように、朝に勉強することのメリットとかは、多くの人が知っていることかと思います。

  • 朝勉強が良いのは知っているけど、なぜ良いの?
  • 朝勉強って何をやればいいの?
  • 朝勉強をする時のポイントって何?

などなど、朝勉強の重要性は、知っていても、朝勉強の細かいポイントまで理解している人は、案外少ないのではないでしょうか?

今回の記事では、そもそもなぜ朝勉強が必要なのか、朝勉強のメリット、朝勉強をする時のポイントを徹底解説していきます。

受験本番は、午前から開始!

受験本番は、午前から開始!

まず結論から書くと、受験本番の試験開始は、「午前中」です。

共通テストでも一番はやい人で、9:30に社会科目の一教科目が始まります。

試験開始の時間が、この時間なので、試験会場に向かう時間や、朝の準備の時間とかを考えたら、受験当日は、朝早くから起きている必要があります。

午前中の試験開始の時間に頭が働く状況でないと、試験本番中にぼーっとしてしまいます。

試験前だけ、朝早起きをするという人がいますが、いきなり朝早起きしても、体が対応仕切れない場合が多いです。

受験本番に力を発揮するために、普段から、朝早く起きて、朝から頭が働くような状態にしていく必要があります。

朝勉強ってなぜ良いの?

朝勉強ってなぜ良いの?

朝勉強が良いと言われても、メリットが分からないとなかなか「朝から勉強する気」にはなりませんよね?

今から、朝勉強することのメリットを、5つ紹介します。

1つ1つのメリットを確認して、「なぜ朝勉強が良いのか」を明確にしていきましょう!

朝勉強のメリット①「朝は時間が限られている」

朝勉強のメリット①「朝は時間が限られている」

電車の時間、学校の登校時間、身支度の時間などなど、朝は先延ばしにできない予定が沢山ありますよね?

朝は、タイムリミットがある予定が沢山詰まっているのが普通です。

一方で、夜とか日中は、時間が沢山あって、先延ばしにできる予定が多いので、ダラダラと時間を無駄にしてしまったり、1つ1つの勉強に対して緊張感がなくなったりします。

朝の時間に限りがある状態で勉強することで、「締め切り効果」をうまく活用していくことができます。

「締め切り効果」
=締め切りが明確になっていることで、するべきタスクに集中できる(集中しなければならない)状態になれる

こういった効果を、制限が多く、時間が限られている朝に勉強することで、勉強に集中することができます。

朝勉強のメリット②「邪魔が少ない」

朝勉強のメリット②「邪魔が少ない」

朝の時間は、まだ多くの人が寝ています。

朝早くの時間には、SNSなども活発ではないですね。

集中力を欠く要因になるテレビなども朝一の時間には静かだし、ニュース番組などが多いので、朝は日中より誘惑が少ないです。

朝の時間は、外も静かで、勉強をスタートするまでに、邪魔が少ないため、スムーズに勉強を開始することができます。

日中だと、勉強の邪魔になるものが多く、なかなか勉強に集中できなくても、朝の時間は勉強の邪魔が少なくなります。

朝勉強のメリット③「脳が一番スッキリしている」

朝勉強のメリット③「脳が一番スッキリしている」

私たちの脳は、睡眠中に日中の情報をストックして、整理します。

「海馬」と呼ばれる脳の領域に、一時的に保存されている情報が、睡眠中に取捨選択されて、頭の中を整理されます。

寝ている時間に、必要な情報と不必要な情報が整理されて、朝起きるときには、頭の中は、スッキリしています。

朝起きた時は、その日にまだ新しい情報に触れていないので、情報を保存するスペースが空いている状態になります。

朝一番の勉強では、一番記憶がしやすい状況になっています。また前日に勉強して、整理された知識を思い出すことで、より記憶の定着度が高まります。

朝勉強のメリット④「苦手分野にも前向きになれる」

朝勉強のメリット④「苦手分野にも前向きになれる」

朝目覚めたら、「睡眠状態」から「覚醒状態」に変わります。

このときに、「ドーパミン」が大量に分泌されます。

ドーパミンが大量に分泌されることで、快感や幸福感を生み出すので、苦手な分野とか嫌いな科目とかにも、前向きに向き合うことができます。

苦手意識が少ない状況で、朝勉強では取り組むことができます。

苦手科目やいつも後回しにしてしまっている単元の勉強を朝やることをオススメします!

朝勉強のメリット⑤「良い形で1日をスタートできる」

朝勉強のメリット⑤「良い形で1日をスタートできる」

朝遅くまで寝ていて、起きる時間は遅いと、1日のスタートで出遅れた感じはして、気分的にあまりよくないですよね?

一方で、朝早く起きることで、周りの人よりも早く1日をスタートすることができて、気分もよくなります。

「よし!今日も早く起きてスタートダッシュしっかりできた!」っていう人と、「やば、、。今日も遅くまで寝ていた、、。1日の始まりミスった、、。」っていう」人では、相当大きな差ができます。

朝のスタートに、1日のパフォーマンスは結構影響されてくるからこそ、朝勉強をして、朝から活動開始していくことで、1日を最高の形で始めていくことができます!

朝勉強を実際にやってみよう!

ここまでは、なぜ朝勉強をするのが良いのかを見てきました。朝勉強をするべき理由がはっきりしたと思います。

「朝勉強するのが良いことは、わかったけど、どうやってやればいいの?ポイントは何?」

などいざ朝勉強をやるってなると、まだまだわからないこともあり、難しいと思います。

なので、ここからは、実際に朝勉強をする時のポイントを5個紹介していきます。

朝勉強ポイント①「起きたらまず外で日の光を浴びる」

朝勉強ポイント①「起きたらまず外で日の光を浴びる」

今の段階で、朝起きることが習慣付いている人も、習慣がまだできていない人も、これから朝勉強をする場合、まずは「朝起きたら、外に出る」ことをオススメします。

朝早く目が覚めたとしても、二度寝をしてしまったらもったいないし、意味がないです。

人間は、太陽の光を浴びることで、脳が睡眠状態から、覚醒状態へと切り替わるので、「朝起きたらすぐに外に出る」を意識してみてください。

「家の中の照明とかでも良くないですか??」と思う人もいるかもしれません。

その質問に対する答えは、NOです。

部屋の照明などの明かりは、脳を刺激するのに必要な明るさの4分の1程度しかありません。

外に出て、日の光を浴びる時に、体も起こすことができるので、リフレッシュも兼ねて朝起きたら、まず外に出て、日の光を浴びましょう!

朝勉強ポイント②「前日にやることを決めておく」

朝勉強ポイント②「前日にやることを決めておく」

朝勉強をいざやろうとして、失敗する人の特徴として多いのが「朝やる勉強内容を当日に決める」です。

朝勉強をする習慣がまだ付いていない人は、朝起きるのも結構ハードルが高いと思います。

朝起きてから、「今日の朝は何をやろうかな」と決めていると、朝は眠かったり他にもやることが沢山あるので、後回しにして、結局勉強をしない人が多いです。

朝起きた段階で何をやるか決まっていて、すぐに勉強をスタートできる状態がベストです。

そのため、朝勉強をする場合は前日のうちに何をやるのかを決めておきましょう!

スムーズにやることに専念することができるように、次の日の朝の勉強内容を決めておきましょう!

朝勉強ポイント③「朝のルーティンを持つ」

朝勉強ポイント③「朝のルーティンを持つ」

朝勉強を継続していくために重要なのが、「朝のルーティンを持つ」ことです。

朝起きて目を覚まして勉強に取り掛かるまでの流れを、最終的には意識しなくてもできるように、朝のルーティンを持っていきましょう!

朝起きた段階で、やるべきことが明確になっていると、布団の中でダラダラとスマホを見てしまったり、起きてから無駄に時間を浪費することを防ぐことができます。

ルーティンを持つことで、朝勉強までの流れがスムーズにできるようになり、朝勉強が継続しやすくなります。

例えば、こんな感じで朝のルーティンを作ると良いです。

  1. コップ一杯の水を飲む
  2. カーテンを開けて朝の光を浴びる
  3. 外の新鮮な空気を吸ってリフレッシュ
  4. ストレッチなどして軽く体を動かす
  5. 気分が上がる音楽を一曲聴く

などなど自分がスムーズに1日を始めるマイルーティンを作っていきましょう!

朝勉強ポイント④「コンディションに合わせる」

朝勉強ポイント④「コンディションに合わせる」

私たち人間なので、日によって体調があまり良くない時や、少し寝坊してしまう時や、どうしてもい気分が乗らないなんて時もあると思います。

コンディションは、日によって変わります。

柔軟にその日のコンディションに合わせていくことも重要です。

少し計画通りに行かなくなると、「もう今日はやらない!」と楽な方に流れていきます。

完璧に計画通り、全てがうまくいく方が珍しいです。「0か100」で考えるのはやめて、柔軟にその日のコンディションや、時間に合わせて対応していきましょう。

毎日継続することが大事です。一回継続をやめてしまうと、「もういいや、、、。」と朝勉強をしなくなってしまう人が多いです。

寝坊して時間がないとしても、5分とかでも構わないので毎日少しでもいいので、その日のコンディションや状況に合わせてやることをやっていきましょう!

朝勉強ポイント⑤「目標を決める」

朝勉強ポイント⑤「目標を決める」

朝勉強をする目的を決めましょう!

朝の勉強時間は夜などよりも濃度がこく、結果を出すためには重要な時間帯です。

この朝の貴重な時間を、なんとなく始めるのではなくて、「自分で決めた目標」に向けて始めていけるようにしましょう。

  • 次の模試で苦手科目のこの単元を朝の勉強で攻略する!
  • 朝の演習時間を繰り返して、定期テストでクラストップを狙う!
  • 継続力を、朝勉強を継続することで身につける!

などなど、人それぞれ目標とかは変わってきますが、しっかり自分で目標を決めていきましょう。

朝のエネルギーを最大限使っていくために、「何のために朝勉強を頑張るのか」の目的を明確にしていきましょう!

朝を制する者が、受験をも制する。

ここまで読んでいただき、本当にありがとうございます。

実際に朝勉強をする上で大事になってくるポイントなどをまとめてきました。

朝に時間を有効に使っている受験生は、どんどんライバルに差をつけていくことができます。

今回紹介したポイントを参考にして、朝勉強を習慣にしてみてください!

 

 

↓ 偏差値が上がる本物の学習術 ↓

地頭を鍛える方法

 

偏差値アップ学習術25選

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた
スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2021 All Rights Reserved.