受験生のお供はコーヒーよりお茶!集中力も疲労回復もばっちり!!

頭のいい子の育て方

お子さんが受験勉強するときに
よくコーヒーを飲みますよね。

特にちょっと眠い時には
お子さんの心強い味方です。

 

でもコーヒーは
とりすぎるとよくないことも
あるんです。

そして実は、
コーヒーよりも受験生にとって
お茶の方が良いらしいのです…

 

コーヒーの受験生への副作用

まず、コーヒーに含まれている
一番有名な成分はカフェイン

これが眠気覚ましにも効くので
よく飲むという受験生も
多いはず。

ただ、実はカフェインの取りすぎで
ミスが誘発されやすくなるという
研究結果も出ています。

これは、カフェインが
脳を興奮させすぎてしまい
抑えが効かなくなるからだそうです。

 

このように、コーヒーには
飲みすぎると逆にデメリットもある
という側面があるのです。

 

受験生はコーヒーの代わりにお茶!

そして、そんなコーヒーよりも
実は優れているのがお茶、
それも緑茶なんです。

緑茶には、コーヒーにも匹敵
する量のカフェインが含まれている
のと同時に、

テアニンという
成分も入っています。

 

このテアニンのおかげで
カフェインの副作用の一部が
相殺されたり、

コーヒーにはないメリット
緑茶を飲むことで得られたり
するのです。

 

テアニンの効果1:集中力アップ

テアニン自体にも
集中力アップの効果があるので、

カフェイン単独でとる場合よりも
その効果が高くなることが
知られています。

 

そのため、同じ勉強時間でも
より効率的に勉強することができ

お子さんのやる気にもつながり
成績が上がりやすくなるのです。

 

テアニンの効果2:リラックス効果

テアニンを取ると、
脳がリラックスしているときに出る
α波が増幅します。

そのため、カフェインによる
興奮作用が抑えられて
勉強中のミスも減るのです。

 

また、リラックスして
勉強することによって
疲労のたまり具合も軽くなるので

長い受験勉強をしていく上で
お子さんの精神状態や成績の伸びに
大きな違いが生まれてきます。

 

テアニンの効果3:睡眠の質改善

そして、コーヒーとの
一番の違いは
睡眠の質への影響です。

カフェインを飲むと
その日の夜に眠れなくなる
という副作用がありますが、

テアニンには
睡眠の質を高める効果があるので
夜でも安心して飲めます。

なので、勉強には集中したいけど
寝れなくなるのは嫌だ…
というお子さんには

是非コーヒーの代わりに
お茶をすすめてみてください!

 

お茶でも飲みすぎには注意

ただ、いくらお茶、特に緑茶が
勉強に効果があったり
健康にも良いからといって

たくさん飲みすぎるのはNGです。

緑茶の一日の摂取目安は
3~4杯ほどと言われています。

 

それ以上の摂取は
胃腸に負担がかかったり、

さらにはタンニンという成分
の影響で貧血になりやすくなる
ので注意が必要です。

適切な量ならお茶は
いいこと尽くしなので、

くれぐれも摂取量には
気を付けてあげてください!

 

まとめ

緑茶には
テアニンやカフェインなどの

集中力アップリラックス
さらには睡眠の質向上に効く
成分が含まれています。

 

もちろん飲みすぎはNGですが、

お子さんの摂取量に気を付けつつ
勉強の合間に用意してあげると
喜ばれるのではないでしょうか。

是非、コーヒーの代わりに
緑茶などのお茶を勉強中のお子さんに
出してみてください!