「受験生だから学校は行かない!」そんなお子さんへの対処法とは?

頭のいい子の育て方

受験本番が近づいてくると、

受験勉強に集中したいから
学校を休みたい!

とお子さんが言ってくることが
特にこれからの受験シーズンは
もしかしたらあるかと思います。

 

正直学校には行った方が
いいのでは?と思っていても
中々強く言えないでいたり、

逆に「学校に行きなさい!」
といって喧嘩になってしまったり。

 

そこで、本当に受験生は学校に
行くべきなのかどうか、

お子さんに対してどう
アドバイスしてあげたらいいのかを
この記事でお伝えしていきます。

 

受験生が休むことのメリット・デメリット

実は、
「学校を休むべきかどうか」は
受験生たちからもよく質問されます。

そこで寄せられる悩みが、
学校の課題や授業受験勉強
両立が難しいというものでした。

だから、学校を休んで
受験勉強だけに集中したい、
負担を減らしたいということだったのです。

 

そうなったときに出てくる
学校を休むことのメリット・デメリット
以前の記事にまとめたので、

そちらをまずは見てもらえると
より的確に受験生のお子さんに
アドバイスができるはずです。

受験生は学校を休むべき?大学受験で学校を休むべき理由とちょっとズルい学校の活用術

 

実はそれ以外の悩みも…

ここまでは、受験生のお子さんが

「学校の課題や授業の
負担を減らしたいから
学校を休みたい!」

という前提でお話ししてきましたが、
実際にはそうでない場合もあります。

 

例えば学校の人間関係
悩んでいる場合もあるかもしれません。

あるいは、先生から
プレッシャーをかけられるのが
嫌で休みたがっているかもしれません。

以前の記事でも紹介したような
色々な悩みを抱えている
可能性があるのです。

 

そういったことを無視して
学校に行くべきか否かという
話をしてしまうと

どうしても話がかみ合わない
お子さん自身も納得してくれない
ですよね。

 

なので、まずはお子さんが
どういう理由で学校に行くかを
迷っているのか、

ということを
知る必要があります。

 

学校を休みたがっている「目的」は?

そして、その理由を聞くときに、
ほとんどの人は「原因」を考えます。

「学校のあの先生が嫌いだから」

「あの授業の宿題が多すぎるから」

「というかあの科目は要らないから」

でも、原因ってあげていくと
本当にきりがないし、ちょっとした
些細なことも出てきますよね。

だから、根本的な問題が
解決するとは限らないのです。

 

例えば、お子さんと話していて

 

「なんで学校を休みたいの?」

「だって学校でムダな課題が多いし…」

「じゃあ別に課題やらなくてもいいじゃない」

「いや、そういう問題じゃなくて…」

 

というように、
結構話がかみ合わないことって
あると思うんですよね。

僕自身も、受験生と話していて
原因を突き詰めようとすると
中々話が合わないということがありました。

 

でも、原因ではなく目的を考える
コミニュケーションがスムーズに
いくことが多いのです。

 

例えば先ほどの例なら、本当は

「あまり自分の勉強の仕方に
あれこれ言われないようにしたい

のかもしれません。

ちなみにこういう子は
話を聞いてみると結構いるんです。

そうすると確かに
課題をあれこれ出してくるのも
うっとおしく感じるし、

ちょっと先生と距離を置きたい
と思うのも自然ですよね。

 

そうすると
課題をやるやらないの話
ではなくて、

周りの話をどう受け止めればいいか
ということを教えてあげた方が
良いですよね。

このように、原因ではなくて
お子さんの「目的」を考える
というだけで

お子さんの抱えている
本当の問題点というのが
見えてくるようになるのです。

 

学校の活用の仕方を一緒に考えよう!

先ほど紹介した記事でも
説明していますが、

基本的には学校に行く方が
メリットは大きいんです。

 

だから、まずはどうやって
無理をせずに学校に通いながら
受験勉強を進めていけるか、

どうすればうまく学校を
活用しながら受験勉強をできるか、

その2つを考えながら
お子さんと話してみると
良い答えが見つかるはずです!

 

まとめ

まずは、お子さんが
学校に行きたがらない本当の目的
探してみましょう!

そして、その目的に沿って
学校をどう活用していくか
という方向で話していけば

お子さんとの
コミュニケーションも
より活発になり、

より志望校合格にも
近づいていくのではないでしょうか。