運営会社はこちらから

勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

効率よく勉強する方法まとめ

【2021年最新版】最強の古文単語暗記法を徹底解説

 
【完全版】古文単語暗記法
この記事を書いている人 - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら

大学受験で、「古文」を苦手にしている生徒が多いです。

僕自身も、受験生時代、古文が苦手で苦しんだ経験があります。

古文=昔の日本語

こんな感じで古文を侮っている生徒は、いませんか?

はっきり言って、古文を侮っていると痛い目にあいます。

昔の日本語で、イメージできることがあったとしても、そう簡単には読解はできないです。

しかし、古文に関しては、「古文単語」を暗記してしまえば、読解でも格段に読みやすくなります。

英単語とかに比べて、古文単語の暗記は圧倒的に楽です。

今回の記事では、早大生である僕が、古文単語の暗記に絞って、徹底的に解説をしていきます!

古文単語の暗記は、楽です。

古文単語の暗記は、楽です。

古文単語の暗記に対して、あなたはどのようなイメージを持っていますか?

過去多くの受験生の対応をしてきて、意外と古文に対して苦手意識がある生徒が多いです。

僕も現役生時代、古文に対して苦手意識を持っていた時があります。

しかし、あることに気づいてから、古文単語の暗記に対して苦手意識はほとんどなくなりました。

そして、何より古文単語の暗記は、他の暗記に比べて圧倒的に楽で、尚且つ、点数にすぐに直結します。

このように主張する理由を、今から2つほど紹介していきます。

理由①「暗記する量が少ない」

理由①「暗記する量が少ない」

大学受験において、英単語は何語暗記する必要があるとあなたは思いますか??

高校卒業程度のレベルとされる英検二級の語彙数は、5000語程度となっています。

これは英検の記事を参考にしています。
(ページ6に書いています)

大手予備校の例えば、東進ハイスクールによると、必要英単語数は「4000〜6000語」としています。

これを見て、どう感じましたか?

「大学受験の英語で覚えないといけない量多すぎん、、、?」

あなたがどう思ったかはわかりませんが、現役生の頃の僕は、少なくともこのように思いました。

しかし、古文単語はどうでしょうか?

なんと、大学受験で覚えるべき古文単語量は、たったの「300〜500語」です。

参考程度に私たちが、中学で学ぶ英単語量は、「1000〜1200語」です。

大学受験で覚えなくてはいけない古文単語量は、圧倒的に少ないことがわかったと思います。

この量だったら、数ヶ月集中して暗記をしていけば、隅から隅まで暗記を徹底的にしていけます。

理由②「漢字から連想できるものがある」

理由②「漢字から連想できるものがある」

接尾辞とか接頭辞とか知らない場合は、英単語は、結構ひたすらに気合いで、暗記しなくてはいけないですよね?

初見の英単語とかは、なかなか連想するのは、コツを掴んだり知識がない限り難しいですよね?

しかし、古文単語は、あくまで『日本語』です。

現代の日本語にも繋がるものが多くあります。

英単語とかに比べて、古文単語には「漢字」という連想して、意味を想像できるヒントがあります。

古文単語は漢字表記を見ると分かる場合が多いです。

例えば「めづ」という古文単語は次のような意味があります。

めづ
  1. ほめる
  2. 感動する
  3. 気に入る

この3つの意味だけ見ると何のことやらって感じですけど、「めづ」=「愛づ」というのを見ると3つの意味のどれもがしっくりくるのではないでしょうか?

これはちょっとしたテクニックですが、漢字というのは基本的にはきちんとその単語の意味に沿って当てはめられているものです。

だから、単語帳の漢字表記の部分をチェックするだけで圧倒的に覚えやすくなるはずです!

これは、英語とかの暗記ではできないことです。

現代の日本語に繋がっているからこそ、古文単語は、意味を覚えやすいものが多いです。

古文単語張は、一冊で十分。

古文単語張は、一冊で十分。「古文単語の暗記は、楽である」とここまで書いてきました。

しかし、だからと言って、単語帳は何でも良いというわけではありません。

ポイントを抑えた古文単語帳を選ぶ必要があります。

単語帳選びのポイント
  1. 漢字が載っている
  2. 例文が載っている
  3. 解説が詳しく載っている

これらを網羅した単語帳を使うことをオススメします。

以上のポイントを抑えた古文単語帳は、「マドンナ古文」「読んで見て覚える重要古文単語315」です。

どちらの単語帳も、各単語に詳しい解説が載っていて、1つ1つの単語を暗記するのに、工夫が沢山されています。

そして、古文単語帳は、何冊もやる必要はなくて、一冊を徹底的に暗記をしていきましょう!

どの単語帳も、受験で出題される古文単語を分析して作られているので、一冊を徹底的に攻略すれば問題ありません。

暗記のポイントは、英語と同じ「反復」

暗記のポイントは、英語と同じ「反復」

古文単語は数は少なくて、楽だとはいえ、もちろんある程度は単純に覚える部分もあるので、やはり基本となるのは「反復」です。

暗記の効率を10倍にしてくれる方法が詰まっている「記憶の方程式」

詳しい反復の仕方については、以前の記事で紹介しているので、そちらを見てほしいのですが、「軽く何回も」反復して覚えていきましょう。

最強の古文単語暗記法

最強の古文単語暗記法

ここから具体的にどのように古文単語を暗記していけばいいのかを、徹底的に解説していきます。

実際に、早稲田に合格した僕もしていた古文単語の暗記法です。

暗記法①「コアを掴む」

暗記法①「コアを掴む」

古文単語って1つの単語に複数の意味があったりして、暗記が大変だったりしますよね?

例えば、入試でも頻出の「おかし」という単語です。

「おかし」の意味
  1. 美しい
  2. 素晴らしい
  3. 趣がある
  4. 興味深い
  5. こっけいな

現代人からすると、ちょっとイメージしずらい意味ばかりですよね?

でも実は、この5つをひっくるめて、コアを掴んで覚える方法があるんです。

例えば「おかし」の場合だと、明るくて知性的な美というのがコアにあたります。

もうちょっとわかりやすく言うと、当時のインテリっぽい人が「これいいね~」っていう感覚です。

大本となるコアの意味を知っておくのが大切なのです。

コアを掴むポイントの1つとしては、古文単語の漢字表記を見ると分かる場合が多いです。

例えば「めづ」という古文単語は次のような意味があります。

めづ
  1. ほめる
  2. 感動する
  3. 気に入る

「めづ」=「愛づ」というのを見ると3つの意味のどれもがしっくりくるのではないでしょうか?

こういった使い方もするため、古文単語帳には、漢字が載っているものを選ぶべきです。

暗記法②「例文も徹底的に利用する」

暗記法②「例文も徹底的に利用する」

僕がおすすめする古文単語帳の「読んで見て覚える重要古文単語315」には、「例文」がついています。

多くの古文単語帳に、例文は載っているのですが、たまに例文が載っていないものもあるので、注意が必要です。

例文を徹底的に利用するのは、なぜかというと、「入試で出題された文章」からの抜粋の場合が多いからです。

英語と違って、古文の出典の数は、もう今後増えることはないし、限りがあります。

そのため、受験では、同じ出典の文章が、複数大学で出題されることがあります。

例文を徹底的に利用して、例文ごと単語を理解することができたら、本番の試験でその文章が出題される可能性もなくはありません。

有名な文章の中の文章とかだったら、結構複数の大学で出題されたりもするので、古文単語帳の例文を使わない手はありません。

古文の例文を利用する際に、単語の意味を確認するだけではなくて、「前後の単語とかもまとめて理解」がオススメです

例文丸ごと理解しておくと、仮にその文章が受験本番に出題された時に、単語の意味だけではなくて、前後の単語や文章の理解の手助けにもなります。

暗記法③「音読する」

暗記法③「音読する」

古文の勉強で躓く、ポイントの1つとして「文法」がありますね。

古文の文章を1つ例に説明していきます。以下の文章は、「徒然草」の中の文章です。

「世に語り伝ふること、まことはあいなきにや、多くはみな虚言なり」

【訳】世間に語り伝えていることは、真実はつまらないのであろうか、多くはみんなつくりごとである。

単語帳で、単語を「〇〇=意味」のように機械的に暗記をしていると、例えば、以下のように問題で出題された時に対応できなくなります。

問:「あいなし」を適切な形に直して、(  )に入れよ。

「世に語り伝ふること、まことは(あいなし→    )にや、多くはみな虚言なり」

仮に、「あいなし=つまらない」と暗記をしていても、この問題は文法の知識がないと、理解できないですよね?

文法を文法の勉強の時に、一緒にやるっていうのもいいのですが、それだと効率が悪いです。

単語暗記の時にも一緒に文法の感覚を掴んでいきましょう。

そのために、効果的なのが「例文を音読する」です。

普段から古文の文章を音読していると、活用とか適切な形に直すときも、感覚的にも予想がつきやすくなります。

現代語でわかりやすく説明するとしたらこんな感じです。

私は、走りことが好きです。
→「走り」ことって何か違和感!
→これは「走り」ことではなくて、「走る」ことだな!
→「私は、”走る”ことが好きです」が正しい文章だ!

普段から古文の例文とかを音読していると、文法の問題を解く時にも、理解がしやすくなるし文法上間違っているものに違和感を持ちやすくなります。

単語暗記を攻略して、差をつけろ!

古文単語暗記を攻略して、差をつけろ!

今回は、古文単語を効率的に暗記していく方法を紹介していきました。

具体的な方法をまとめ直すと、以下の通りです。

  1. 暗記法①「コアを掴む」
  2. 暗記法②「例文も徹底的に利用する」
  3. 暗記法③「音読する」

これらの暗記法を、実際に勉強にどんどん取り入れてみてください!

まずはどの単語帳にするのか1冊決めて、その単語帳を徹底的に使い込んでいきましょう!

 

 

 

偏差値アップ学習術25選

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた
スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2021 All Rights Reserved.