勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】138個の効率化勉強法の解説講義(音声)を期間限定で公開!

勉強がつらい!やる気がでないひと必見!今すぐモチベーションをあげる方法11選

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

みなさんは勉強のモチベーションが下がってしまったとき、どのようにしていますか?

勉強にモチベなんて関係ないと考えるひともいますが、

嫌々勉強しているよりも、やる気の高い状態で勉強したほうが効率いいに決まってます。

勉強のモチベが上がらずつらい!」「受験勉強のやる気が出る方法を教えて!

今回は勉強のモチベーションを今すぐ上げる方法や、

長期的に維持する方法についてご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

Contents

ぼくが勉強のモチベーションを大切にしていた理由

ぼくは偏差値の低い状態から、短期間で目標であった神戸大学のレベルまで上げる必要があったので、

勉強の効率をとくに重視していました。

どうすれば効率よく暗記できるのか、

集中して勉強の内容を身につけるためにはどうすればよいのか考えたときに、

自分の勉強するときのモチベーションが大きく関わっていることに気づきました。

モチベの高い状態で勉強したときはいつもより進みが早く、

勉強した内容もより長く暗記していられると実感しました。

勉強のやる気が出ない状態でやっても、身につきもせず時間の無駄になってしまっていたのです。

そこで、少しでも勉強のモチベーションを高めて、やる気を出す方法を探してきました。

今回は実際にやってみて効果の感じられた方法をご紹介するので、

ぜひ参考にしてみてください。

勉強のモチベーションが下がってしまう原因は?勉強はつらいもの?

勉強が大好きというひとはなかなかいないでしょう。

好きでないものを長時間やるということは、

モチベーションが下がってしまって当然といえばそうですが、

それでも大学に行く人はやらなければならないものです。

それでは、どんなときにとくにやる気が下がってしまうのか、具体的に見てみましょう。

勉強のモチベが下がる要因 勉強の目的を忘れてしまう

自分の好きではないことをやらなければいけないことは、

これからの人生でもたくさんあると思います。

しかし、そういうときはかならずそれをやることで達成される目的があるはずです。

受験勉強など第一志望に合格するために1年以上も努力していると、

なんで自分が勉強しているのかわからなくなってしまうときがあります。

自分の勉強している目的を忘れてしまっては、

モチベーションは下がり続けてしまうのです。

勉強のモチベが下がる要因 勉強しても成績が伸びない

受験に合格するために勉強を頑張ろうと

毎日遊ぶのも我慢してしっかりと勉強していたのに、

定期テストや模試でいっこうに成績が上がらなかったら

だれだってやる気は下がってしまいますよね。

勉強を始めたからといって、すぐに成績が上がるわけでもありませんが、

そのような場合は、間違った勉強法をしているかもしれません。

大学受験には目標の第一志望に最短で合格するための勉強計画と、

より効率的な勉強法が重要となってきます。

頑張って勉強しているのに成績がなかなか伸びないという方は、

ぼくが出している勉強教材をぜひ参考にしてみてください。

勉強のモチベが下がる要因 周りの友達がまったく勉強していない

受験期に入っても目指す大学は人それぞれで、受験勉強を始める時期もバラバラです。

自分の目指す大学が決まって、家や学校でも勉強を頑張ろうとしても、

周りの友達が全然勉強していなくて、遊びに誘われたり、

逆に勉強している自分をからかってきたりするかもしれません。

そんなことされたら勉強のモチベーションが下がってしまいますよね。

上手に友達と勉強を両立させるのが1番いいとも思いますが、

どうしても難しいなら自分が行きたい大学に合格するのと、

今の友達どちらを優先するべきか考えてみてください。

勉強のモチベーションを今すぐ上げて勉強する方法6選

ここからは具体的に勉強のモチベーションを上げる方法を紹介していきます。

最初に、今すぐ勉強のやる気を出して勉強に集中する方法から説明していきます。

定期テストが近かったり、受験勉強をしないといけないのに、

やる気がでないひとはぜひ参考にしてみてください。

今すぐ勉強のやる気を出す方法 今勉強している目的を思い出す

定期テストが近かったり、受験生なんだから勉強しないといけないと、

なんとなくは誰でも理解しているはずです。

それでも勉強のやる気がでないのは、より具体的な目的を考えていない、また忘れているからです。

今勉強しているのは何のためか、

「定期テストでいい点数を取りたい、具体的に学年20番以内に入りたい」

「第一志望の大学に合格するため、英語で何点以上取るために今この教材をしている」

このように具体的に考えていくことで、やらなければという気持ちになれます。

これは短時間でかんたんにできることなので、ぜひやってみてください。

今すぐ勉強のやる気を出す方法 タイマーで時間を測ってテスト形式にする

勉強のモチベーションが下がって困るのは、

だいたい家で勉強しているときではないでしょうか。

家で勉強していると緊張感が生まれないので、

勉強するやる気も起きにくく、すぐに集中が切れてしまいやすいです。

そこでおすすめなのが、タイマーで時間をセットしてテスト形式でやるということです。

そうすればその間は勉強に集中ができますし、

いつもとは違った形式でやることでモチベーションがあがったりもします。

今すぐ勉強のやる気を出す方法 勉強場所を変える

家で勉強しようとしてもモチベーションが上がらない場合は、

家でダラダラしているよりも外に出て、塾や図書館の自習室に行くのもおすすめです。

外に出ることで気分転換にもなりますし、

自分が勉強するしかない状況に持っていけば自然と勉強のモチベも上がってきます。

また周りの人も勉強している環境なら、自分もやらなければという気持ちになれます。

今すぐ勉強のやる気を出す方法 眠いなら仮眠を取る

勉強のやる気が出ないことの要因の一つに、眠たいからというのもあります。

そんなときは、無理して勉強せずに一度短い仮眠を取りましょう。

このときに注意してほしいのが、

  • 仮眠はベッドではなく机でする
  • 仮眠は15分で起きる

この2つを守ってください。

ベッドで寝てしまうとアラームで目が覚めても起き上がれないことがあります。

また、15分以上寝てしまうと逆に頭がぼーっとしてしまうので、

仮眠は15分だけと決めておいてください。

上手に仮眠を取れるようになれば、

頭がスッキリとした状態で勉強でき、勉強のモチベーションも上がりますよ。

今すぐ勉強のやる気を出す方法 モチベの上がる好きな曲を聞く

これは個人的に好きでやっていたのですが、

勉強のモチベーションが下がってしまったときは、

自分のモチベの上がる好きな曲を1曲、何もせずに爆音で聴いていました。

音楽を聞きながら勉強するのではなく、ただ目をつぶってその曲を聴いて、

自らテンションを上げていました。

好きな歌手や音楽が好きなひとはぜひやってみてください。

今すぐ勉強のやる気が出る方法 勉強のあとにご褒美を用意しておく

これはシンプルな話で、遊んでから勉強するのではなく、勉強してから遊ぼうということです。

先に遊んでしまうと、疲れてやる気がなくなったり、

ついつい遊び過ぎて勉強をやる時間がなくなったりしてしまいます。

受験生に遊んでいる時間なんてないと考えるひとは、

べつに遊びでなくても、勉強が終わったら美味しいごはんを食べるだったり、

お風呂が好きな人はお風呂に入るなど、自分なりのご褒美を考えてみてください。

勉強のモチベを長期的に維持する方法5選

次に大学受験のモチベを長期的に維持する方法をご紹介します。

大学受験は第一志望合格のために、高校生活の1年以上を勉強に費やします。

目標に向かって長期的にモチベーションを維持することは難しいことなので、

ぜひ参考にしてみてください。

勉強のモチベを維持させる方法 目標を紙に書いて貼っておく

長期的な目標だと、努力の過程でその目標を見失いがちです。

そこで、ぼくは自分の目標である「神戸大学に絶対に合格!」

ということを紙に書いて勉強机の前の壁に貼っておきました。

そうすることで勉強していて疲れても、

貼ってある目標の紙を見ればまた頑張ろうという気持ちになれます。

ここで一つアドバイスがあって、紙に目標を書くときは、

太いマッキーなので濃く大きく書くことです。

シャーペンなどで薄く小さく書くのではなく、

大きな字で自信たっぷりに書くようにしましょう。

勉強のモチベを維持させる方法 長期的な勉強計画を立てる

大学受験に合格するために1番重要なものは、

長期的な勉強計画を立てることだと考えています。

勉強計画を立てておけば自分のやるべきことがひと目で分かり、

毎日の勉強のモチベーションにもつながります。

しかし、勉強計画を立てるときは合格から逆算してつくる必要があり、

間違ったやり方で年間の勉強計画を立ててしまうと、

その時点で合格できる可能性が大きく下がってしまいます。

そこでぼくの教材の中で、

勉強計画を立てるために絶対に知っておいてほしいことを

まとめたのでぜひ参考にしてもてください。

勉強のモチベを維持させる方法 自分の部屋を勉強部屋に変える

家ではなかなか勉強のやる気が出ませんが、

受験生にとって家で勉強できないのは、

ほかのライバルたちにどんどん差をつけられてしまいます。

なので家でも集中して勉強できる環境をつくる必要があります。

そこでおすすめなのが、自分の部屋を勉強専用の勉強部屋に大変身させてしまうことです。

家で勉強するやる気が起きないのは、

日常生活を送っている場所であるため緊張感がなく、

勉強を邪魔する誘惑がたくさんあるからです。

なので自分の部屋を勉強に関するもの以外全部片付けて、

自分の部屋では勉強だけするようにすれば嫌でも家で勉強できるようになります。

最初は慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、

下剋上で合格するためには大きな変化が必要です。

家で勉強するための方法を紹介した記事もあるので、ぜひ合わせて見てみてください。

勉強のモチベを維持させる方法 勉強を一緒に頑張れるライバルをつくる

勉強を孤独に続けることはかなり精神的にも厳しいことです。

そこで一緒に勉強を競えあえるライバルをつくることがおすすめです。

受験において周りの環境も大切で、

モチベの下がる要因として全然周りの友達が勉強しないということを挙げましたが、

その友達と一緒にいてもいいけど、新たに勉強を頑張り合える友達を作るのもいいですね。

受験は団体競技と言われるように、一人ではこころが折れてしまうこともあるので、

ぜひライバルを見つけてみてください。

勉強のモチベを維持させる方法 周りに自分の目標を公言する

最後のモチベーションを長期的に維持させる方法としては、

家族や周りのひとに自分の目標を公言するということです。

そうすることで、周りのひとから応援されてやる気が上がったり、

公言したからには絶対に合格しなければいけないというプレッシャーから、

勉強に向かわせてくれます。

ここで注意してほしいのは、人によっては「絶対に無理だろ」

と意味のない全否定をしてくるひともいるので、

自分のことを応援してくれるようなひとに公言するようにしましょう。

モチベーションが上がらないときにおすすめな勉強科目

どうしても勉強のやる気がでないときには、

とりあえず椅子に座って教科書を開いてみるというのも一つです。

勉強でやる気が出ないのは最初のやりはじめだけなので、

軽く勉強しているうちに勉強のやる気が上がるということもあります。

そこで勉強の最初の科目としておすすめなのは、英単語や社会などの暗記科目です。

数学など頭を使わないといけない難しい問題は、

しっかりと集中していないと解くことができず、よけいにモチベが下がってしまいます。

なのでやりやすい暗記科目からやっていってみてください。

まとめ

いかがでしたか。今回は勉強のモチベーションを上げる方法をご紹介してきました。

勉強を効率よくやるためにはモチベの高い状態でやったほうが絶対にいいです。

勉強がつらくて、やる気の出ないというひとはぜひ参考にしてみてください。

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2019 All Rights Reserved.