大学受験勉強をいつから始めるかで、合格率がどう変わるか

計画の立て方

学受験の受験勉強は
いつから始めたらいいのか?

これって、受験生にとって
けっこう重要ですよね。

部活もあるし、学校もまだ授業あるし、
でも、受験勉強もやらないと不安だし、
でも、忙しいし・・・

そこで、受験勉強をいつから始めるかで
合格率がどんな風に変わるかを一緒に見ていきましょう!

受験勉強を始めるのは
早ければ早い方がいい

そんな当たり前の話、正直分かりきってます。

ですので、そんな議論は
今回のブログではやめにしましょう。

ですので、ここから先は

  • 気づくのが遅くなってしまった
  • そろそろヤバイかもと思ってる
  • 勉強し始めたけど、サボりたくなる

などなど、正直、まだ受験勉強に
打ち込めてない人に読んで欲しいと思っています。

 

受験勉強を始める前に・・・
あなたはいつから受験生?

果たして、この質問に
あなたはどのように答えてくれるでしょうか?

  • 授業を習い終わったら?
  • 塾に通い始めたら?
  • 部活が終わったら?
  • 学校が受験ムードになったら?

いやいや、そんなことはありません。

 

受験のことを気にし始めたら
すでに受験生の仲間入り

だと僕は思っています。

実際、今のあなたはきっと
受験勉強のことが気になっているはず

だから、こうやって受験勉強のことを教える
僕のブログを真剣に読んでくれてるんですよね。

だったら、もうすでにあなたは「受験生」です。

その意識を持ってください。

「よーい…ドン!」と言って
みんな一斉に受験生にはなりません

高校1年生の7月とかでも、
受験勉強のことが気になっていたら受験生だし

高校3年生の10月でも、
受験勉強のことが気になってなかったら受験生ではありません。

受験生として動き始めた時が
あなたの受験生記念日です。

 

では、

受験生記念日(受験勉強の開始日)をいつ迎えるか
受験勉強をいつまで遅らせても大丈夫なのか

その合格率はどう変わっていくのでしょうか?

 

大学受験の受験勉強の
始める時期と合格率の関係性

実は、この関係性についてはこんなデータがあります。

難関大受験者(合格も不合格も)に聞いた!
『いつから受験勉強を始めたのか』

【合格者】

  • 高1で始めた…29.1%
  • 高2で始めた…40.8%
  • 高3の1学期で始めた…21.8%
  • 高3の夏以降で始めた…8.3%

【不合格者】

  • 高1で始めた…14.5%
  • 高2で始めた…41.3%
  • 高3の1学期で始めた…29.7%
  • 高3の夏以降で始めた…14.5%

東進ハイスクール調べ

 

さて、これを見て、
あなたはどう思いますか?

 

正直に言いましょう、僕は、、、

 

受験勉強を始める時期は…
ほとんど関係ない!

と、思いました。

そりゃ早い方がお得でしょう。

ですが、早ければ100%合格できるか
といえば、そんなことはありません。

 

ですが、たった1つだけ、
ハッキリしていることがあります。

結局、大学受験の勉強は
いつ始めてもしんどいです

だからこそ、早く覚悟を決めた方がいいんです。

逆に、早く始めなきゃ落ちるからといって
無理矢理、勉強させられたところで成績は全く伸びません。

自分から勉強しないんですから、
それは結果にはならないんです。

 

逆に、「よし!始めるぞ!」と覚悟を決めて
受験生にしっかりと変化した人は

メキメキと実力をつけて
模試の結果もぐんぐんと伸びていきます。

 

実際、僕も受験勉強を始めた時期は
高校3年生になる直前(2〜3月)でした。

ですが、、、

高1から受験勉強をしてた人を
余裕でグイッと追い抜きました

それぐらいは、実は可能です。

あなたも今から始めても
絶対に間に合います。

覚悟を決めて、思い切って
受験勉強を始めてくださいね!

具体的に何から始めたらいいか
よくわからないという方や、

もっと詳細な方法論を知りたい方は
他の記事やメルマガで学んでみてくださいね!