勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】138個の効率化勉強法の解説講義(音声)を期間限定で公開!

高3から受験勉強しても間に合わない!?高3夏からでも間に合わせる勉強法を紹介!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

高3まで全然勉強してなくて、受験勉強が間に合わないと焦っているひとも多いと思います。

今回は高3や夏から受験勉強をして間に合わせる方法について紹介していきます。

高3から受験勉強しても間に合わないの?

高3の夏から大学受験に間に合う勉強法をお教えて!

こんな疑問をお持ちのひとは、ぜひ参考にしてみてください。

高3春から受験勉強だと遅い?一年間では受験勉強が間に合わない?

結論から言うと、高3のはじめからやれば大学受験までに全然間に合います!

もちろん、現在の実力がかなり低いにも関わらず、難関国公立を目指す場合、

間に合うかどうかはそのひとの努力次第ではあります。

ぼくも偏差値がかなり低いところから、神戸大学を目指したのでかなり大変ではありました。

しかし、大学受験に間に合わないと嘆いていても意味はないので、

今からどう行動するかによってすべて決まってきます

これから具体的に1年でどうすれば下剋上合格できるのかを紹介していきますので、

受験勉強が間に合わないと焦っているひとはぜひ参考にしてみてください。

高3春から受験勉強を始めるひとの勉強法

今まで学校の勉強もおろそかにしていて、学校の成績も平均以下だけど、

行きたい大学が見つかったから今から受験勉強を本格的に勉強したい!

でもいざやり始めようと思っても何からやればいいのかわからないですよね。

受験までの残り期間が短い人はよけいに、間に合わないのではないかとむだに焦ってしまいます。

受験勉強において逆転合格を目指すためには、効率的な勉強法と適切な勉強計画が不可欠です。

それでは具体的に見ていきましょう。

大学受験への年間勉強計画を立てよう!

受験勉強が間に合わないと思っているひとで、

具体的に試験当日まで残り何日あるか調べたでしょうか。

実際の日にちもわからないで漠然と焦っていても仕方がありません。

まずは残りの時間を調べて、試験当日までに合格点に達するための年間勉強計画を立てましょう。

勉強計画というとその日の分だけ作ってしまいがちですが、

  1. それでは受験に合格するための勉強計画とは言えません。

より長期的な目で勉強計画をたてることが重要ですが、

これはけっこう難しく、間違った勉強計画を立ててしまうと、

その時点で合格の確率が大きく下がってしまいます。

その人にあった勉強計画をつくるためのノウハウをまとめたぼくの教材も作ったので、

ぜひ参考にしてみてください。

志望校の過去問を解いてみよう!

受験勉強を始める段階で最初にやるべきことは、

志望校の過去問を実際に解いてみることです。

今まで全然勉強してこなかったひとが解けるわけもないので焦る必要はなく、

これは具体的にどの段階のレベルに達すればいいのか理解するための大事なことです。

実際に時間を測って過去問を解いていくのはかなり大変ですが、

本当に合格したいのなら、現実逃避せず今の自分の実力をしっかりと把握しましょう。

受験勉強に間に合わないと焦らず基礎を固めていこう!

今まで勉強してこなかったひとは、まず基礎固めをやっていきましょう。

基礎がなければどれだけ勉強してもなかなか成績は上がっていきません。

英語なら単語や文法の勉強をしたり、数学なら各分野の基本的な解法を学んでいきましょう。

最初の基礎固めでは成績は急激に上がったりはしませんが、

焦ることなく自分を信じてしっかりとこなしていきましょう。

高3の夏から受験勉強しても間に合わない?

部活を高3の夏までやっていて、引退してから受験勉強を始めるひともいると思います。

高3の夏から受験勉強して間に合うのかと焦ってしまいますが、

正直間に合うかどうかは誰にもわかりもせん。

いまからどれだけ本気で勉強に取り組むか次第です。

実際に、部活を高3の夏までやっていて、

それから必死に勉強して難関大学に合格しているひともたくさん知っています。

しかし、高3の夏から勉強して逆転合格するのはかなり厳しいのが現実で、

今までの部活の時間をすべて勉強に当てるような気合がないと難しいでしょう。

本当に合格したいという思いがあれば、自然と間に合うと思いますよ。

高3夏から受験勉強して合格するためには?

基本的にやることは同じで、勉強計画を立ててそれに従ってやっていきます。

このときに焦って無理な勉強計画を立ててしまわないように注意してください。

時間がないと焦って基礎固めをする勉強をおろそかにしてしまいがちですが、

参考書など1冊決めてそれを短期間で3周やる勉強で基礎を固めるなど工夫してやりましょう。

志望校の合格最低点を調べて合格への最短ルートを見つけよう!

大学受験に合格するためには、合格最低点を取れば合格できます

当たり前のことですが意外と気づいていないひとも多いのではないでしょうか。

試験までの期間が残っていないひとは、まず志望校の合格最低点を調べて、

合格最低点を取るためになにをすればいいのかを考えながら勉強計画を立てていきましょう

もちろん年によって合格最低点は変わりますので、多少は余裕を持つ必要はありますが、

このような考え方は大事なので覚えておいてください。

高3の夏まで部活がある人はスキマ時間を活用しよう!

まだ部活のある人は、勉強している時間がないかもしれませんが、

スキマ時間を有効活用するようにしましょう。

通学中の電車の中やお昼休みなど、

ちょっとの時間でも英単語を覚えたりする姿勢が大事です。

いざ受験勉強を開始するときに基礎が多少でもあるのかどうかで、

おおきな差となってなってきます。

部活で大変だと思いますが、行きたい大学があるならスキマ時間も活用しましょう。

いつから受験勉強を開始するのがベストなのか?

結論から言うと、正直人によって変わってくるので正確な時期は言えません。

しかし、いつから始めてもその人が志望校に合格するためにやるべき勉強量は変わりません

つまり、早い時期からやり始めれば余裕を持った受験勉強となり、

逆にやり始めが遅ければ、一日ずっと勉強しないといけないようなハードな受験生活となるでしょう。

そのため志望校は早めに決めて、合格するための勉強計画を立ててしまうのがおすすめです。

受験当日数ヶ月前に間に合わないと感じたひとへ

受験まで残り期間が少なく、どう考えても間に合わないと感じたら、

やるべきこととしては2つ考えられます。

1つは受験科目の少ない私立の大学に志望校を変えたり、滑り止めとして併願することです。

高3のから科目数の多い国公立を目指すのはかなり大変なので、

私大を目指すというのも1つの選択肢だと思います。

2つめは浪人覚悟でそのまま志望校を変えず、勉強量を増やすということです。

かなりきついと思いますが、受験の成績は最後までどうなるかわからないので、

最後に成績が伸びると信じて勉強するのも1つの選択肢です。

自分にとってどっちがベストなのかしっかり考えてみてください。

大学受験が間に合わないと焦っているひとへ

いかがでしたか。今回は受験勉強が間に合わないと焦っている人へ、

その勉強法を紹介してきました。

何度も言いましたが、むだに間に合わないと嘆いていても何の意味もありません。

正確な残りの日数を出して、あなたが今からどれだけ努力するか次第なのです。

また、一人で悩んでいてもしかたないので、先生や家族に相談してみてもいいですね。

ぜひ最後まであきらめずにがんばてください。

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2019 All Rights Reserved.