英語の教科書の全訳って意味があるの?コスパのいい英語勉強法

デキる人の勉強法

英語の授業でよく宿題として
出されるのが「教科書の全訳」。

正直、量も多いし
模試とかにつながってる実感が
得られないから

「こんなことをして本当に
意味があるのかな?
英語の実力上がるの?」

そう感じるときもありますよね。

 

実は、もっとコスパのいい
英語の勉強の仕方が
存在するのです。

 

文章の和訳=「精読」は大事だけど…

もちろん、英語を日本語に
訳すという作業自体は

英語の勉強をする中で
必要不可欠なものです。

 

よくネットとかでも
「速読術」なるものを
宣伝している人はいるけど、

ぶっちゃけ一文一文が
正確に読めないと
速く読むも何もないのです。

 

だから、あくまで
和訳をすること「自体は」
必要なことなのです。

 

全部の英語を訳す必要があるのか?

ただ、そうはいっても
何から何まですべてを訳す
必要はありません。

 

だって、教科書の英文の中にも
”This is a pen”と同じレベルの
訳文を書く必要さえないものから

それこそ入試によく出るような
ちょっと難しい表現や構文の
文が混じっていたりします。

自分でじっくりと時間をかけて
和訳の練習をしたいのは
ちょっと難しい方ですよね。

 

だから、単純に教科書を
全部和訳するのは効率が悪い
のです。

なので、普通に全訳をしてばかりだと
中々英語の実力が身につかず

いつまでも模試の英文に苦しみ
偏差値も伸びないまま時間だけが
過ぎていくのです。

 

だから、実際に自分で
「どこが訳す意味のある文か」
がわかればベストなんですけど

そんなこと普通の高校生には
とてもじゃないけど無理ですよね。

だから、ちょっとやり方を
変える必要があるのです。

 

教科書ガイドを買うのもアリ

まず、宿題として全訳を
やらなければいけないのなら

教科書ガイドを買って
それを丸写しするのだって
正直アリだと思ってます。

 

そうすれば、ただ単に
知らない単語を調べる時間も
節約できます。

授業の予習で辞書を引いた単語って
大して覚えていないことが
多いじゃないですか。

だから、そこは変に罪悪感を
感じなくても大丈夫。

 

ちょっとお金がもったいない
と思うかもしれませんけど、

大して訳す意味のない文に
取り掛かっている
時間をお金で買うと思えば安いですよ。

時間をゲットするために
お金を使うという考え方も
持っておくといいですね。

 

和訳の練習は問題集で

そして、本当に大切な
和訳する意味のある文だけを
集めたのが問題集や過去問。

入試で出てくる和訳問題って
たいていの場合、重要な表現や構文が
入ってることが多いんです。

逆に、だから問題として
出されるわけでもありますが。

 

だから、そういう「濃い」英文が
詰まった問題集で和訳の練習を
すればいいんです。

授業の全訳課題は教科書ガイドに
任せておくとして。

 

どういう問題集をやればいいのか
というと、基本的には
「英文解釈」の問題集。

中でも長く使われていて
間違いがないのが
「英文解釈の技術」シリーズ。

⇒Amazonで見てみる

 

こういうガッツリとした和訳って
学校の授業ではあまりやらないので
自分でやる必要があるんですね。

ぜひ1問ずつでもいいので
少しずつ英文解釈の問題集を
やるようにしていきましょう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

英語の勉強はとにかく多いからこそ
重要な勉強にフォーカスする
ことが何よりも大切。

教科書の全訳をやめて
英文解釈の問題集に力を注ぐ
のもその一つですね。

 

まずは書店に行って
教科書や英文解釈の問題集などを
見に行ってみましょう!