英語のリスニングの勉強は聞かずにしゃべれ!英語脳構築の第一歩

デキる人の勉強法

センター試験とかで出る
英語のリスニング問題

正直速すぎる発音も意味が分からず
何を言っているのか
サッパリ聞き取れませんよね。

 

そして「聞き流しアプリ」でずっと
英語を聞いてても中々聞こえるように
ならないかもしれません。

実は、英語のリスニングでは
まず聞くよりもしゃべる方が
圧倒的に大事だったりするのです。

 

まずは読んでわかる英語から

さて、本題に入る前に
1つだけ言っておかないといけないことが
あります。

それが、「読んでも分からない英語は
リスニングでもわからない」
というものです。

 

当たり前かもしれないんですけど、
意外とリーディングでさえ難しい英語の
リスニングをしようとする高校生は多いんです。

だって、英語の発音を聞き取れたとしても
その意味が分からなければ
頭に入ってこないですよね。

 

だから、まずはリーディングで
自分がサクサクと読めるレベルの
英文

リスニングの教材にして
練習していきましょう。

 

リーディングと基本は同じ

例えば英文の途中で出てきた
分からない単語や文法、構文は
一個一個調べていくのは

リーディングの勉強と
同じ要領でやればいいのです。

詳しい勉強の仕方については
こちらの記事も参考にしてください。

「単語・文法」では通用しない!あなたが英語ができない5つの理由

 

しゃべれない英文は聞き取れない

そしてついに本題ですが、
リスニングの大前提としては

「自分で発音できない単語、英文は
リスニングで聞き取るのも無理」

というものがあります。

 

これはなぜかというと、
英文の発音の仕組みというのは
そんなに単純じゃないから。

例えば「How are you?」なら
「ハゥ/アー/ユー?」という感じで
発音されることは少なく、

普通は「ハゥワァユゥ」って感じで
音が繋がって発音されます。

 

あるいは、
「put up with(我慢する)」
というイディオムでも

「プットアップウィズ」ではなく
「プッタッウィズ」みたいな感じで
もはやupが消えかけていたりします。

 

挙げていくときりがないのですが、
こんな感じで何分も英文が流れると

普段英語の文章を読むのと同じようには
とても頭で理解するのは難しいですよね。

 

でも、自分で一度でも
発音したことがあれば
その理屈が分かるようになるんです。

例えば、カラオケとかでも
自分が歌ったことのある曲は
より歌詞を正確に理解できますよね。

だから、まずは「口に出す」
というのがリスニングの
勉強の基本なのです。

 

シャドーイングをしよう

そして、音声教材さえあれば
簡単にできて効果の高い練習法が
「シャドーイング」なのです。

シャドーイングというのは、
英語の音声を聞いてそれをコピーして
自分で発音する練習のことです。

最初は一文一文止めながら
でOKです。

 

ここで英文が正しく聞き取れていれば
正しくコピーできるし、

聞き取れていなかったり
リズムがつかめてなければ
コピーできないのです。

なので、自分がどこが聞き取れていないか
見つけるという意味もあるのです。

 

そして、発音は聞き取れるけど
意味が分からないという文章も
出てくると思います。

そういうときはそこの部分をメモして
後からまとめて調べて理解すればOK。

 

これを、一日15分集中してやるだけで
リスニング力はぐんぐん上がっていき

センターでも二次試験でも
英語の音声が驚くほど鮮明に
頭に入ってくるようになります。

ぜひシャドーイングを継続して
やっていきましょう!

 

まとめ

繰り返しになりますが、
まずは自分が読んで理解できる
レベルの英文から始めていきましょう。

そしてできれば、英語の音声と
文章と和訳がセットになった教材があると
ベストですね。

まずは学校で配られたものでもいいので
リスニング用の教材を一つ探すことから
始めていきましょう!