英語の長文が読めない人が勘違いしてる7つの意外な真実

English Laungage
デキる人の勉強法

語を読んでも読んでも
全然英語が読めるようにならない人へ

もしあなたが、学校で習っているような
最短合格が絶対にできない勉強
捨てる覚悟があるのなら、

今すぐにこの記事を読んで、
最短合格に近付く勉強法に切り替えてください。

英語の長文が読めないのは
長文の勉強をしているからです

「はっ!?いきなり何言ってんだよ」

もしかすると、そう思ったかもしれないですね。

でも、多くの受験生が
一番勘違いしているのがこれなんです。

そして、この勘違いのせいで
長文が読めなくなっているのです。

これは大げさな表現なんかじゃなくて、
リアルな話です。

 

もしもあなたが、
「長文読めないなー…」と感じているのなら
まずはこの記事で、正しい勉強法を知ってください。

英語の長文を読む前に、
英語の短文読解が正しくできるか

僕が、最初は長文読解の勉強を絶対にするな
っていうのも、これが理由なんです。

 

というのも、僕もかつてそうだったんですが、

長文が読めない=短文の読み方を知らない

っていうのが一番多い原因なんです。

 

そもそも正しい英語の読み方っていうのが
学校ではほとんど習わないんです。

僕が高校生の頃、
学校の先生にやらされていた勉強は

  • わからない単語の意味を調べる
  • ひたすら全訳を書かせてくる
  • 文法問題を予習として解いてくる
  • いきなり長文を読んで問題を解かされる

などなど、、、

 

今思い返して、考えてみると

なんて無駄な時間を過ごしてたんだろう…
って思ってしまうほど、無駄な勉強でした。

もしもあなたがさっきの勉強法を
少しでも信じて頑張っているのなら、

今日の僕の記事を読んで
そもそも考え方の間違いに気づいてください。

短文読解を正しくするって何?

まずそもそも、英語の読み方っていうのは

あなたが考えている常識とは
かけ離れている可能性があります。

まずは、このチェックテストをしてみて、
当てはまるものを数えてみてください。

 

読める読解力を手にいれる
7つのチェックテスト

  1. 長文は「単語」を覚えれば読めると思う
  2. 長文を読むには、文法書の中身を覚えないとダメ
  3. 長文の読み方は中学の頃から変わらないと思う
  4. 長文問題を解くためには全訳が自分で作れないといけない
  5. 長文を読むのにイディオムの暗記が必要だ
  6. 学校の勉強だけをしていれば長文は読めると思う
  7. とにかく量を読めば長文は読めるようになると思う

 

さてさて、いかがでしょうか?

もしかすると、全部「その通りじゃん!」と
思った方もいるかもしれませんね。

しかし実は・・・

 

あのチェックテストの内容は
全て、英文が読めない原因です。

実はあの内容はは全て勘違いなんです。

本当は、、、

  • センターレベルの英語長文を読むために
    必要な単語量はそんなに多くありません
  • 分厚い文法書の中の7割ほどの内容は
    英語の長文を読むためには必要ありません
  • 中学の頃、長文を読んでいた方法で
    高校レベルの長文を読もうとしても100%読めません
  • 全訳よりもはるかに簡単な日本語が作れれば
    どんな英文も読める力をつけることができます
  • 長文読解をスラスラ読む力を手に入れるためには
    イディオムは絶対に覚えてはいけません
  • 学校(特に自称進学校)で教わる勉強では
    いくら頑張っても英語は読めるようになりません
  • そもそも英文の読み方を知らなければ
    いくら読んでも読めるようにはなりません

 

正しい勉強方法を知るための
勉強効率アップ教材プレゼント

僕のメルマガに登録していただいた方だけに
このブログ以上に詳しく、勉強効率に関して
お伝えして、マスターしてもらうための
独自教材をプレゼントしています。

 

  • 全科目共通の最速勉強法
  • 中学の知識でセンター英語を読む方法
  • 各科目の理想の参考書ルート
  • 参考書の数を極限まで絞る勉強法
  • 少数の参考書で合格する方法
  • 暗記力を最大限まで伸ばす方法
  • 定着度を引き上げる教材

などなど、受験勉強に必要な情報を
全て網羅しています!

興味がある人は、
こちらから受け取ってくださいね!

>>教材受け取りはこちら<<