勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】138個の効率化勉強法の解説講義(音声)を期間限定で公開!

大学受験は塾なしでも合格できる!?大学受験を予備校に行かない独学勉強法!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

塾に通うかどうか迷っているひとたちは、塾でどのようなことをしているのかわからないし、

大学受験を独学で勉できるのではと思っているでしょう。

たしかに頭のいい人たちの多くが塾や予備校に通っているイメージですが、

大学受験を塾なしで独学で勉強して合格しているひとたちも多くいます。

そこで今回は大学受験に塾や予備校に行かないで、

独学で勉強することに関して話していきたいと思います。

塾なしで独学で勉強しようとしているひとはぜひ参考にしてみてください。

Contents

大学受験は塾なしの独学で合格できるのか?

そもそも大学受験を独学で勉強して合格できるのかという疑問がまず浮かびますよね。

これはそのひとの現在の実力や、目指している志望校によっても変わってきますが、

結論合格できるひともいれば、落ちてしまうひともいます。

これは塾に通っているひともある意味同じことです。

ただ、難関大学を目指す場合は過去問の解き方のコツなどがあるので、

完全な独学で合格するのはかなり厳しいというのが現実だと思います。

自分の通っている学校が進学校で、受験の対策をしてくれるところは、

塾なしでも学校の先生をうまく使えば、十分合格を目指せると思います。

塾や予備校に行くメリットやデメリット

たくさんの受験生が塾や予備校に通っていますがそのうちのどれくらいのひとが、

きちんと塾に行くことのメリットとデメリットを理解しているのでしょうか。

親に言われたからとか、友達が通い始めたから自分もなんとなく通っているという人も少なくないでしょう。

どうせ塾に通うなら、塾のメリットとデメリットを理解して、

最大限有効活用しなければもったいないと思います。

塾や予備校のメリット ハイレベルな受験生と質の高い授業が受けられる

学校にはいろんなレベルの生徒がいますから、

標準的なレベルの授業をやるしかありません。

一方で、塾や予備校ではレベルに分かれたクラスで自分にあった授業を受けることができます

また、自分よりもレベルの高い生徒と一緒に授業を受けることもできるので、

自分も頑張らなければという良い影響も受けることができます。

難関大学の場合、大学ごとの対策クラスがあり、

過去問の解くときのコツなど、より実践的なアドバイスをもらうこともできます。

塾や予備校のメリット 自分の勉強計画を管理してくれる

塾や予備校では、自分の志望校にあった勉強計画のアドバイスや、

勉強計画通りに勉強するようにチューターなどが管理してくれます。

ひとは相当な強い意志がなければだらけてしまう生き物です。

一人で正しい通年の勉強計画を立てるのは難しいですし、

きちんと勉強できているか客観的な視点から管理してくれるのもけっこう助かります。

塾や予備校のメリット 快適な自習室が手に入る

塾や予備校に通っているひとは、よく塾の自習室で勉強するようになります。

家には勉強を邪魔する誘惑が多すぎるので、勉強するしかない空間に行くのです。

また、周りも必死になって勉強しているので、

自分もやらなければという緊張感が生まれて勉強がはかどります。

塾や予備校のデメリット 莫大なお金がかかる

塾や予備校に通うためには莫大な費用がかかってしまうというのが現実です。

河合塾などの集団指導塾と個別指導塾でも金額が変わってきますが、

相場としては高3生で年間50~100万円ほどかかってしまいます。

学校の学費と合わせるとほんとうにお金がかかってしまい、

これだけの費用を払えるのは一部の家庭に限られてきます。

そんな中でインターネットの普及と合わさり、

最近は普通の塾に比べたら格安なネット塾なども人気が出てきています。

塾や予備校のデメリット 塾の授業が自分に合っているとも限らない

塾や予備校の授業が必ずしも質が高く、自分にとって有益なものであるとも限りません。

高い金額を出してるのに、英語の授業で答えを配れば済むものを、

長文の和訳解説を永遠とやらされて時間の無駄すぎるという話も聞いたことがあります。

もちろん、基本的には質の高い授業ではあるはずですが、中にはそのようなこともあるのです。

そういった意味では、全国の学生が見る通信授業は必然的に優秀な先生がやってくれるので、おすすめですよ。

塾や予備校のデメリット 家で勉強できなくなる

塾や予備校の自習室などで勉強をしていると、家で勉強できなくなってしまうことがあります。

塾で日中ずっと勉強していて、家に帰ってきたらダラダラしてしまうのはしかたのないことですが、

家で全く勉強できなくなったしまっては、家でも勉強しているライバルとの差が広がってしまうので、

全然家で勉強しなくてもいいというわけではありません。

また、予備校の自習室は浪人生などもいて、

あまりにピリピリしすぎて居心地が悪いと感じるひともいるようです。

塾や予備校のメリットとデメリットのまとめ

いろいろな観点から塾や予備校を見てきました。

実際に素晴らしいメリットもたくさんありますが、

やはり一番イヤなのはあまりに費用がかかってしまうことでしょうか。

それなら独学で大学受験できるなら家計にも優しくていいと感じますよね。

塾なしで大学受験に合格するための勉強法やコツ

ここからは大学受験を独学でやるときの注意点や、

勉強法のコツなど具体的に見ていきたいと思います。

独学で大学受験するときの注意点や難しい理由

大学受験を独学でやることが難しいと言われている一番大きな理由としては、

一人で勉強していこうと思っても、絶対にだらけてしまうことだとおもいます。

また、いざ受験勉強を始めようとしてもなにから始めればいいのかわからない、

どの参考書を使えばいいのかわからないなどの問題も起きてきます。

やはり完全に自分一人の独学で合格を目指すのは難しく、

学校の先生を最大限活用したり、ネットから情報を集める必要があります。

このような問題点を解決するために、独学での勉強法のコツを具体的に紹介します。

大学受験の独学勉強法 しっかりとした勉強計画を立てる

大学受験には必要不可欠だと断言できる勉強計画をしっかりと立てましょう

これは一週間の勉強計画だけを立てるのではなく、

まずは自分が志望校に合格するための通年の勉強計画を立てていきます。

しかし、正しい通年の勉強計画を立てるのはかなり難しく、この時点で間違ったものを作れば合格できる可能性が大きく下がってしまいます。

ぼくが実際に勉強計画を立てるときに注意したことや、

勉強計画表を張り付けてまとめた教材もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

勉強計画があれば今日やるべきことも明確になり、

家でダラダラとしてしまうことも防いでくれるので、かならずつくるようにしてください。

大学受験の独学勉強法 家で勉強できる環境を整える

塾に通わないとなると、自然と家で勉強する時間が多くなると思います。

しかし、家でしっかりと長時間集中して勉強できるひとは少ないでしょう。

そもそも日常生活の場である家は緊張感も生まれにくく、勉強を邪魔する誘惑がたくさんあります。

しかし、これを克服しないことには独学で受験することなど不可能なので、

自分の部屋を勉強するだけの勉強部屋に変えてしまうのがおすすめです。

今まで親の目がない自分の部屋でダラダラしてきたと思いますが、

自分の部屋を自習室に変えることができたら、本当に勉強効率が上がります。

自分の部屋を勉強部屋に大変身させる方法をまとめた記事もあるので、合わせて見てみてください。

https://moo-coach.com/study-at-home/

大学受験の独学勉強法 学校の授業や先生を有効活用する

塾や予備校に行かないのなら、頼れるのは学校の先生だけになります。

学校によっては最低限の授業しかしてくれなかったりするかもしれませんが、

自分の参考書でわからない問題があったら、学校の先生に質問しに行きましょう。

学校の先生だって自分を頼ってくれる生徒に質問されて嫌な気分にはならないでしょう。

学校の先生は無料の塾講師と同じなのですから、質問しなくては損です。

こちらが真剣にやっていればかならず先生も助けてくれるので、

学校の先生は最大限活用するようにしましょう。

大学受験の独学勉強法 大学受験に関する情報はネットから集める

塾に行っていない分、他の生徒よりも受験に関する情報は入ってきません。

しかし受動的な姿勢ではなく、自分から集めようとすれば、

今の社会、情報なんてネット上にいくらでも転がっています。

ネット上の情報が100%正しいわけではないので、

いくつかサイトを見る必要がありますが、自分で情報を探すというスキルも身につきます。

ぜひいろんなサイトを見て、塾などでは教えてくれない情報などもあるので、

効率的な勉強法などを身につけてみてください。

大学受験に独学で成功できるひとと失敗するひとの違い

ここまで塾に通うことと、独学で勉強することの両方を見てきましたが、

少しずつ大学受験で成功できるひとと、失敗してしまうひとの違いが見えてきたひともいるかも知れません。

大学受験を独学で成功するひとはどんな人物なのか具体的に見ていきましょう。

大学受験を塾なしの独学が向いている・成功できるひと

塾に行かなくても独学で大学受験に成功できそうな人物像の特徴としては、

  • 志望校に合格したいという強い意志がある
  • 自分から能動的に行動できる
  • 学校に頼れる先生がいる
  • ポジティブな理由から塾に行かないで独学で勉強

この4つの特徴があると考えられます。

まず自分で勉強を続けるためには、志望校に合格したいという強い意志が不可欠です。

さらに自分でネットを使って情報収集したり、やるべき勉強を決める必要があるので、

受動的な姿勢ではなく自分から行動できる必要があります。

そして進学校である必要はありませんが、わからない問題を質問できる学校の先生がいるかどうか。

最後に塾に行かないということの理由がポジティブなものであるかどうかです。

塾代のお金を節約して他のことに当てたいだとか、

塾が家の近くになくて通学時間がむだだからなど、

つまり勉強したくないから塾に行かないという理由でなければいいのです。

そんなひとは独学でやっても間違いなく失敗してしまうのは目に見えていますよね。

このような特徴に当てはまる、もしくは頑張っては当てはまるようにこれからするというかたには大学受験を独学で挑んでも大丈夫だと思います。

大学受験を塾なしの独学に向いていない・失敗するひと

大学受験を独学でやるのに向いていないひとは、先ほど述べた特徴に当てはまらない、

もしくは当てはまると断言できるだけの自信がないひとです。

大学受験を独学でやることは決して簡単なことではないので、

塾に通うことも賢い手段ではあります。

なので、もし塾に通わない理由が勉強したくないだとか、

自分でやったほうが楽そうだからというネガティブな理由なら、

独学で失敗する可能性が大きいので、やめてください。

ぜひ自分がどちらのほうが向いているかじっくり考えてみてください。

大学受験を塾なしで受けるひとにおすすめな参考書

独学で勉強する場合、参考書を活用して勉強していくのが主要だと思います。

そこでとくに数学の参考書選びのときに注意してほしいことが、

自分一人でやってわからなくても、見れば納得できる詳しい解説があるかどうかです。

数学の問題集のなかには省略された解説しかのっていないものもあるので、

買う前にしっかりと確認しましょう。

他の科目でも同様に解説が詳しいものを選ぶようにしてください。

レベル別に詳しい解説のついているおすすめの参考書をまとめた教材もあるので、

ぜひ参考にしてみてください。

大学受験を独学で勉強するかどうかは自分にあった方を選ぼう!

いかがでしたか。今回は大学受験の独学に関してお話してきました。

長々となりましたが、結局独学で大学受験に合格できるかどうかは自分次第です。

独学で難関大学に合格しているひともいますし、不合格になるひともたくさんいると思います。

自分が独学でやるのか、塾に通うのかしっかりと考えた上で決断してほしいと思います。

みなさんが無事志望校に合格できることを願っています。

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2019 All Rights Reserved.