運営会社はこちらから

勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】効率化勉強法を期間限定で公開!

偏差値60がどのくらいのレベルかわかりやすく解説!偏差値60の大学や勉強法も

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

模試や大学選びのときに偏差値60という数値がでてきますが、

実際偏差値60がどのくらいのレベルで、受験生の割合的にどうなのかわかりにくいですよね。

そこで今回は偏差値60とはどのくらいすごいのかをわかりやすく解説していきたいと思います。

偏差値60で入れる大学はどこ?」「偏差値60になるための勉強法は?

こんな疑問にもお答えしますので、ぜひ参考にしてみてくだい。

そもそも偏差値とはなにを意味しているのか?

偏差値のグラフ

そもそも偏差値とは何なのか、ここからわかりやすく見ていきましょう。

まず偏差値とは、そのテストを受けた受験生の中で、自分の結果がどのくらいの位置にいるのかを表す数値です。

そのため偏差値は他のライバルと比較して、どのくらいの順位にいるかがわかるのです。

偏差値は平均点がちょうど偏差値50となるように設定し、

その基準からどのくらい離れているかを数値で表したものです。

つまり今回の得点が80点でも、平均点によって偏差値は変わってくるので、

偏差値を上げるためには得点を上げるだけでなく、順位を上げなければいけないのです。

偏差値60とはどのくらいすごい?順位や全体の割合から考えよう!

偏差値がどのようなものか理解できたら、具体手に偏差値60がどのくらいの位置なのか見ていきましょう。

ここではわかりやすく1,000人を対象としたテストで考えていきたいと思います。

下の表は上位から何%か、そして1,000人中の順位を表したものです。

偏差値 上位何%か 順位
75 0.6% 6位
70 2.2% 22位
65 6.6% 66位
60 15.8% 158位
55 30.8% 308位
50 50.0% 500位
45 69.2% 692位
40 84.2% 842位
35 93.3% 933位

偏差値60だと上位からの割合が15.8%、つまり全体順位が158位となります。

こうやって見るとかなり上位にいなければいけないことがわかりますね。

偏差値50だとちょうど真ん中の500位となっています。

偏差値70以上になると上位20人以内に入らなければいけないのですね。

偏差値50から偏差値60まで上げるのは簡単?

今の実力が平均点くらいの偏差値50である人が、

偏差値60まで上げるためにはどのくらい順位を上げなければいけないのか見てみましょう。

先ほどと同じように1,000人が受験したテストにおいて考えてみると、

偏差値50でちょうど500位、偏差値60で158位なので計算すると342人順位を上げる必要があります。

実際の模試などはもっと受験者数が多いので、次の模試で偏差値を50から60に上げようとすることは、

ライバルよりもかなり頑張って勉強しなければいけないのです。

つまり偏差値を50から60に上げることは決して簡単なことではないのです。

偏差値60で合格できる大学はどこ?

それでは具体的に偏差値60で合格できる大学はどこがあるのでしょうか。

その前に、模試での偏差値はなんとなく理解できたとは思いますが、

大学をランク分けしている偏差値は同じ意味なのでしょうか。

結論としては同じなのですが、大学と高校の偏差値では大きな差があることを知っていましたか?

一般に高校のほうが偏差値が高く表示されやすく、

偏差値の差は10~15程度あると言われています。

そのため自分の高校が偏差値60であっても、偏差値60の大学に行けるとは限らないのです。

このような差が生じる原因としては、高校受験をする生徒はレベルの低い中学生もたくさん受験するため、偏差値が高く出やすいのですが、大学になると受験生のレベルも全体的に上がるためです。

そのため偏差値で大学を見るときは、勘違いしないように気をつけてください。

偏差値60~69あれば合格できる国立大学

偏差値が60~69あれば合格できる国立大学としては、

  • 大阪大学経済学部経済学科      偏差値:69
  • 神戸大学法学部法律学科       偏差値:67
  • 京都大学工学部地球工学科      偏差値:66
  • 御茶の水女子大学文教育学部人文学科 偏差値:65
  • 名古屋大学教育学部教育学科     偏差値:65
  • 九州大学医学部生命科学科      偏差値:64
  • 筑波大学人文学部人文学科      偏差値:63
  • 東北大学文学部人文社会学科     偏差値:62
  • 岡山大学法学部法学科        偏差値:60

偏差値60後半だと正直70くらいないと合格できませんが、

偏差値60~69もあれば、多くの難関国立大学に合格できると思います。

つまり偏差値60以上というのは、かなりレベルが高いということがわかりますね。

偏差値60~69あれば合格できる私立大学

偏差値が60~69あれば合格できる私立大学としては、

  • 明治大学法学部法学科 偏差値:69
  • 上智大学経済学部経済学科 偏差値:68
  • 中央大学総合政策学部政策科 偏差値:67
  • 青山学院大学経営学部経営学科 偏差値:66
  • 法政大学文学部地理学科 偏差値:65
  • 関西大学商学部商学科 偏差値:64
  • 関西学院大学法学部政治学科 偏差値:63
  • 近畿大学経済学部経済学科 偏差値:61

偏差値が60以上あると、私立の有名なMARCHや関関同立に手が届くレベルですね。

しかし、私立の場合科目数が少ないため、より専門的な知識が必要であったりもするので、

私立と国立の偏差値を安易に比較するのはよくないでしょう。

偏差値60はセンター試験で考えると何点くらい?

大学の偏差値60のレベルがかなり高いことはわかりましたが、

センター試験で偏差値60というと、何点くらいなのでしょうか?

センター試験の平均点や受験者のレベルによって変わってきますが、

センター試験は平均が6割になるように作られていいるそうなので、偏差値60でだいたい8割くらいと言われています。

センター5教科7科目の合計点数が900点満点なので、偏差値60だと8割の720点くらいになりますね。

センター試験で8割とることの難易度としては結構難しいですが、

たしかに難関国立大学やMARCHに合格するためには8割くらい必要になってきますね。

センター試験で偏差値60の8割をとるための勉強法は?

センター試験で8割をとるのは決して簡単なことではなく、

どの教科でも安定した得点が必要となってきます。

5教科7科目の合計で8割とるのが厳しいのであれば、

科目数の少ない私立を狙ってみるのもいいと思います。

また、センター試験の特定の科目数で8割を超えれば合格が確定する、

センター利用試験を導入している私立大学もあるので、ぜひ調べてみてください。

センター試験の詳しい科目別勉強法については、この記事を参考にしてみてください。

【2020年最新版】センター試験で8割を取るための勉強法を徹底解説!センター対策におすすめ参考書も

偏差値60になるための勉強法やコツとは?

自分の目指したい大学が偏差値60くらいで、

今の実力が平均的な偏差値50から、60を突破するための勉強法についてご紹介します。

ただここで勘違いしてほしくないのは、偏差値60を突破することが目標なのではなく、

自分の志望校に合格することが最終目標であるということです。

偏差値はあくまで目安でしかないということをもう一度確認してください。

偏差値50あるならばある程度基本がなっていると思います。

そこから短期間で偏差値60に上げるための勉強法を見ていきましょう。

まずは偏差値60になるための具体的な点数を考えよう

偏差値はあくまで相対的な評価なので、確実に偏差値を上げるためには、

自分の得点を何点上げなければいけないのか具体的に考える必要があります。

そのために志望校が決まっているなら、その大学の過去問を解いてみてください。

まだ本格的に勉強していないので、解けなくて当たり前なのですが、

今の実力をはっきりさせるために時間をしっかり測ってやってください。

そこから偏差値60に上げるためにはどれだけ点数を上げなければいけなのか、具体的に考えていきましょう。

同時に自分の弱点も見えてくるので、どうすれば最短でその点数を達成することができるかわかってくるでしょう。

偏差値60を達成する期限を決めて勉強計画を立てる

なにかを達成するときの必要条件としては、期限を明確に決めることです。

具体的な期限を決めていなければ、いつかやればいいやという気持ちが生まれ、

いつになっても達成することができません。

志望校で偏差値60とれれば合格できるなら期限は試験当日になりますし、

次のセンター模試までに偏差値60を達成したいなら、次の模試までを期限にします。

期限を定めれば自然と残りの日数がわかりますよね。

残りの期間でどうすれば目標を達成できるのか、逆算して勉強計画を立てていきます。

勉強計画は一日のように短期的なものではなく、長期的な計画でなければ意味がないのですが、

長期的な勉強計画を一人で立てるのはかなりむずかしいです。

勉強計画のときに気をつけてほしいことをまとめたぼくの教材もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

基礎をさらにしっかりと固めていく

今の実力が平均的な偏差値50くらいであるならば、ある程度基本は出来ていると思います。

そこから偏差値60に上げるためには応用問題の練習をすればいいのかと思いがちですが、

けっして基礎的な勉強をおろそかにしないようにしてください

基礎がしっかりとしていれば平均以上の点数は必ずとれるはずです。

また、偏差値60のレベルにするには、すべての分野でしっかりと得点を取らなければいけません。

そのため自分の苦手な分野があるなら、早めに克服できるようにしておきましょう。

自称進学校に通っているひとが気をつけるべきこと

自分の通っている高校がいわゆる自称進学校である人が、

偏差値60以上の大学を目指すときに気をつけてほしいことがあります。

先ほども述べたように、高校と大学では偏差値のでかたに大きな差があるため、

自分の高校が偏差値が高いからといって、同じ偏差値の大学に行けるわけではないということです。

また、ぼくの高校も自称進学校で、やたらと補習が多かったり宿題がたくさん出されていました。

しかし、真面目に授業を受けていたり課題をやれば、大学受験に受かるわけではありません

学校の定期テストでは点数がとれるけど、模試になると成績がでないというひとは要注意です。

学校が受験で合格させてくれるわけではないので、

自分が合格するためになにをしなければいけないのか、しっかり把握しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか。今回は偏差値60についていろいろな角度から見てきました。

偏差値60というのはかなりレベルが高いことがわかりましたね。

また、偏差値というのはあくまで目安でしかないので、

偏差値ばかりにとらわれず、自分が本当に行きたいと思う大学に合格できるように、頑張ってください。

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2019 All Rights Reserved.