勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】138個の効率化勉強法の解説講義(音声)を期間限定で公開!

大学・短大・専門学校の違いを徹底比較!大学のメリットや就職先の違いも

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

高校卒業後の進路をどうするかは、人生で最初の大きな選択です。

大学に4年間通うのか、短大や専門学校で専門的なことを短期間で学ぶのか、

しっかりと考えなければいけませんが、実際何が違うのかよくわかりにくいですよね。

大学と短大の違いって何?」「大学と専門学校どっちがいいの?

こんな疑問にお答えしますので、進路に悩んでいるひとは必見ですよ!

大学・短大・専門学校の違いって何?

高校を卒業したあと、大学に行くか専門学校に行こうか迷いますよね。

そもそも大学がどんなとこなのか、高校生にとってはイメージしにくいと思います。

そこでまずは、各学校がどのようなところなのか、ざっくりと説明していきます。

そもそも大学ってどんなとこ?

大学の定義としては、学術的・理論的な学問を学ぶとともに、

幅広い分野の知識や教養を身につけるための教育機関のことをさします。

定義は難しいので簡単に言うと、自分の選んだ学部の専門分野を学びながらも、

一般教養として様々な分野の勉強もできるところということです。

大学では授業だけでなく、サークル活動やゼミ活動など、

自分の趣味などやりたいことを主体的にできる場所でもあります。

また、春休みと夏休みが非常に長く、なんと一年の約3分の1が休みとなっています。

とても時間があるため、どのような大学生活を送るかはひとそれぞれです。

多くのひとが大学4年で就活をして、卒業後は会社に務めるようになります。

短期大学とは?短大は何年で卒業なの?

短期大学とは、短期間で一般教養だけでなく、

職業や実際の生活に役立つ自分の選択した専門科目を学ぶことができる場所です。

短大は基本的に2年間で、看護などの医療系は3年間となっています。

2年間で多くのことを学ぶので、大学に比べて休みも少なく、とても忙しい生活となります。

一方で、大学よりも実習が多く、より実用的なことを学ぶため、

短大卒業後は、就職して即戦力として働くことができます。

専門学校とは?どれくらい忙しいの?

専門学校とは、専修学校専門課程のことで、

自分のなりたい専門職業の教育を受けることができる場所です。

短大とは違って、専門的な職業教育が大半で、短大よりも実習が多くなります。

そのため遅刻や欠席をしてしまうと、ついていくのが大変になるため、とても忙しいそうです。

専門学校は目指す職業がどのような産業形態に属するかによって、

「工業」「商業実務」「医療」「衛生」「文化・教養」「教育・社会福祉」「服飾・家政」「農業」の8つの系統に分類されます。

専門学校はすでに自分のなりたい職業が決まっているひとにおすすめです。

大学と専門学校、短大の違いを徹底比較!

各学校がどのような場所かざっくりわかったところで、

ここからは具体的に各学校の違いを詳しく比較していきます。

大学と短大、専門学校の学習内容・入学方法・卒業に必要な単位数・卒業後の進路・男女比の違いについて見ていきましょう!

【大学・短大・専門学校】教育内容の違い

大学は実践よりも理論を重視した学問を中心に学び、

自分の専門分野以外にも幅広い学問を学べます。

専門学校では職業と密接に関わる教育を受け、

授業の8割が実習を伴う職業教育となっています。

短大は大学と専門学校のちょうど中間のイメージで、

大学よりも実践的なことを学びながら、専門学校ほど実習は多くありません。

【大学・短大・専門学校】入学方法の違い

大学の一般的な入学方法はセンター試験と大学の入試試験を受ける方法です。

大学によってはセンター試験の点数だけで入れるとこや、

逆にセンター試験は受けなくても大学の入試だけでいい大学もあります。

また、推薦入試やAO入試など筆記のテストが少ない入学方法もあるんですよ。

一方で、短大は全体の75%がAO入試を含む推薦入試であり、

一般入試の方が少数派となっています。

専門学校は多くの学校で書類審査と面接で選考を行っており、

近年ではAO入試を導入している学校が増加しています。

やはり、大学が1番入学するのが難しく、しっかり受験勉強する必要があります。

【大学・短大・専門学校】卒業に必要な単位数

大学は一般的に128単位以上必要で、大学4年間で取得していきます。

医療系の学部では約180以上の単位が必要で、6年間かけて取得します。

短期大学では、2年制なら62単位以上、3年制なら93単位以上となっています。

一方で、専門学校では単位数ではなく時間で計算されており、

通常800時間以上、夜間なら450時間以上必要です。

大学と短大を比較してみると、1年あたりの必要取得単位数は約30単位で、

単位数的には大きな差はありませんが、大学では授業に出なくてもテストだけで単位がもらえるものもあり、

短大では実習が多く欠席はできないので、その意味で短大のほうが忙しくなります。

また、社会に出る年齢の比較としては、

大学が22歳~、短大と専門学校が20歳~となり、大学のほうが2年遅くなっています。

【大学・短大・専門学校】卒業後の進路

大学卒業者には学士という学位が与えられ、

大学卒業後は多くの学生が学部関係なく様々な分野の会社に就職していきます。

3年生の夏から早い人は就活を始めますが、多くの学生が自分のなりたい職業が決まっておらず、

いろいろな業界を比較して自分の就職先を決めます。

少数派ですが、大学院に進学して自分の専門分野をさらに研究するひともいます。

短期大学卒業者には短期大学士の学位が与えられ、

短大卒業後は教育や医療などの専攻の系統の専門職か、専攻関係なしの一般職に就職します。

一方で専門学校卒業者には、2年制の人には「専門士」、4年制の人には「高度専門士」という学位が与えられます。

専門学校卒業後は、専攻分野の職業に就職する人がほとんどとなっています。

【大学と短大の違い】就職先の選択肢や待遇

大学と短大の就職率はともに97%以上と大きな差はありません

しかし大手企業では大学卒を条件としているとこもあり、

短大卒のひとにとって一般職の場合は選択肢が少なくなっています。

また、入社後も初任給の時点で大学卒のひとのほうが高くなっており、

実力も影響されますが、一般的に昇給や出世において短大卒のひとは待遇が少し悪くなっています。

決して短大卒のほうが大卒の人よりも劣っているわけではありませんが、

いまだに学歴社会である日本ではこのようなことがおきてしまうのです。

【大学・短大・専門学校】男女比の違い

男女比がどうなているのかは、けっこう気になる点ですよね。

大学に関しては学部による違いはありますが、平均するとほぼ同じくらいです。

一方で短大は、男女比がほぼ1:9と女子が圧倒的に多くなっています

専門学校は分野によってかなり異なるため、なんとも言えないかんじでした。

大学・短大・専門学校のメリットとデメリット

ここからは実際に各学校に通っているひとから聞いた、

実際に通ってみて感じたメリットとデメリットを紹介していきます。

ぜひ行こうと考えている学校のメリットとデメリットを参考にしてみてください。

大学に通うことのメリット

まず最初に大学に通うことのメリットとしては、

  • 興味のある分野を幅広く学ぶことができる
  • 時間がたくさんあるため、自分のやりたいことができる
  • 設備が充実しており、留学や就職の支援も厚い

大学では必修の授業以外は自分の好きな授業を自由に取ることができます。

そのため興味のある分野の学問を幅広く学ぶことができます。

また、長期休暇や学校のない日が多く、自由に使える時間がたくさんあります。

そのため、バイトやサークルをしたり資格の勉強をしたりなど、

自分のやりたいことに打ち込めることができます。

また図書館やジムなどの設備が充実しており、交換留学などお得に留学することもできます。

さらに、地元で有名な大学では、OBやOGが多くいるため就職に有利だったり、

大学で就活のセミナーがあるなど幅広い選択肢を得ることができます。

大学に通うことのデメリット

大学のデメリットとしては、

  • 学校がゆるい分自己管理をしていないと単位を落として留年する
  • 受動的なひとはなんとなく4年間を過ごして社会人になってしまう

大学にはたくさんの生徒がいますので、一人のことを管理なんてしてくれません。

そのため自己管理がなっていなければ、だらけて授業に行かなくなり、

単位を落として留年してしまうひともいます。

また、時間がたくさんある分、自分からいろいろ挑戦したり行動しなければ、

せっかくの4年間をなんとなく遊んで過ごしてしまうという危険性もあります。

実際多くの大学生がそんなかんじなので、自分の意志がなければ他人に流されて生きてしまいます。

短期大学に通うことのメリット

短期大学に通うことのメリットとしては、

  • 早く卒業して社会に出て自立して生きられる
  • 遊ばずに真面目に勉強する充実した生活が送れる
  • 少人数なので仲間意識が強く、就活もよく相談にのってくれる

短期大学の特徴である2年で卒業して社会に出れるから、短大を選んだというが学生が多いようです。

また、学校も毎日サボらず行けるような真面目なひとが多い印象があるそうです。

大学と比べると圧倒的に学生数が少ないので、顔見知りの人も多くなり、みんな仲が良いそうです。

学生数が少ないため、学校の先生もほぼワンツーマンで就活の相談にのってくれるのもいいですよね。

短期大学に通うことのデメリット

短期大学に通うことのデメリットとしては、

  • 単位数が多くて空き時間も少なく授業が忙しい
  • 学生が少ないため校舎も小さく大学っぽくない
  • 大学卒でないと就職できない会社もある

やはり大学生に比べて、短大の学生はかなり忙しいようです。

短大であっても他の大学のインカレサークルが勧誘に来るので、

サークルに所属しようと思えばできますが、やはり大変そうです。

また、学生数が少ないので校舎も小さく、あまり大学っぽい雰囲気はないかもしれません。

そして1番のデメリットとしては、やはり大手企業などは大学卒でないと就職できないということです。

一般就職をしたあとにあからさまな待遇の違いなどはありませんが、

お給料や昇進のしやすさなどには違いが生じてきてしまうのが現実だそうです。

専門学校に通うことのメリット

専門学校に通うことのメリットとしては、

  • 授業の内容が仕事や資格取得に直結している
  • 実習が多くより実践的な授業が受けられる
  • 同じ分野の夢を持つひとと友達になれる

専門学校はすでになりたい職業が明確に決まっているため、

授業もその職業に必要な内容であったり、資格を取るための対策授業となります。

また実習が多いので、より実践的な授業が受けられ、

卒業後は社会に出ても即戦力として働くことができます。

また、クラスのひとたちは同じ夢を志しているひとたちなので、

趣味が同じであったり話がしやすく、卒業しても同じ業界にいるので一生の友だちとなります。

専門学校に通うことのデメリット

専門学校に通うことのデメリットとしては、

  • 専門的な授業ばかりなので、一般教養は学べない
  • その職業に本当になりたいという思いがなければつらくなる
  • 専門的な職業につくので他の分野の会社に転職しづらい

専門学校では、自分の専攻した分野ばかりをやるので、基本的に一般教養は学べません。

そのため、自分が本当にその職業が好きでなければ、

毎日やる実習などがつらくなてしまう可能性もあります。

また、医療系など専門的な職業につくので、

基本的に他の分野の仕事に転職しづらいということもあるそうです。

大学と専門学校どっちがいい?

ここまで各学校のメリットとデメリットを見てきましたが、

結局大学と専門学校どっちがいいのか決められないひともいると思います。

しかし、大学と専門学校はけっこう対照的で、

自分が絶対にその職業になりたいというひとは専門学校が向いていると思います。

一方でその職業に興味があるけど、そこまでの決心ができていないというひとは、

専門学校ではなく大学、または短大のほうがいいかもしれません。

高校卒業までに自分のなりたい職業が決まっているひとの方が珍しく、

大学在籍中にほかになりたいものが見つかるかもしれません。

とにかく専門学校を選ぶときにはしっかりと決心してから選んでほしいと思います。

大学入試に自信がない人へ

自分は推薦で短大や専門学校に通うつもりだったから、今まで勉強してこなかったけど、

やっぱり大学に行きたいというひともいると思います。

ゼロから大学受験を短期間で成功させるためには、

効率的な勉強法と入試日までに合格点が取れるようになるための勉強計画が不可欠です。

しかし、正しい年間の勉強計画を一人で立てるのはかなり難しく、

間違った勉強計画を立ててしまうとその時点でかなり合格率が下がってしまいます。

そこで僕自身が受験生のときに実践していた勉強計画の立て方や、

効率的な勉強法をまとめた教材をご用意したので、ぜひ参考にしてみてください。

自分のやりたいことで進路先を考えよう

いかがでしたか。今回は大学と短大、専門学校の違いについて紹介してきました。

高校卒業後の進路によって自分の人生は大きく方向づけられます

そのため自分にとって大学に行くのがいいのか、

短大に行くべきなのかじっくり考えてみてください。

大学の方が学費はかかってしまいますが、

将来のことを考えると結果的にどちらがいいのかはわかりません。

ぜひ自分の人生を長期的な目でいろいろ考え、悔いのない選択をしてくださいね。

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2019 All Rights Reserved.