運営会社はこちらから

勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

効率よく勉強する方法まとめ

大学受験勉強、辛いです。不安で死にそうです。

 
大学受験不安で死にそう
この記事を書いている人 - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら

先日、こんな相談を受けました。

受験勉強が、正直本当に辛いです。勉強していても、結果が出なかったらどうしようって考えたり、第一志望で不合格だったらどうしようって考えたりすると、全てが嫌になります。

不安しかなくて、不安で死にそうです。どうしたら良いですか?

大学受験勉強、正直本当に辛いですよね。

僕も現役、浪人と2年間、大学受験を経験していて、大学受験の辛さは痛感しています。

毎日毎日勉強の日々で、正直きついですよね?

周りの友達に相談したくても、その友達も受験勉強に必死で、なかなか相談できないですよね?

そこで、今回は受験勉強中の不安とのうまい向き合い方、不安をうまく対処する方法を紹介していきます。

受験勉強に不安は付き物

受験勉強に不安は付き物

受験勉強中に、何事もなく、悩みも不安もない人はほとんどいません。

毎年多くの受験生の対応をしていますが、受験生は全員不安な気持ちを抱えています。

あなたは、頭がモヤモヤしている状態で勉強に集中することができますか?

おそらく、不安な気持ちとかでモヤモヤしている状態だと集中することはできないと思います。

受験勉強は、不安が付き物です。

真剣に受験勉強に向き合って、毎日勉強頑張れている人ほど、「不安な気持ち」は強くなっていきます。

不安なのは、真剣な証拠です。

どうでも良いことなどは、不安になったりはしません。

毎日不安で辛いあなたへ

毎日不安で辛いあなたへ

もし、今あなたが受験勉強をしていて、「失敗したらどうしよう」とか「不合格だったらどうしよう」みたいに不安でこの記事を読んでいるとしたら、あなたにぴったりの記事になっています。

不安にうまく対処して勉強に集中したり、本番に自分の力を発揮できるかできないかは、合否に直結していきます、

今回の記事では、「研究結果に基づいた不安対処法」を紹介していきます。最後まで読んでみて下さい!

研究結果を紹介した後に、具体的な方法、そして実際に行う際に意識して欲しいポイントを5個まとめています。

ジャーナリングの効果

ジャーナリングの効果

今回の記事では、「ストレスとか不安」をうまく対処する方法で、「ジャーナリング」という方法を詳しく紹介していきます。

この方法の具体的なやり方は、後ほど紹介するのですが、「決めた時間に、頭に浮かぶことを紙にひたすら書く」という方法です。

この方法を聞いて、こんなことを思う人がいるかもしれません。

  • 「紙に書くだけで、不安が解消されるわけないだろ、、」
  • 「本当にそれだけで、効果あるの?」

こんな風に思う人がいても、おかしくないので、今から「ジャーナリング」の効果を証明する、テキサス大学の研究結果を紹介します。

「ジャーナリング」の効果を証明する実験を、テキサス大学のジェームズ教授が研究しました。

研究内容と結果は以下の通りです。
2つの実験をしているので、2つの実験結果を紹介します。

研究①
対象:失業者
内容:5日間、毎日20分間のジャーナリングを実践
→その後8ヶ月間追跡調査を行う。

結果:ジャーナリングをした人たちは、8ヶ月後の就職率が、ジャーナリングをしなかった人たちに比べて、40%も高かった。

考察:就職活動は、ストレスや悩みや不安でモヤモヤしがちなものだが、ジャーナリングをした失業者は、そんな就職活動を乗り切ることができて、見事に就職することができた。

研究②
AとBの2つのグループに被験者を分ける。
A「感情的に大きな影響を受けた出来事を書いてもらう」
B「感情とは関係ない、日常的なことをを書いてもらう」

結果:20分ずつ3日間ジャーナリングを続けた結果
A「感情的に大きな影響を受けたことを書いたグループ」は、B「日常的なことを書いたグループ」に比べて、心身の健康が大幅に向上実験の数ヶ月後でも、血圧の低下、免疫機能アップ、通院回数の減少、幸福感の高まりが続いた。

考察:自分の心の内を紙にひたすら書いて自分の深層に向き合うことで、心身ともによい効果が得られる。

「ジャーナリング」の効果は、この2つの研究結果をみて理解できたと思います。

ストレスや不安が多い、受験勉強においてジャーナリングという方法は、効果絶大の方法なのです。

実際に僕自身も、受験生時代に、毎日夜、寝る前の5〜10分の時間を確保して、「ジャーナリング」をしていました。

ジャーナリングの方法

ジャーナリングの方法

ここまでで、ジャーナリングの効果をまとめていきました。

実際に、この記事を読んでいるあなたも、受験勉強の計画の中に取り入れて欲しいので、具体的な方法を紹介していきます。

具体的な方法といっても、用意するものは、「ノートとペン」だけです。

ジャーナリング専用のノートを作ることをオススメします。

僕も実際、受験生時代は、ジャーナリング専用のノートを作ったりしていました。

いくつかのポイントがあるので、ノートとペンを用意したら、以下のポイントを参考にしてみて下さい!

ポイント①「時間を決めて集中して行う」

まず1つ目のポイントとして、「時間を決めて集中して行う」です。

ダラダラと、ジャーナリングを行わずに、1日5分とかの短時間でも良いので、時間を決めて集中して行いましょう!

その決めた時間は、絶対にジャーナリングにだけ集中をして下さい。

時間を決めずに、ダラダラと行うと、メリハリなくただ時間を浪費してしまうので、注意して下さい。

ポイント②「とにかく手を動かす」

次のポイントは、「とにかく手を動かす」です。

実際に、予備校とかで生徒にやってもらうと、こんな生徒が出てきます。

「書くことが思いつかない」こういった生徒は、頭で何を書こうか考えすぎています。

次のポイントにも繋がってくるのですが、まずは手を動かして、ありのままに思っていることを書き出しましょう!

手を動かしていくうちに、スラスラと書いていけるようになりますよ!

ポイント③「気持ちをありのままに書く」

次のポイントは、「気持ちをありのままに書く」です。

このジャーナリングに書いたことは、誰にも見せる必要はありません。

誰かに見せる必要がないので、恥ずかしがらずに思っていることを、そのまま書きましょう。

自分の受験生時代に書いていたノートの内容も、恥ずかしくて、とても人に見せられるものではありません。

思っていることを、ありのままに書いていくことで、気持ちも整理されていきます。

ポイント④「誤字とかを気にしない」

次のポイントは、「誤字とかを気にしない」です。

綺麗好きな生徒とかは、特に注意が必要です。

綺麗にノートをまとめる必要は全くありません。

誰かに提出をするものでもないので、綺麗な字で書く必要ないし、誤字とかも気にする必要はないです。

書き殴るイメージで大丈夫です!

ポイント⑤「手書きで行う」

最後のポイントは、「手書きで行う」です。

スマホとかで、ジャーナリングすることも可能ですが、スマホとかでやっていると通知などで気が散ってしまいます。

ジャーナリングをする際には、ノートに手書きで書いて、集中するようにしましょう!

実際にやってみよう!

実際にやってみよう!

今回は、安の多い受験勉強でオススメな「ジャーナリング」という方法を紹介しました。

毎日5分とかで、紙とペンがあれば誰でもできる方法です。

不安で押しつぶされそうではない生徒も、心身ともに良い効果があることが、研究結果で出ているので、「ジャーナリング」してみてください!

「知っている」と「やっている」は全くの別物です!

ノートとペンを用意して、実際にやってみて下さい!

 

↓ 偏差値が上がる本物の学習術 ↓

地頭を鍛える方法

 

偏差値アップ学習術25選

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた
スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
現在は早稲田大学に通いながら、Elite Laboのコーチとして指導技術を磨きつつ、19年連続難関大合格率80%超えの大手予備校の講師として校舎運営も行う。 教え子には早慶ダブル現役合格、ICU現役合格、一橋現役合格など難関大学合格者を輩出しながら、受験の王様という1.4万人超えの受験生がフォローするInstagramも運営。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2021 All Rights Reserved.