大学受験で中だるみしているお子さんに喝を入れてやる気を引き出す方法

頭のいい子の育て方

受験生のお子さんが
最近ちょっと中だるみしてきて

リビングでテレビを見ている
時間が長かったり

ちょっと部屋にいくと
大体スマホをいじっていたり

しかも成績も今一つ
最近伸びていないとなると
心配ですよね。

 

そんなときにお子さんに
喝を入れてやる気を引き出すには
どうしたらいいのでしょうか?

 

目標を再確認

まず、中だるみするときに
意外と多いのが

当初の受験勉強の目的
忘れてしまう

というパターン。

 

これは受験勉強に限らず
ずーっとやっていると

「あれ…何のためにやってたんだっけ?」

となることって
あなた自身もお子さんも
あるはず。

 

だから、そういうときは
目標を再確認してあげる
というのが大切。

とはいえ、どうやって
お子さんに声をかけるかで

やる気を引き出せるときもあれば
逆効果になることもあるのです。

 

無理やりやらせるのはNG

たまにやってしまいがちなのは

「○○大に行くって言ったんでしょ!!
だったらもっと勉強したら!?」

というように半ば強制的に
押し付けるように言ってしまう
という例。

 

確かにちょっと
やってしまいがちでは
あるんですけど、

これだと逆に
勉強をやらされている感じがして
やる気を失うのが高校生。

 

だから、例えば
大学に入ってからの話をするとか
あなたの体験談など)

具体的に受験勉強の後のイメージを
させてあげることで
自然と目標を再確認するのがいいのです。

 

細かい目標を

そして、これは
あなたがやるというよりは
お子さんとの話の中で

それとなくおすすめしてみる
といいですよというのが

細かい目標を立てていく

ということです。

 

というのも、
志望校という目標だけだと
少しお子さんにとって遠すぎて

「今すぐ何をしたらいいのか
が分からない」

ということが起きてしまう
からです。

その結果として
同じ勉強をとりあえず繰り返す
うちに中だるみしてしまう

ということが起きてしまうのです。

 

なので、例えば
模試の判定でもいいですし
過去問で何点取れるかでもいいので

受験勉強の途中の目標
(いわゆるマイルストーン)を
一緒に立てていくといいですね!

 

今すぐやることを明確に

そして、目標がたてられても
今すぐ何をやればいいのかわからないと
勉強が始められないこともあります。

特に、あれもこれもと
やることが盛りだくさんのときは
そうなりやすいです。

 

だからこそ、今すぐ何をやって
「何をやらないか」まで明確に
してあげましょう。

そして、そんなお子さんをじっと
見守ってあげるのも大切。

 

実は、周りから

「あれはまだやってないの?
というかこの問題集もやらないと!!」

というようにあれもこれもと
言われて混乱して逆に勉強できなくなる
ということって結構あるんです。

なので、特に親のあなたから
あまり口出ししないのも重要なんです。

 

今は何に集中すればいいかを
お子さんとしっかり意見を一致させて
確認することで

お子さんもやる気を取り戻して
受験勉強に集中しやすくなる
はずです。

 

悩みを抱えていることも…

そして、受験期の中だるみの原因として
実は悩みを抱えているということも
よくあります。

やはりまだまだ高校生。
勉強していく中でも、あるいは
学校生活でも悩みはつきません。

 

そういうときはまずその悩みを
解決できるのなら先に解決したほうが
いい場合もあります。

なので、そういうときには
お子さんに寄り添ってあげる
ということも必要なのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

中だるみしているときというのは
やはり何かしらの超えるべき壁
お子さんの前にあるということ。

なので、まずはそれを乗り越えるために
目標ややるべきことを明確にするのが大切。

 

そして、それを無理やりやらせるのではなく
自分からやらせてあげることで

お子さんも受験の中で自主性も身につき
また一歩成長してくれるはずです!