運営会社はこちらから

勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】効率化勉強法を期間限定で公開!

文理選択に悩む高校生必見!文系と理系の学部や職業の違い、決め方を徹底解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

文理選択の決め方を教えて!
文系と理系の学部や職業の違いが知りたい!

そんな文理選択に悩む高校生の疑問を解決します。

文理選択は大事

文系か理系かの選択はあなたの人生を左右する大事な選択です。

文系か理系かで

  • 大学
  • 将来の職業

が大きく変わります。

それに伴ってあなたの生活も大きく変わります。あなたがこれからの人生で出会う人も変わるでしょう。

文理選択は高校を卒業してからの長いあなたの人生の進む道を決める選択です。
この記事を参考に文理選択はくれぐれも慎重に決めてください。

文理選択はいつ?

ほとんどの高校で文理選択は高校1年生のうちに決定させられるでしょう。基本的には高校が指定した時期に最終決定できればよいです。

ですが、繰り返しになりますが文理選択は大事な選択のため早いうちから考えはじめておきましょう。高校が指定した最終決定ギリギリにあわてて考えはじめるなんてことがないように。

高校に入ったぐらいから考え始めて、遅くとも夏休み明けには心づもりをしておいてください。

悩めるのは幸せだよ

高校生のみなさんにとって文理選択は大変すぎる選択だと思います。高校に入ったばかりのまだ高校生活に慣れていないような時期に、いきなり人生を決めるような選択をさせるのは、酷だなあと僕もいつもつくづく感じています。

文理選択は大変だし、悩みすぎてつらいかもしれませんがこれだけはおぼえておいてください。

悩めるということは幸せなことです

高校生のみなさんには無限の可能性が広がっています。

将来どんな職業につく可能性もどんなことをなしとげる可能性も秘めているのです。

残念なことに大人になって社会人になったらある程度将来の自分像は決まってきてしまいます。文理選択は未来の広がった高校生のみなさんにしか許されていない選択なのです。

悩めることは高校生の特権だと思って、文理選択は慎重に悩みぬいて!

文系・理系の学部や職業

「文系にどんな学部があるのか分からない」
「理系にどんな学部があるのか分からない」

なんていう高校生が多いようです。

みんな同じ試験を受けて、同じ教室で授業を受ける高校とちがって大学は複雑でわかりにくいですよね。ここでは、文系の学部と理系の学部と就職先を具体的に紹介していきます。

文系の学部

法学部

法学部は憲法や民法、刑法などの様々な法律を学ぶところです。法律にくわえて、政治について学ぶのも法学部です。

法学部に進んだ人は将来、弁護士や裁判官、検事などの法にたずさわる仕事をしたり国家公務員になったりする人が多いです。

法学部は文系の中で最も偏差値が高いむずかしい学部です。

経済学部

文系の中で最も人気な学部です。経済学部は経済学や経営学などを学ぶ学部です。文系だけど大学に入ったあとも数学をつかわなければならない学部です。

将来は、一般企業に就職する人が多いです。銀行・証券・保険といった金融系や、商社・流通・メーカー・IT関連の企業など、様々な分野の就職に有利です。

文学部

文学部は文学科や史学科、哲学科、心理学科などに分かれています。

文学科では日本や外国の本の研究などをするところです。本が好きな人におすすめです。

史学科は歴史を学ぶところです。歴史が好きで、専門的に研究してみたい人におすすめです。

哲学科はその名の通り哲学を学ぶところです。答えが出ないことを深く考え続ける学問です。

心理学科は人間の心理を研究するところです。人間がどういう時にどんな行動をするのか興味がある人におすすめです。

卒業後は、一般企業に就職する人や研究者になる人が多いようです。

教育学部

教育学部は子どもの教育方法について研究する学部です。子供が大好きな人、学校の先生になりたい人におすすめです。

卒業後は先生だけでなく、一般企業に就職する人や公務員になる人、教育の研究者になる人も多いようです。

外国語学部

外国語学部は特定の外国語を勉強したり外国語が使わている地域の文化を学んだりする学部です。

言語自体を学ぶ分野では、言語を話せるようになるだけでなく言語の歴史や語源の研究、方言の研究などもおこなわれています。

地域研究の分野ではその国の社会や経済のあり方を学んだり異文化との交流の方法を学んだりします。

理系の学部

理学部

理学部は物理学科、化学科、生物学科、地学科、数学科などに分かれています。高校で学ぶことの延長に近いです。

自然現象を研究して解明したいという人に向いています。

理学部に進んだ人の中には一般企業に就職する人もいますが、研究職につく人が多いのが特徴です。

工学部

工学部は機械科、電気電子学科、情報学科、材料学科、土木科、建築学科などに分かれています。

理論を学ぶ理学部よりも、実践的なのが特徴です。工学部の方が実社会への直接的な貢献度は高く感じるかもしれません。世のためになってる感は強いはずです。

ちなみに受験コーチむーは工学部出身です。

工学部は就職に強く、むーの同級生の多くはメーカーやITの大企業に就職していました。

農学部

農学部は農業について広く学ぶ学部です。実際に自然と触れ合いながら、学ぶ大学が多いです。

就職先としては、食品メーカーや化粧品メーカー、薬品メーカーが多いです。

医学部

医学部は医師を育てるための学部です。当然ほとんどの卒業生は医者になります。

医学部は受験における最難関です。3浪4浪で医学部に行くという人も少なくありません。

また、医学部は6年制であることも特徴です。

 

ここまで、文系や理系の学部を紹介してきましたが、他にも紹介しきれなかった様々な学部があります。

また、文系でも理系でも入れる文理融合学部と呼ばれる学部もあります。

ちゃんと調べて、学びたい学問を見つけましょう!

文理選択の決め方

文理選択の決め方には
いくつかのパターンがあります。

いまいち決め手がないなあと感じている人は
参考にしてみてね

将来の職業から決める

将来なりたい職業に合わせて文理選択をするという方法です。

例えば、弁護士になりたい人は法学部に行かなければならないので文系を選ぶことになるでしょう。数学者になりたい人は理学部に入学して数学科に進むことになるでしょう。

また、なんとなく文系の職業に就きたい/理系の職業に就きたいと考えている人もいると思います。

このように将来の夢がある程度決まっている人は、簡単に文理選択ができるかもしれません。

学びたい学問から決める

将来学びたい学問を探して、文理選択をするという決め方です。

むーの指導経験からすると最も多くの高校生がしている決め方だと思います。

大学では高校と違い様々な学問が学べます。高校の英語や数学、国語などの勉強にまったく興味がないという人でも、大学の学問の中には面白そうだと思う学問が絶対にあるはずです。

まずは、知るということが大事です。どんな学部があって何を学ぶところなのか知りましょう。

いろんな学問について調べてみて、学びたい学問を探してください。

成績で決める

自分が文系科目が得意か理系科目が得意かで決めるという方法です。

英語が得意なら文系、物理や数学が得意なら理系という決め方をする人が多いようです。

物理や数学が苦手だから文系、英語が苦手だから理系という決め方をする人もいるでしょう。

中には、そもそも全科目の成績が良くないから私立文系で3科目に絞って受験するという人もいるようです。

できるだけこのように成績で決める方法はさけるようにしましょう。

文系科目と理系科目のどちらが得意か/苦手か、もっと言えば文系と理系のどちらを選べば受かりやすいかで決める方法は受験を乗り切るための消極的なやり方に過ぎないからです。

自分の学びたい学問のため、就きたい職業のために勉強した方がモチベーションが上がるはずです。

大学4年間、そして社会人になってからの長い期間を自分のやりたいことのために過ごせるように、成績だけで文系・理系を決めてしまうのはやめましょう。

高校生のみなさん、夢を持ちましょう!

文系か理系かを決めたいけれどそもそも別に大学でやりたいことがない、なりたい職業がないなんて相談をよく受けます。

このような受験生に僕は必ず言っています。「夢を持とうぜ!」と。

先ほども述べましたが、高校生のみなさんには無限の可能性が広がっています。どんな大きな夢を持ったって構わないのです!もちろん全ての人が望み通りに夢を叶えられる訳ではありません。ですが、夢を持たないことには何も叶えることはできないのです。

できるだけ具体的にみなさんの将来を想像してみましょう。

大学生活を満喫している5年後、就職してバリバリ活躍している10年後etc。具体的に想像してみましょう。

中には10年後、弁護士や医者を目指して頑張っている人起業して仲間とともに奮闘している人もいるでしょう。

どうでしょうか。高校生のみなさんの無限の可能性が見えてはきませんか。

こんなに大きな夢を持っても許されるのは高校生までです。大人になればなるほど自分の未来は確定してきてしまいます。

自分の将来にワクワクしたり、不安になったりできるのは高校生の特権です。

どうか受験生の皆さんは大きな夢を持ってください!

まとめ

文系か理系かの選択はみなさんの人生にも大きくかかわってくる重いテーマです。だからこそあなたも迷って、悩んで、つらいこともあると思います。

でも、絶対に逃げずにしっかりと考えぬき後悔のない選択をしましょう。

もし、迷ってにっちもさっちも行かなくなったら親や先生などの周囲の大人に相談してみてくださいね。

周りの大人はあなたの人生の先輩です。

きっとすばらしいアドバイスをくれるはずですよ。

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2019 All Rights Reserved.