運営会社はこちらから

勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】効率化勉強法を期間限定で公開!

数学・化学の計算ミスを減らす方法は?ケアレスミスの原因・対策を解説!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

計算ミスが多いんだけど、なくす方法はあるの?」「ケアレスミスの原因・対策を教えて!

そんな高校生の悩みを解決します!

せっかく解き方は分かっているのに、計算ミスで落としてしまうのはもったい無いですよね。

計算ミスを減らすにはコツがあります。この記事を読んで、計算ミスをなくす方法を身につけちゃいましょう!

計算ミスで悩んでいるのはあなただけじゃない

人間はミスをしてしまうものです。完璧な人間なんていません!

計算ミスをあなただけではなく、誰もがしてしまうものなのです。

では、計算ミスが多い人と少ない人の違いは何なのでしょうか?

答えは、計算ミスを減らすコツを知っているかどうかです。

この記事では計算ミスを減らすとっておきのコツを紹介しているのでぜひ参考にしてくださいね。

よくある計算ミスの原因とは

計算ミスを減らす方法を考える前に、まず計算ミスの原因を考えましょう。原因が分からなければ対策のしようがないですよね。よくある計算ミスの原因を紹介するので、自分に当てはまるものがないかよく考えてみてください!

1.途中計算を書いていない

途中計算を書かずに暗算で解こうとしてミスをしてしまうという人がいます。

途中計算を書かないと、計算結果を間違って記憶してしまったり、ついつい雑に計算してしまうおそれがあります。

心当たりがある人は、どんな簡単な問題でも途中計算を書くようにしましょう。

また、途中計算を書いていないとテストが返却された後に、復習がしにくいというデメリットもあるので、途中計算は書くように心がけてください。

2.字がきたない

字がきたないため、自分の書いた字を読み間違えてしまい、結果計算ミスをしてしまうという高校生が多いです。これが最も多い計算ミスの原因と言っても過言ではないでしょう。

きたない字で書いてしまうと、2と3や7と9などを読み間違えてしまうことがあります。

答案に書く文字だけ綺麗に書けばいいなんて思わず、下書き用紙に途中計算をする時から読みやすい綺麗な字で書くようにしましょう。

3.そもそも計算力が足らない

計算力が足らないことが計算ミスの原因かもしれません。

当然、簡単な計算よりも難しい計算の方が計算ミスをしてしまいやすいですよね。脳にかかるストレスが多くなり、難しい計算はついうっかりミスしてしまうことが多いのです。

計算力がある人にとっては楽勝な計算でも、計算力がない人にとっては難しい計算に感じてしまうことが多いです。

計算力が足らないために計算ミスが多いという人は、たくさん問題を解いて計算力を鍛えましょう!

後ほど紹介するオススメの参考書を使ってみてくださいね。

数学・化学の計算ミスを減らす方法7選

数学・化学の計算ミスを減らす方法を紹介します。

1.見直しをする

テストで全ての問題が解き終わったら見直しをしましょう。

見直しの方法は2つあります。

1つは、1つ1つの計算を解き直すという方法です。変数のある計算では、答えを代入してみて逆算してみるのも良いでしょう。

そしてもう1つは、もう一回問題全体を解き直してみる方法です。新しい問題を解くのと同じようにもう一度同じ問題を解いてみるのです。1つ1つの計算を解き直す方法だと最初に解いた時の計算結果が先入観となって、ミスに気づきにくいというリスクがあります。時間がある時は、問題全体を解き直してみましょう。

2.解いている途中に検算をする

問題を解き進めている途中に検算をしてみましょう。

間違った計算のまま最後まで解き進めた後に計算ミスが発覚すると、大きなタイムロスになってしまいます。

問題を解いている途中にも細かく検算をして、早いうちに計算ミスに気づけるようにしましょう。

3.途中計算はきれいに書く

途中計算は自分が読みやすい字で丁寧に書きましょう。

読みやすい字で途中計算を書くことは、読み間違いによる計算ミスを防ぐために重要です。

また、読みにくい字で書いてしまうと解読するための余計なストレスが脳にかかり、計算ミスを防ぐのに必要な注意力が散漫になってしまうおそれがあります。

4.途中計算は日本語の説明も書く

途中計算は数式だけでなく、日本語の説明も書くようにしましょう。

例えば、「−2x+y=−2 …① 4x+3y=24 …②」という連立方程式の問題であれば

①より
y=2x−2 …③
③を②に代入して
4x+3(2x−2)=24
4x+6x−6=24
10x=30
よってx=3 …④
④を③に代入して、
y=4
(答)x=3, y=4

というように数式を羅列するだけでなく、しっかり日本語の説明も書きましょう。

日本語の説明を書くことで、思考が整理されて計算ミスをしにくくなる上、見直しが大幅にしやすくなります。

5.自分が一度してしまった計算ミスはメモしておく

一度計算ミスをしてしまった計算はメモをしておいて、テスト前に見直せるようにしておきましょう。

誰しもよくやってしまう計算ミスのパターンがあります。

私の場合は受験生時代、24=8と計算ミスをしてしまう癖がありました。2×4=8が脳裏にチラついてしまってミスってしまうんですよね。ちなみに正しくは24=16です。

私は計算ミスをメモしていたため、ある時24=8にしてしまうことが多いなと気づくことができ、24=8としてしまう計算ミスをしなくなりました。

このように、とても簡単な計算でもついついミスしてしまいやすい計算があると思います。自分のやってしまいがちなミスを把握しておくことで、ミスを未然に防ぐことができます。

6.化学の計算では単位換算に注意しよう

化学の計算では数学と違い、単位があります。単位の計算に慣れていないと、計算ミスの原因になります。

特にミスをしやすいのが単位換算です。

単位換算の際は、「単位換算の式」も書くようにしましょう。

例えば、Lを cm3 に換算する時は「1L = 103 cm3 」という単位換算の式を書いてから、計算を始めましょう。頭の中で作業してしまうとミスの原因になってしまいます。

7.化学の小数点の問題は鍛錬が必要

化学では、小数点以下が長い計算がたくさんあります。

x10のマイナス何乗の形で表すことは通常数学ではないため、慣れるには鍛錬を積む必要があります。

化学の問題集を使って小数の計算に慣れましょう!

計算ミスを減らすためにオススメの参考書3選

計算ミスをなくすのにオススメの参考書をいくつか紹介したいと思います。計算が苦手な人は、計算問題集で訓練しましょう。

1.数学I+A+II+B 計算力トレーニングドリル ~確実に力がつく厳選問題70

計算力を鍛えるために作られた特別な問題集です。

2.ケアレスミスをなくす50の方法

計算力を鍛える問題集というよりも、計算ミスなどのケアレスミスをなくす方法を解説した本です。

受験評論家として有名な和田秀樹先生が計算ミスをなくすテクニックを教えてくれます。

まずは計算ミスを防ぐための方法を知りたいという人にオススメです。

ただし、1つ注意点があります。この本でテクニックを知っただけで満足して、問題演習をしないなんてことがないようにしてください。

計算力をつけるために大事なのは問題演習の量です。『ケアレスミスをなくす50の方法』は量を積むための問題演習の質を高めるためのものです。これだけを読んだからといって計算ミスは減りません!

テクニックを知っても、問題演習をしなければダメということだけは気をつけましょう。

3.チャート式シリーズ

言わずと知れた超有名問題集チャート式シリーズは計算力のトレーニングにももってこいです。

チャート式シリーズの最大の特徴は問題量が多いことです。そのため、量をこなして計算力を鍛えるトレーニングには最適です。

チャート式は白チャート・黄色チャート・青チャートなどが販売されているので、実力に合わせて選びましょう。

チャート式で計算力のトレーニングをするときは、自分の実力よりも少し低いものを選んでください。問題の解法がわからなくて答えを見るなんて用では、計算力のトレーニングにはなりませんよね。

受験生は修行あるのみ

ここまで、計算ミスの原因と対策、オススメの参考書などを解説しました。

ですが、広い視野で見ると結局計算ミスは2つの要因に集約されます。勉強量とメンタルです。

まず、計算ミスが多い人は問題演習の量がたりていません。

問題演習を積み、「簡単に感じる問題」を増やすことが大切です。「難しいと感じる問題」は計算以外のことに集中力がいってしまうため、計算で不注意のためにミスをしてしまいやすいのです。

そして、計算ミスはメンタルの弱さで起こります。

受験生に必要なメンタルはどんな環境でも、高い集中力をずっと維持し続ける強い精神です。これもまた、勉強をたくさんして、集中力を磨くしかありません。

根本的に計算ミスを減らすには、高い集中力で修行のように勉強し続けるしかないのです。

受験生は修行あるのみ。この言葉を心に留めておいてください。

修行を積んでいく上で、効率を高めることが大事です。間違った勉強をたくさんしてもやってないのともはや同じことになってしまうのです。

効率的な勉強法で最短経路で合格を勝ち取りたいという人は「いざ!難関大学へ!!下克上合格」でとっておきの勉強法を学んじゃいましょう!

まとめ

今回は「計算ミスをなくす方法」「ケアレスミスの原因と対策」を中心にお話ししました。

この記事でお伝えした計算ミスをなくすコツを参考にして、問題演習で計算力のトレーニングを積みましょう!

計算ミスは誰もがしうるものですが、減らすことはこれまた誰でもできます!応援してますよ!

 

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2019 All Rights Reserved.