勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】138個の効率化勉強法の解説講義(音声)を期間限定で公開!

大学受験の三者面談で親子関係も受験もうまくいかせるためには?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

高校でお子さんの
大学受験に向けた三者面談
があるとなると

毎回ケンカにもなるし
先生からも意見を押し付けられる
ちょっと憂鬱だったりしますよね。

 

でも実は、ちょっとした
準備をお子さんとするだけで
それも簡単に乗り切れます。

三者面談でケンカもなく
「話せてよかった」と思えるためには
一体何をすればいいのでしょうか?

 

「行きたい大学」を知ろう

僕も塾で色々な親子と
三者面談をさせていただいた
経験があるのですが、

その中で
大体親子で話がかみ合ってない
と感じるときはたいていの場合

お子さんが行きたい大学
親御さんが知らなかったり
軽視してたりするんです。

こうなるともう大変。

親御さんが「あなたのために
言ってるのよ!!」と言いながら

お子さんは「お母さん本当に
何もわかってないんだから!」
と言い返され

話し合いが平行線のまま
延々とケンカし続ける羽目になります。

 

「いや、うちの子の志望校くらい
知ってますよ!」

とお思いになられる方が
ほとんどだとは思うのですが、

高校生のお子さんというのは
親御さんの想像以上に
色々考えてたりします。

だから、いつの間にか
志望校が変わってたりとか、

公言している志望校
本当に行きたい大学とが
違う場合もあるのです。

 

もちろん、それが現実的に見て
現状だと厳しい場合もあるのですが、

何も知らない状態で
先生やあなたが話を進めてしまうと
お子さんは心を閉ざしてしまいます。

まずはお子さんの心を
置き去りにしないことを
第一に考えていきましょう。

 

お子さんの本音を引き出す

だからこそ、
「今の段階で行ける大学」
ではなく

「本当に行きたい大学」
「本人が大学でやりたいこと」
きっちり知る必要があるのです。

それだけは三者面談の前に
きっちりと親子で歩調を合わせて
本番に臨みましょう!

 

そして、三者面談中でも
お子さんが急に本音を言い出す
こともよくあります。

 

なので、お子さんが
何か言おうとしている様子なら

まずは遮らずに話を聞いて
本音を引き出してあげる
ということも忘れないでください!

 

AO/推薦入試は先生の力ありき

そして、そのうえで
AO入試推薦入試
使いそうならば、

先生の力を最大限に
借りる必要があります。

実際にあった事例だと、
学校の先生を通さずに
AO入試で出願した高校生が

あまりにもひどい出願書類の出来で
大学側から出願許可が出なかった
ということもあります。

 

なので、特にAOや推薦の場合は
(もちろん一般受験の場合も)
先生の力を借りる意味でも

三者面談でしっかりと
話せるように下調べしておく
ことが大切なのです。

 

ある程度の下調べは必要

お子さんの行きたい大学や
やりたいことが分かっていても

そこについて
あまりにも知識がない状態だと

場合によっては学校の先生に
主導権を握られて思うように
話ができない場合があります。

 

なので、志望校についての

  • 入試の日程・形式
  • 必要な教科・科目
  • 大まかなレベル

などはホームページなど
調べておくと

より実り多い話し合いが
三者面談でできるはずです!

 

学校での様子は聞くしかない

ただ、正直なところ
お子さんの実際のレベルとか
学校での様子については

いくら成績表や模試の結果を
見ても本当の部分は
分からなかったりもします。

 

それに、親御さんから見て
あまりきちんと勉強してなさそう
だったとしても

実は学校では
ものすごく真剣に勉強していた
というケースも多いです。

お子さんの勉強に関しては
先生の方が見ている時間は長いので、

そこに関しては
まずは話を聞くというスタンス
で臨みましょう。

 

ただ、そのうえで
普段の家での様子なども併せて
学校の先生と話すと

よりお互いに
お子さんのことも理解できる
ようになって、

建設的に三人で話せるはずです!

 

まとめ

三者面談では学校の先生と話す前に
家でお子さんと歩調を合わせるのが
何よりも大切。

その中で、お子さんが
「本当にやりたいこと」
フォーカスすることを忘れないでください。

 

そのうえで、学校の先生から
学校の様子や受験の細かい知識
について聞いて話していけば

「三者面談をしてすっきりした」
と思えるような時間に
することができるはずです!

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2018 All Rights Reserved.