勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】138個の効率化勉強法の解説講義(音声)を期間限定で公開!

お子さんの今の半分の時間で成績アップ!効率爆上げの勉強術とは!?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

お子さんの勉強の様子を見ると

結構だらだらと
机に向かっているだけで
今一つメリハリがなかったり、

気づいたらYoutubeを見ていて
全然勉強していなかったり…

「だから成績が
上がらないのよ!!」

と言いたくなることも
あるかもしれません。

 

そこでこの記事では、

そんなお子さんが短時間
効率よく集中して
勉強するための方法

についてお伝えしていきます。

 

短時間で集中できる子は強い!

実際、お子さんも
勉強できる時間は無限にある
ことは決してありません。

部活や学校行事だってあるし、
それ以外の習い事だって
あるはずです。

だからこそ、
忙しい日に短時間で勉強できる
かどうか大きく差がつくのです。

 

これは社会人のあなたなら
身に染みて分かっていると
思いますが、

何につけても
短時間で集中してやるスキル
というのは不可欠ですよね。

なので、それを受験勉強で
身につけるということ自体にも
大きな意味があるのです。

 

60分×1回よりも15分×3回の勉強!

短時間で集中する勉強の方がいい
ということは、

実際に東大の薬学部ベネッセ
が行った実験でも明らかになっています。

これは中学1年生に
中学2・3年生レベルの英単語を
覚えてもらうという実験なのですが、

60分連続で勉強したグループより
15分×3回の勉強をしたグループの方が

翌日・一週間後のテストでは
スコアが高かったのです。

 

40分を境に集中力DOWN!?

そして、その原因を確かめるべく
実験で勉強中の中学生の脳波
測定したのです。

すると、集中力に関係がある
脳のガンマ波が、

40分あたりを境に
減少していることが
判明したのです。

もちろん中学生と高校生との
違いもありますし、
個人差もあるかとは思いますが、

ここから言えるのは

長時間連続で勉強すると集中力が
下がることは避けられない

ということです。

だからこそ、どんなに
たくさん勉強する必要があっても
長時間連続はNGということです。

 

勉強の効果=時間×効率

そんなの当たり前じゃないか
と思われるかもしれませんが、

勉強で成果をだすためには
時間と効率の両方が
大切になってきます。

そして、時間を増やすのは
物理的にも限界があるし、

何よりも時間を増やすことで
集中力が落ちて質が下がる
という恐れがあるのです。

 

だからこそ、
短時間で質の高い効率的な
勉強が必要になってきます。

そこで、質の高い効率的な
勉強をするための簡単な方法
お伝えしていきます。

 

勉強の「終わりの時間」を決めよう

勉強をだらだらとやってしまう
というお子さんに多いのが、

勉強の終わりの時間
決めずに始めてしまう
というパターン。

 

例えば学校の授業でもお仕事でも、
「いつ終わるのか分からない」
というものって

かなり集中力も散漫になるし
それだけでやる気がなくなる
ということもありますよね。

だからこそそういうものには
終わりの時間が目安であっても
必ずあるはずなのです。

 

そこで、お子さんが自分で勉強するときも
勉強を終わりにする時間を
決めさせるといいのです。

そのときまでに
どの中身を終わらせるかも
考えるとGoodです。

それを、小刻みに
勉強をいったん終わらせて
繰り返していくことで

お子さんの勉強の効率も上がり、
短時間で集中できて
成績アップもしやすくなるのです。

 

休む環境も大切!

そして、親のあなたが
お子さんにしてあげられること
としては

もちろん時間管理を手伝う
というのもありますが、

お子さんが勉強の合間に
休む環境を整えてあげる
というのもあります。

 

例えばリビングを掃除したり
空調を効かせてあげたりして
部屋の環境を整えたり、

お子さんに何かおやつを用意する
というのも1つの手だと思います。

 

お子さんが

「ここまで勉強がおわったら
ご褒美が待ってる!」

という感覚になれば
より勉強にも身が入るはず。

それに、休憩中に
いかにリフレッシュできるかで、
その後の勉強の質も変わります。

だからこそ、お子さんの
勉強するときの環境はもちろん

休憩するときの環境にも
気を使ってあげてください!

 

まとめ

マラソンと一緒で
お子さんの勉強も長期戦です。

だからこそ時間のゴールを
決めてあげることで

集中力もUPし、効率よく
勉強できるのです。

 

そして、それと同時に
しっかりと休憩をとってもらうために

まずは部屋の環境を
見直してみては
いかがでしょうか。

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2018 All Rights Reserved.