勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】138個の効率化勉強法の解説講義(音声)を期間限定で公開!

勉強中の眠気を吹き飛ばせ!忙しい高校生用の眠気覚ましBEST3

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

高校生はとにかく忙しいです。
だから、夜遅くから勉強しようとすると
もう眠気に襲われてさあ大変。

とても集中できないから、
山のようにある宿題も終わらず
絶望してしまいますよね。

 

ネット上にはいろんな眠気覚ましの
方法が載っているけど
一体どれが正しいの?って感じですよね。

そこでこの記事では、本当に効く
眠気覚ましの方法BEST3
紹介していきます!

 

一時しのぎの眠気覚まし

よく友達や先生から聞いたり
ネット上で調べたりすると
こんな方法がありますよね。

  • 顔を洗う
  • コーヒー、お茶を飲む
  • エナジードリンクを飲む

などなど…

でもこういうのって
思ったより長続きしない
ですよね?

 

実際、その場しのぎで
こういう方法は使えても

あまり根本的な解決には
ならないことが多いのです。

 

例えばエナジードリンクだって
慣れちゃうとあまり効果が
なくなってきますからね。

そこで、本当にずっと使えて
しっかり効果のある方法BEST3
紹介していきます!

 

究極の眠気覚ましBEST3

本当にあなたの眠気を
吹き飛ばして
勉強に集中するためには、

あなたの身体そのものの
疲れを取ってあげる
必要があるのです。

考えてみれば
当たり前ですよね。

眠いってことは
それだけ身体が休みたがってる
ということですから。

 

そして、そのための方法BEST3が

  1. 仮眠をとる
  2. あくびをする
  3. 軽い運動をする

というものなのです。

 

それぞれ、もしかしたら
一度は聞いたことがあるかも
しれませんが、

実はそれぞれに
守らなくてはいけないポイント
があるのです。

それを守らないと
結局眠気に負けてしまい

学校の宿題も進まず
受験勉強の進捗もゼロです。

 

なので、それぞれの方法について
ポイントも一緒に抑えながら
読んでいってくださいね!

 

1. 仮眠をとる

眠気覚ましの王者であり
一番効果的なのが
仮眠をとるということ。

たぶん一度は経験が
あるかと思いますが、

昼寝した後って
目がものすごいさえて
疲れもすっきり取れますよね。

 

実際、ハーバード大の研究でも
夜ぐっすりと寝るよりも仮眠の方が
脳の疲れはとれるといわれています。

それくらい仮眠は
眠気覚ましの効果が強いのです。

 

ここで注意しなくちゃいけないのは、

  • 仮眠の時間は20分以内
  • 布団の上で寝っ転がらない

という2点。

 

仮眠はあくまで仮眠。

ぐっすり寝る体制に
入ってしまうと体がだるくなり
逆効果です。

だから、20分以内
机に突っ伏して寝るというのを
守っていれば、

仮眠はあなたにとって
命のオアシスとなるはず。

是非、学校の昼休みにも
試してみてほしい方法の一つです。

 

2.あくびをする

teenager handsome boy in striped blouse and siberian cat close up portrait yawn synchronised together

そして、ちょっとやりにくいけど
実は強力なのが
あくびをするということ。

まあ正直、先生の前とかで
堂々とやったら
怒られそうですよね。

 

でも実は、あくびというのは
脳が眠気を感じた時に

大きく深呼吸して酸素を取り
疲労回復するためのもの。

だから、眠い時こそ
あくびをすることを
恐れてはいけないんです。

 

実際、学校でも
あくびを人前でするのは失礼
という風潮はあるかもしれませんが、

そういう時でもこっそりと
ばれないようにあくびや深呼吸を
すると効果抜群です!

 

3.軽い運動をする

Beautiful woman running over bridge during sunset

そして、もし時間があるのなら
やってほしいのが
軽い運動をするというもの。

 

正直、どれくらいの運動が
軽い運動にはいるのかは
人による部分もあるのですが、

ここでは本当に伸びをするとか
歩くとかジャンプをするとか
そのレベルでも効果があります。

 

そうすることで心拍数も上がって
血流もよくなるので
逆に疲れが取れる効果もありますし、

先ほどのあくびと一緒で
しっかりと酸素も入ってくることで
同様の効果もあります。

 

だから、1分でも2分でもいいので
眠気を感じたら軽い運動をするだけで
逆に疲れが取れて

結果的に同じ時間で
2倍も3倍もの量の勉強
進められるので、

自由時間も増えて
より疲れも取れやすいという
正のスパイラルに入っていけるのです!

 

まとめ

今回紹介した3つの方法
どれも今日から是非やってほしい
眠気覚ましの方法です。

でも、それ以上に大切なのは
普段からよく寝ること。

 

勉強が終わらないから寝れない
のではなく、

寝ないから勉強が終わらない
という方が正しいかもしれません。

だから疲れたと思ったら
まずはいったん寝てみる
というのも忘れないでください!

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2018 All Rights Reserved.