勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】138個の効率化勉強法の解説講義(音声)を期間限定で公開!

「朝型の勉強がいい」はウソ!?知られざるデメリットと対処法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

よく、学校の先生や
ネット上の記事でも

「受験生は朝型の生活をして
朝早くに勉強すべきだ!!」

みたいなことをいう人たちがいます。

確かに朝勉強は
いい側面もあるのですが、

そこに隠されているデメリット
実は無視できないのです…

 

朝勉強に向いているのはアウトプット

もちろん、朝型の勉強には
メリットもたくさんあります。

その一つが
「効率よくアウトプットできる」
というものです。

 

やはり、朝早い時間帯は
頭の回転が速いので

アウトプット系の勉強、
例えば

  • 数学の問題演習
  • 英語の長文問題、和訳
  • 理社科目のノートまとめ

などがサクサク進められます。

 

なので、特にあなたが現役生で
学校がある平日に受験勉強するときは
朝の1,2時間を有効に使うのは手なのです。

 

朝は太陽を浴びよう!

ただ、朝起きてずーっと
暗い部屋で机に向かったままだと

太陽の日を浴びた時に
体内で分泌される
セロトニンが出なくて

目覚めが悪くなってしまう
という悪い効果もあります。

 

そうすると、
特に昼過ぎや夕方になってから
身体が持たなくなってしまうのです。

なので、朝起きたら
勉強する前に朝日を浴びる
ことは忘れないようにしましょう!

 

朝勉強のデメリット

そして、朝早くに勉強したときに
デメリットになりうるのが

慢性的な睡眠不足になりやすい

ということなのです。

 

確かに、朝日を浴びてから
勉強すると、

セロトニンの効果でその日は
ずーっと目が覚めているんですね。

でも、それで睡眠時間が
足りていると錯覚して
慢性的な睡眠不足になることも。

結構これって
気づきにくい部分なんですね。

 

確かに、朝勉強するなら
夜早く寝ればいいじゃないか
という意見もあると思うのですが、

実際それはその通りだとは
思います。

夜早くに寝れるのであれば
朝勉強する分、早く寝ればいいだけなのです。

でも、朝勉強をしていると
睡眠不足に気づきにくい
というのはあるのです。

 

つまり、朝勉強のデメリットとしては

「気づかないうちに睡眠不足に
なってしまうから注意する必要がある」

ということなんです。

特に、夜にスマホなどをしていて
知らず知らずのうちに遅くまで
起きていたりするのが多い人は

意識的に早く寝るようにして
睡眠時間を確保することを
忘れないようにしましょう!

 

1日最低6時間は寝よう!

基本的には、どんなに少なくても
1日6時間は寝る必要がある
というのが一般的に言われています。

他のサイトを調べてみると
7時間とか8時間と言っている
ものもありますし、

実際どれくらいが最低ラインなのかは
人にもよりますが、

忙しい高校生に7,8時間寝ろ
というのはもしかしたら
難しいかもしれません。

 

でも、最低でも6時間は
寝ないと、気づかないうちに
疲れがたまっていきます。

なので、その時間を確保したうえで
朝に勉強する場合は
非常に効果的だといえるのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

朝型の勉強というのは、
睡眠不足にさえ気を付ければ

ジャマも入りにくいし
頭もよく働くし
何より気分がいいし

いいことづくめなのです。

 

ただ、知らず知らずのうちに
朝勉強にはまってしまい
睡眠不足になってしまうことのないように

常に自分が無理をしていないか、
睡眠を取れているかは
チェックしていきましょう!

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2018 All Rights Reserved.