勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】138個の効率化勉強法の解説講義(音声)を期間限定で公開!

なぜ勉強してもできないのか?勉強しても成績が下がる7つのNG勉強

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

「今回のテストは先生の言うとおりに
勉強したけどできなかった…」
「もはやどう勉強すればいいかわからない」

実は、勉強時間を増やしても
それが正しい方法でないと
成績が伸びないことって本当にあります。

かつての僕もその罠にはまった一人です。

 

その罠から抜け出すためには、
「やってはいけない勉強」
知っておく必要があるのです。

なぜ勉強ができないのか、
そこにはきちんと理由があるんですよ。

 

なぜ勉強ができなくなるの?

「なんだかんだでやっていれば
勉強はできるようになる!」

と思ったことはないですか?

僕もかつてはそう思っていました。

でも、実は成績を上げるためには
「やってはいけない勉強」があるのです…

 

勉強ができない人は、センスや才能が
ないわけではなく、ただ単純に

「やってはいけない勉強」を
ひたすら頑張ってやってしまっているのです。

そのポイントが

  • 脳の仕組みから見て間違った勉強
  • やっている対象が間違っている勉強

この2つです。

 

勉強できない人がやってる
7つのNG勉強法

ただ、これだけでは
わかりづらいと思うので

もう少し細かく分けてみると
以下の7つのタイプに分類されます。

  1. 時間フォーカス勉強
  2. 道に迷う勉強
  3. ゴリ押し勉強
  4. Whyなし勉強
  5. 1回切り勉強
  6. ノンアウトプット勉強
  7. ノンスリープ勉強

 

ちなみに、昔の僕は7つすべてに
あてはまる勉強をしていました。

そりゃ、勉強ができないのも
当たり前ですよね…笑

 

もしあなたが
「勉強した割にはできないなあ」
思っているのであれば、

この7つのどこかに当てはまっている
可能性があります。

それでは1つずつ見ていきながら
今からすぐに実践できて

成績を伸ばせるコツを
タイプ別に教えていきましょう。

 

時間フォーカス勉強

あなたはいざ勉強を始めるときに、
「今日は〇時間やるぞ!」
と頭の中で意気込んだりしませんか?

それ自体は悪いことではありません。

ただ、そういう人が陥りがちな罠があります。

 

それが、

長時間机には向かっていたけど
実はたいして勉強が進んでいない

というケースです。

 

なぜそのようなことが起きるかというと、
たいていの場合「やることが明確でない」
からなのです。

 

あなたも、一度は

「あれれ、今日はずっと勉強してたけど、結局何をしてたんだろう」

「いつのまにかTwitterやインスタ開いちゃって…」

「机に向かってたけど荒野行動しちゃったよ…」

ってなったことありますよね。

 

それが続くと、それが積み重なって
結局実力や結果に結びつかない
んですね。

そうならないために、

勉強時間だけでなく内容を決めて
その日の勉強をスタートすることが
大切なのです。

 

道に迷う勉強

さて、
勉強する内容を決めるというのはわかったぞ、
というあなたが次に直面するのは

「どうやって内容を決めればいいの?」

という疑問だと思います。

 

そこで必要になってくるのが
目指す目標を明確にしてあげる
ということです。

 

これが決まっていない状態では
いわば目的地が決まってないまま
スタートを切ってしまってる状態

つまり、志望校合格というゴールに対して
道に迷いやすくなるんですね。

 

例えば、
「何とか平均点行けばOK」
という科目に対する勉強と、

「なんとしても満点近く取りたい!」
という科目に対する勉強って
内容が全然違ってきますよね。

 

まずは、具体的に何点を狙うのか
数値で決めることをしましょう。

そこから逆算していけば
どこの部分をどれだけやればいいのか
が、明確になるのです。

 

ゴリ押し勉強

さて、やるべき範囲は明確になりました。

でも、高校のテストの範囲ってクソ広いですよね。
だからそのすべてを完璧にしようとすると
途方もない気分になりませんか?

実際、全ての範囲を全力でやっていたら
いつまでたっても終わりませんよね。

 

ではどうすればいいのか。

 

それが、
「わからないところを抽出する」
ということなんですね。

 

これをやらないまま
ゴリゴリと勉強を進めていても

なんとなく「やってる感」だけが得られて
結局、成績は一向に伸びていきません。

 

あなたは授業も聞いているわけだし、
一から全てをテスト勉強で
やる必要はないのです。

とりあえず範囲を1周してみて、
どこが分からないかを探せば、
そこを重点的に対策できます。

 

逆にそれをしないと、
点数に直結する重要な部分
できないままになる可能性が高いです。

「どこができないのか」を明確にする
というのがテスト勉強序盤における必勝法です。

 

Whyなし勉強

そして、テスト勉強の中で重要なのが
「なぜ」を考えるということ。

これはなぜかというと、
人の脳は「理由付け」をされた
内容の方が定着しやすいから。

 

この「Why」という問いかけを
全くしないまま、頑張って勉強をすると
すぐに脳内がパンクしてしまい

覚えたいことも覚えられず
勉強をしても、身につく定着率が
ガクンと下がってしまうのです。

 

理由が分かっているものは、
脳が「重要だ」と認識しやすいのです。

例えば数学の解法や、
歴史上の出来事、英文法などなど。

中学校の頃は範囲も狭いし
難しい内容でもないので
実際丸暗記で十分いけましたよね。

 

だから、もしあなたが
「中学のときはできてたのにな~」
と思っていたら、

この「Whyがない」ことが
大きな問題である可能性が高いです。

 

1回切り勉強

そして、脳に重要だと思わせる
秘訣は、もう1つあります。

それが、「繰り返す」ということ。

 

例えばクラスメイトの顔と名前って、
そんなに興味ない人でも
何回も会えば覚えますよね。

それは、何回も会うことで脳が
「この人は重要だ」と認識するから。

 

逆に、どんなにインパクトが強くても
一度きりだとすぐ忘れちゃうんです。

 

だからこそ、

1つの単語とずっとにらめっこしたり
解けない問題をウンウン唸って考えるのって
実は、そんなに意味がないのです。

 

それだったら、

何度か繰り返して
「見る、聞く、感じる」

こんな風に、繰り返し
五感を使ってみてください。

それが一番の近道なわけです。

 

ノンアウトプット勉強

そして、勉強した内容を
実践で使える形にしてあげる
必要がありますよね。

 

あなたも、返ってきたテストを見て

「あれ、これ知ってたのに…
なぜ解けなかったんだろう」

「解説聞けば解けそうなのに、
なぜあの時は…」

と思ったことがありますよね。

 

それは、あなたの頭の中で
ある知識と別の知識が
橋のようにつながっていないから。

例えば、「徳川家康」って名前と
「江戸幕府」をバラバラに覚えてる状態。

それでは、繋がりがなさすぎて
全く整理がつかず、覚えにくいし
問題も解けません。

 

大切なのは、色んな頭の中にある知識を
整理して繋げてあげることなんです。

そこで有効なのがアウトプット

 

  • 音読をする
  • ノートまとめをする
  • 問題を解いてみる
  • 人に教えてみる

などなど、何かの形で
自分の頭の中から情報を
引っ張り出すことをやりましょう。

 

特に、このアウトプットは
多くやればやるほど効果大です。

これにより、あなたが勉強した内容が
テスト本番で使えるようになるのです。

 

ノンスリープ勉強

さて、普段中々勉強できなくて
テスト前になると焦って勉強する
というあなたは、

睡眠時間を削ればなんとかなる!

って思ったことありませんか?

 

昔の僕は、
恥ずかしながらそうでした。

でも、実は

睡眠は勉強とは
切っても切り離せないもの

だって知ってますか?

 

あなたが勉強したことというのは
勉強してすぐに脳に定着する
というわけではありません。

勉強してその後寝ている時に
勉強した内容が脳内で整理されて
長期記憶として保存されるのです。

 

寝言とか夢というのは、脳が記憶の整理を
している現象であると、脳心理学の分野では
言われています。

つまり、睡眠時間を削るというのは
「記憶の整理タイムを減らしてる」
というのと同じことなのです。

 

睡眠時間を削ってる=勉強時間を削ってる

これを頭に置いておいてください。

 

せっかく勉強したことを
全くの無駄にしてしまいます。

睡眠は必ず十分に取るようにしましょう!

 

まとめ

7つの「やってはいけないNG勉強」で
当てはまるものはあったでしょうか。

 

もし1つでも当てはまるものが
あったのであれば

そこを見直していけば
あなたはもう

「あれだけ勉強したのに
なんで、私だけ勉強できないの…」

とはならないはず。

 

さらに、これらのNG勉強法を
やめるだけじゃなくて、さらに効率的に
成績を伸ばしていくためには

この記事でもちょくちょく出てきたように
あなたの脳をうまく活用する必要があります。

 

そのための方法は
ここに書いてあるので

あなたの脳に合わせた勉強法
しっかりと診断してみてください。

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2018 All Rights Reserved.