勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】138個の効率化勉強法の解説講義(音声)を期間限定で公開!

「単語・文法」では通用しない!あなたが英語ができない5つの理由

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

「単語と文法をやっていれば
英語は読めるようになる」

と学校の先生に言われたり していませんか?

実際、普段の小テストでは
英単語と文法を覚えているか
の確認ばかり…

でも実は、
学校の先生が言っていることは
真実ではないのです。

先生の言う通りに
単語と文法ばかりをやっていると

どんどん英語ができなくなっていく
んですね。

大学受験の英語には何が必要?

学校の先生は

「ハイレベルな単語も覚えないと
入試じゃ通用しない」

と言って毎週の小テストで
単語帳の隅々まで出題してきたり、

「不定詞の名詞的用法」
「関係代名詞の制限用法」
のような難解な文法用語を使って説明して

「ここが分からないと長文は読めないぞ!」
と言ってきたりしますよね。

 

でも、それは学校の先生が
自分の知識やうんちくを語るための
口実に過ぎないのです。

本当は、
ハイレベルな単語も難解な文法の知識も
大学入試で高得点を取るためには不要なんです。

 

難しい英単語はいらない

実は、英語の問題を解くためには
それほど多くの英単語は必要ではないんですね。

センター試験を例にとってみましょう。

(※「センター試験分析委員会」参照)

このグラフは、

何単語知っていれば
センター試験に出る単語を
カバーできるか

ということを
過去10年分の試験問題から
解析したものです。

 

グラフから見て取れるように、
およそ1800単語知っていれば
9割の単語はカバーできるのです。

中学校ではおよそ1000単語習う
と言われているので、

あなたが高校で覚える必要があるのは
たったの800単語だけというわけです。

 

難しい文法もいらない

そして、実は文法に関しても
それほど難しい内容は要らない、
ということが調査で分かっています。

必要な文法レベル

(※「アルク英語教育実態レポート」参照)

つまり、センターでも国立でも私立でも
中学レベルに毛が生えた程度の知識で
7割以上の問題は解けるのです。

 

だから、中学の文法が分かっていれば、
理論上はセンターでも7~8割は取れる
はずなのです。

でも実際はそこまでとるのって
なかなか難しいですよね?

実は、単語と文法以外に
身に着けなければいけない力
があるからなんです。

 

それがないと、

いくら学校の先生の言うとおりに
英単語や文法をやっても
点数に結びつかないんですよ。

だから、あなたが
「英単語と文法を単に覚えるだけで
本当に大丈夫?」って思っているのは

至極まっとうな不安なのです。

 

高校生が英語ができない5つの理由

今あなたが英語ができない理由は
大きく分けると次の5つのどれか
に分類されます。

  1. 基本的な単語(中学内容含む)が覚えられていない
  2. 基本的な文法(中学内容含む)が抑えられていない
  3. 英語の構造把握ができていない
  4. 英語の英文解釈ができていない
  5. 英語の長文の読み方ができない

このように、単語や文法以外の要素が
あなたが英語ができない原因である
可能性があるんですね。

 

それなのに学校の先生の言いなりで
単語と文法ばかりやっていては
英語がどんどんできなくなってしまいます。

構文把握とか英文解釈って
そもそもあまり学校でやらないのでは
ないでしょうか。

いや、そもそも聞いたこともない
かもしれませんね。

ここでは、あなたが
英語ができない原因について
1つずつ見ていって、

それがあなたに当てはまるかを確かめて
確実に成績の伸びる勉強をする方法を
お伝えしていきます!

 

1.基本的な単語(中学内容含む)が覚えられていない

先ほどもお伝えしたように、
センター試験を受ける上で
中学英単語+800の基礎単語は不可欠です。

そこが抑えられていないのであれば
あなたが今持っている一番簡単な単語帳
最初のパートから覚えていく必要があります。

 

嬉しいことに、単語に関しては
5分間で簡単にその必要性が
チェックできるものがあります。

Weblioの大学受験用語彙力診断テストなどで
そのレベルの単語がカバーできているか、
確認してみましょう。

 

2.基本的な文法(中学内容含む)が抑えられていない

そしてもちろん、最低限の文法も
英文を読んで問題に答えていくためには
必要になってきますよね。

ただ、基礎文法ができているかどうか
判断するための教材って中々ない
じゃないですか。

 

というのも、大体の文法の問題集は
明らかに不要な文法(倒置、未来完了etc)
までごちゃまぜになっているからです。

でも、学校の先生とかは
「文法の問題集(Vintageなど)をやれ」
の1点張りですよね。

 

そこで、僕が読解に必要な文法に絞って
勉強をするためのE-Bookを作っちゃいました!

今すぐ受け取って、
「学校の先生が教えてくれない英語の秘密」
を知ってください。

 

3.英語の構造把握ができていない

とはいえ、いくら単語と文法ができても
英語ができるようになるとは限らないのです。

例えば、次のような文を
あなたは正確に訳せますか?

The boy called Mike called Anne.

これは、

「マイクと呼ばれている少年(The boy called Mike)が
アンを呼んだ」

という訳になります。

使っている文法は中学で習った
「過去分詞」「過去形」だけなんです。

でも、”The boy called Mike”で
1つの主語になる、という
構造が見抜けないと訳せないですよね。

つまり、英文の「文型」「品詞」
をつかむのが構造把握なのです。

 

4.英語の英文解釈ができていない

そして、構造を把握した後に
その内容を解釈することも
英文を読むには必要ですよね。

場合によっては文脈に沿って
「意訳」するケースもあります。

 

このような
構造を元に英文の内容を解釈すること
英文解釈と呼びます。

 

こういう練習って学校では
あまりきちんとしないですよね。

でも、これができないと
センター英語で7~8割とるのは
難しいんですよ。

これよりももっと複雑な構造の
英文が学校のテストでも模試でも
じゃんじゃん出てくるからです。

 

でもどうやってその練習をやればいいの?
と思いますよね。

そこで、短文で練習するということが
必要不可欠になってくるのです。

そこでうってつけの参考書が、
「入門英文解釈の技術70」です。

 

さらに、英語の構造把握と英文解釈を
あなたにマスターしてもらうために、
特別にE-Bookを作っちゃいました!

今すぐ受け取って、
「学校で教わらない英文読解の極意」
を知ってください。

 

5.英語の長文の読み方ができない

ただ、それ以上の点数を取ろうとすると
短文の和訳ができても問題が解けない…
というケースも出てきます。

それが、

「全体の文脈が分からないと
解けない問題」

なのです。

 

長文の問題を解いていると、

  • ( ① )に当てはまる英文を選べ
  • 下線部にの単語の文章中の意味として
    最も近いのはどれか
  • この段落のまとめとして
    最もふさわしいものを選べ

というような問題が出てきますよね。

これって一文一文が訳せても
できない問題たちなわけです。

 

そこで必要になってくるのが、
パラグラフリーディング
と呼ばれる技術です。

 

これこそが、長文を速く正確に読める人と
そうでない人とが分かれてしまう理由の一つです。

パラグラフリーディングというのは、
長文を読むための作法のようなもの。

それを意識した長文読解の練習が
英文解釈の力を最大限に生かすには
必要になってきます。

 

パラグラフリーディングについては
河合塾の「パラグラフリーディングのストレタジー」
という本が詳しく書かれていてお勧めです!

もし文章全体の文脈を読み取るのが苦手、
というあなたはぜひ手に取ってみてください!

 

まとめ

いかがでしたか?

あなたが英語ができない理由は、
次の順番で見直していくと
確実に見つかります。

 

  1. 基本的な単語(中学内容含む)が覚えられているか
  2. 基本的な文法(中学内容含む)が抑えられているか
  3. 英語の構造把握ができているか
  4. 英語の英文解釈ができているか
  5. 英語の長文の読み方ができるか

1~4ができれば
センターで7~8割は取ることが可能です!

 

ここであなたが本当に
英語ができない理由を見つければ、
今までが嘘のように成績が伸びていきます。

もう学校の先生の言いなりで
「とりあえず単語と文法をやる」
のはやめましょう。

 

まずは魔法の英語長文読解の解体新書
を手に入れて、1~5のどの理由があてはまるか
分析するところから始めていきましょう!

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2018 All Rights Reserved.