勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】138個の効率化勉強法の解説講義(音声)を期間限定で公開!

親が口に出したら即アウト!受験生に言ってはいけない5つのNGワード

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

受験生のお子さんと
何気なく話していただけなのに、

突然ケンカになったり
傷ついた顔になって
口をきいてくれなくなったり

といった経験はありませんか?

 

もしかしたら、受験生の親が
ついつい言ってしまいがちな
5つのNGワードを、

あなたも知らず知らずのうちに
発してしまっているかも
しれません。

 

受験生の親が言いがちな5つのNGワード

あなた自身はお子さんに
頑張って勉強していい将来を
掴んでほしいと思っているはずです。

でも、そんなあなたの
親としての想いとは裏腹に、

この5つのNGワード
受験生のお子さんを
思いきり傷つけているかもしれません。

  1. 「もっと頑張れ」
  2. 「勉強しているの?」
  3. 「この大学を受けなさい!」
  4. 「どうせ無理」
  5. 「今のままで大丈夫なの?」

どうでしょうか?

もしこの中で1つでも
「つい言っちゃってるかもしれない…」
と思うものがあれば、

この続きを読んで
その恐ろしさを確かめて
いってください。

 

NGワードその1:「もっと頑張れ」

これはもしかしたら
一番よく口に出してしまう言葉
かもしれませんね。

僕自身も、
受験生を教える立場なので
その気持ちはよく分かるんです。

 

ただ、お子さんがちょっとでも
精神的にきついと感じているときに
親から「もっと頑張れ」と言われると

「今でも十分頑張っているのに…」

と思ってしまうことがあるのです。

あなたも、お仕事で
上司などからそう言われて
同じ気持ちになったことがあるはず。

 

それに、「もっと頑張れ」は
お子さんにとってプレッシャー
でもあります。

そのプレッシャーが原因で
勉強が上手くいかなくなったり
親子関係が悪化したケースは

実際に僕の周りの友人や
塾で教えていた子たちなど、
本当に多くいました。

だから、「頑張れ」という言葉は
非常に危険な側面がある、
ということなのです。

 

NGワードその2:「(本当に)勉強しているの?」

そして、受験生が
息抜きをしているときに
言われてカチンとくるのが

「本当に勉強しているの?」

という言葉。

 

親のあなたからすると、

お子さんが勉強していないと
どうしても目についてしまう、

ということがあるかもしれません。

でも、これは本当に
お子さんに「理解されていない」
と思われるきっかけになるのです。

 

あなたが逆の立場だったら
分かりやすいかもしれません。

「あなたは(家事や仕事を)
ちゃんとやってるの?」

とパートナーに言われたら

「いちいち言われなくても
きちんとやってるわ!」

という感じですよね。

 

だから、お子さんの勉強の様子を
どうしても聞きたいときは

「勉強しているの?」ではなく
「どれくらい進んだの?」

などと聞いてあげるといいでしょう。

 

NGワードその3:「ここを受けろ!」

そして、志望校についても
よく受験生の親子間での
トラブルの要因になります。

もちろんあなたは
お子さん以上に将来のことを
知っているし考えているでしょうから

「この大学、学部に行ってほしい!」

という思いはあるかもしれません。

でもそれで、親の方から
「この大学(学部)を受けろ!」
と言ってしまうと

お子さんは自分の未来を
押し付けられたように感じてしまい
モチベーションの低下につながるのです。

 

自分の人生に責任を持たせる

そして、もっと重要なのは、
お子さんが自分の人生に
責任を持てなくなるということです。

例えあなたが勧めた進路の先に
どんなにいい未来が待っていたとしても

どこかの過程で、
お子さん自身の力で乗り越える
必要のある困難がありますよね。

そのときに、
受験生のときに親から
決められた進路を辿っていると

「ここで苦しんでいるのは
親が悪いんだ!!」

と思ってしまい、
自力で目の前の問題に
対処できなくなるのです。

お子さんがそうなってしまうのは
とても悲しいですよね。

 

なので、多少間違っていたとしても
あくまで志望校の決定は
最後はお子さんにさせる、

その大前提を
常に忘れないでいてほしいです。

 

NGワードその4:「どうせ無理」

これは、頭ではわかってても
つい言ってしまう言葉かも
しれませんね。

基本的には、お子さんの努力を
本当の意味で理解してあげられるのは
親のあなたしかいません。

なんだかんだで学校の先生も
周りのお友達も、見るのは
結果だけですからね。

 

だから、親から
「どうせ無理」
と言われてしまうと、

自分の努力を否定された気持ちになる

のです。

 

それに、本当は
その志望校に行ける可能性が
あるかもしれないのに、

「どうせ無理」という言葉のせいで
自信を失ってそれが不可能になる
という危険性だってあります。

 

だからこそ、「どうせ無理」は
受験生であってもなくても
決して言ってはいけないのです。

 

NGワードその5:「今のままで大丈夫なの?」

そして、これもつい
親のあなたが受験生に
言ってしまうのではないでしょうか?

親のあなたからしたら
自分で勉強している
わけではないので、

かえって心配になる気持ちは
よく分かります。

 

ただ、これを言われると

本人がどんなに大丈夫だと
思っていても不安に思ってしまい

焦りから受験勉強が
上手くいかなくなることが
よくあるのです。

実際、そうやってストレスが
たまっていくと脳の働きが
悪くなるといわれています。

 

だから、決して親のあなたから
不安を煽るような言葉は
言わないであげてください。

受験生は常に不安と
戦っているのです。

 

受験の結果は
親がコントロールすることは
できないものなので、

それよりもお子さんを
普段の生活からサポート
してあげるようにしましょう!

 

まとめ

5つのNGワード、
いかがでしたでしょうか?

もしかしたら無意識のうちに
言ってしまっているかもしれない
言葉があったかもしれませんね。

 

きっとこの5つのNGワードは、
お子さんの将来を案ずるあまり
出てしまうものだと思います。

でも、そこから一歩引いて
一人の大人として接する
ことによって、

自然とミスコミュニケーションも
減っていくのではないでしょうか。

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2018 All Rights Reserved.