勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】138個の効率化勉強法の解説講義(音声)を期間限定で公開!

受験で親が知っておくべきはこれ1つだけ~子供との接し方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

お子さんと受験の話をしていて
話がかみ合わなかったり、

「その大学(学部)で
本当に将来大丈夫なの?」

と思ってしまうこと、
ありませんか?

実際、お子さんもまだ高校生なので、
全部したいとおりにさせるのも
不安ですよね。

そこでこの記事では、
そんな不安と戦う親のあなたが

どうやってお子さんと
接すればいいのかについて
お伝えしていきます。

 

親と子供の「幸せの違い」を知ろう

実は、親のあなたとお子さんの
話がかみ合わないのは
ごく当たり前のことなのです。

なぜなら、あなたとお子さんには
「幸せの違い」があるから。

これは言い換えると、
「価値観の違い」でもあります。

今は、親のあなたが
高校生だったころとの
時代の違いもあります。

だから、あなたのお子さんに対する
「こうなってほしい!」というイメージと

お子さん自身が抱いている
将来の夢や目標とは間違いなく違うはずです。

多分、あなた自身も
高校生の時に親に対して
そう思っていた時期があると思います。

「そんな当たり前のことを
言わないで下さいよ」

とお思いになられるかもしれませんが、
意外とこれが実行するのが
難しいのです。

お子さんも一人の人間である

例えばお父さんとお母さん同士でも
お互いに多少の価値観の違いは
ありますよね。

だからお互いに
その価値観を尊重しあって
「一人の大人」として接するはず。

それと同じように、
お子さんに対してもその価値観や
「幸せの違い」を尊重してあげましょう。

将来の夢や目標について話そう

まずは「幸せの違い」について
知るために、

将来どんなことをしたいのか、
どんな夢や目標があるのかを
さりげなく聞いてみましょう。

「大人になったらどんなことがしたいの?」
「大学では何をしたいの?」

と話を振ってみるといいと思います。

そのときに、その夢や目標があなたから見て
くだらなかったり
現実的でなかったとしても

決して否定したり
あなたの思っていることを
押し付けてはいけません。

お子さんが上手く答えられなくても
無理やり答えを引き出そうとしては
いけません。

将来の夢や目標、
やりたいことを話す機会を
定期的に持つことが大切です。

そうすれば、受験においても
後々悔いの残らない選択
親子ともにできるはずです。

受験では親は「後押し」しよう

ここまで、
「親の意見を押し付けてはいけない」
ということをお伝えしてきましたが、

あまりにも無関心だったり
受験に関して無知なのも考えものです。

実際、受験期に親が無関心だと
「どうでもいい」と思われてると感じ
逆に不安になってしまうのです。

お子さんもたまに
「放っておいてよ!!」というような
言葉を発することもあるかもしれませんが、

僕が受験生と直接話してきて
一人一人話を聞いていくと、

本心では
「応援してほしい」「支えてほしい」
と思っているケースがほとんどでした。

なので、あくまで親のあなたは
「後押し」するスタンスでいることが
大切なのです。

過度に干渉するのは
もちろんよくありませんが、

お子さん一人ではどうにもできない
金銭面や環境面、その他必要な情報
については、

あなたも適切なタイミングで
助け舟を出せるようにしておくと
より信頼関係も深まるはずです。

プレッシャーはNG

そして、後押しするときに
気を付けなくてはいけないのが
プレッシャーです。

もしかしたらあなたから見たら
お子さんは受験の結果に
無頓着なように感じるかもしれませんが、

実際は本人が一番神経質
になっているものなのです。

あなた自身、
プレッシャーや焦り、苛立ちを
他の人には見せたくはないですよね。

お子さんも同じで、
無頓着なように見えるのは
単に焦りを隠しているだけなのです。

だから、時には

「頑張ってね!」
「絶対合格してね!」
「他の子に負けるな!」

といった言葉が
プレッシャーに感じることも
よくあるのです。

だから、なるべく
そのような言葉は避け、

お子さんが伸び伸びと勉強できる
ように配慮してあげましょう。

まとめ

まずは、お子さんと定期的に
将来のことについて、

否定押し付けプレッシャー
一切かけずに話すように
してみてください。

そのときに、自分とお子さんとの間に
「幸せの違い」があるということも
頭に入れておくとスムーズに会話できます。

やはりお子さんの受験を
一番間近で後押しできるのは
親御さんです。

なので、そこで
正しくコミニュケーションがとれれば
より一層絆が深まる受験になるはずです!

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2018 All Rights Reserved.