勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】138個の効率化勉強法の解説講義(音声)を期間限定で公開!

【勉強嫌いの僕】受験勉強の9割がおもしろくない3つの理由

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

は勉強が嫌いでした。
なぜなら、おもしろくなかったから。

でも、よくよく思い返してみて、
当時を分析してみたり、
受験生の話を聞いていると、

勉強がおもしろくないのには
ある3つの理由があったんです。

この理由さえ克服できれば、
必ず勉強がおもしろくなってきます。

それと同時に、成績も上がってきますよ。

まず、次の質問を
あなたも一緒に考えてみてください。

 

なぜ勉強がおもしろくないのでしょう?

 

実はこれにはハッキリとした
理由があるのです。

 

しかし、こんな話を学校の先生は
ほとんどしてくれないと思います。

学校の先生っていうのは、
科目の内容を教えてくれる人であって、
あなたの勉強を楽しくさせる義務はないのです。

 

「なんだよ無責任な!!」

ともしかしたら、思うかもしれないですが
そう思ってしまった人は残念ながら、
学校の先生に希望を持ちすぎです。

たまにそんな意識の高い先生にも会えますが、
そうじゃない先生が多くいるのもまた事実です。

 

そうではなく、勉強を楽しくしたいなら
今この記事の中から、きちんと
情報を持って帰ってください。

 

今から、あなたが勉強を楽しめない
「勉強=つまらない」と感じてしまう
3つの理由を暴露していきます!

 

では早速、一つ目から行きましょう!

 

【勉強がつまらない理由】

その1…やる意味がわからない

例えば、こんな状況を想像しみましょう。

イメージを膨らませて考えてみてください。

 

ここにレンガがあります。14772_2

そこであなたに、
一つ課題が出たとしましょう。

「とりあえずたくさん、とにかくたくさん
 つべこべ言わずに、レンガを積んでください」

さて、その作業をあなたは
「やったー!レンガが積めるぞ!」
と楽しくワクワクしてできるでしょうか?

 

・・・

 

「いやいや、なんでだよ…
めんどくせえよ…
別にそんなことやらなくていいよ…」

そう感じませんでしたか?

そんな風に感じて、おそらく
全く楽しくはできないですよね。

 

じゃあ、これがこんな風に
課題が変わったらどうでしょうか?

 

「今から、あなたが住む家を作るために、
 レンガの壁を作ってください。

 そこには、あなたの好きな模様を付けていいし、
 どれだけ時間をかけて良いモノを作っても構いません。

 道行く人を『うわぁ…綺麗…』と驚かせるような
 隣近所のお友達に自慢できるぐらい凝って、
 素敵なレンガの壁を作るためにレンガを積みましょう。」

 

実際にやることは、レンガを積むことで
どちらも同じ作業をするはずです。

作業内容は全く変わらないはずなのに、
あなたのモチベーションが
大きく変わるのは感じられましたよね。

 

あなたの勉強も全く同じなのです。

人間は目的のない行動、作業には
強い不快感を感じるようにできています。

学校の先生も
なぜ勉強するのかに答えてくれず、
自分で探す方法も教えてくれず、
とにかく「やれ」

そんな勉強が面白いはずはないのです。

 

その2…クリア感がない

2つ目の理由は、極めて簡単です。

例えば、小学生が勉強を放り出して
テレビゲームに夢中になっていることって
よくありますよね。

 

まあ、そんなものは
ただの大人の戯言なんですが、

そんなことよりも、あなたに必要なことは
なぜゲームは、
あれほど大量の小学生を熱狂させるのか
ということ。

 

その仕組みさえわかってしまえば、
あなたの勉強もある種のゲームのように
間違いなく、うまくいき始めるのです。

 

テレビゲームにはあって、
勉強には足りていないもの、

それが『クリア感』です。

 

例えば、レベルが上がったという感覚
難しい敵を倒せるようになったという快感が

テレビゲームにはあって、勉強にはないのです。

 

この『クリア感』をいかに自分で作れるか
これが勉強を楽しむには大切です。

 

例えば、
友達と勉強スピードを競い合ってみるとか
(そこにお菓子とかを賭けるのもいいでしょうね)

問題を友達同士で、解説しあって
第3者に勝敗を決めてもらうとか、

問題集を小分けに区切って、
そこの節目ごとにレベルを書いておくとか、
(これはまさにゲームっぽい)

 

こんな感じで、いかに工夫して、
自分の中で「達成=クリア」という
クリア感を作っていくかが大事になります。

 

その3…勉強=やらされてる感

最後がこの最難関のラスボスです。

あなたはいつから
勉強をやらされていますか?

 

思い出してみてください。

小学生の時、1年生の始めから
勉強するのが嫌いでしたか?

「わかった!」と思ったら、
自分から手を挙げたりしてませんでしたか?

きっと、あなたはしていたはずです。
自分から勉強をしていたはずなのです。

それがいつの間にか、
「勉強=やらされてる感」
変わっていってしまいました。

 

それは、「わからないことがダメ」とか

「間違えるのは恥ずかしいこと」とか

「正解を言える奴だけが賢い奴」とか

「暗記できれば点数が取れる」とか

 

間違った勉強の仕方、点数のつけられ方を
これまで散々あなたが受けてきてしまったからです。

 

決してあなたのせいではありません。

 

ですが、あなたはこれから
「やらされる勉強」からは
頑張って卒業していかねばなりません。

 

このブログではその方法を教えますし、
僕の指導もそうありたいと常に意識しています。

 

あなたはまずは、「やる意味」と「クリア感」

これを考えていくことによって、
「勉強=やらされている感」から
抜け出していきましょう!

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2016 All Rights Reserved.