勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】138個の効率化勉強法の解説講義(音声)を期間限定で公開!

高校の宿題が終わらないときの対処法と最後の3つの手段

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

高校生になると、
宿題が多くて終わらない
ことがよくありますよね。

(特に自称進学校)

一体全体どうやって
周りの友達たちはやってるのか
と思うくらいです。

 

そんな苦行ともいえる宿題を
短時間で終わらせる対処法
最後の3つの手段をお伝えします!

 

宿題は100%は目指すな!

まず具体的な対処法の前に
知っておいてほしいのは、

宿題は必ずしも100%で
やる必要はないということです。

なぜなら、そもそも先生たちも
そんなことは期待していない
からなのです。

 

これは特にまじめな人ほど
そういう傾向があるのですが、

どうしても宿題をやっていると
急いでいるときでもこだわりが出て
時間がかかることがあると思います。

なんか中途半端にやるのが
気持ち悪く感じてしまう
のですよね。

 

でも、これは宿題に限らず
まずはいったん終わらせるのが
最優先なんです。

以前の記事でも紹介したように
テスト勉強でも同じことが言えます。

 

きちんと理解したい場合は
そこから復習していけばいいだけ。

だからちょっと適当になるくらいが
ちょうどいいんです。

 

最後の3つの手段

とはいえ、どんなに
適当にやろうが終わらない
という時もあるはず。

そんな時には、
最後の3つの手段
使いましょう。

  • 解答を丸写し(問題集系)
  • Amazonレビューを見る(感想文系)
  • Wikiなどで調べる(レポート系)

これらを使えば、
最短最速で思考停止状態で
宿題が終わるはず。

 

特に解答を写すのは
罪悪感があるかもしれませんが、

実際のところ
そこから得られる結果は
それほど変わらないのです。

むしろ大切なのは
その宿題を提出した後に
復習するかどうか。

だから、緊急事態には
遠慮なく上の3つの方法を
使っていきましょう!

 

基本はコツコツ

 

とはいえ、基本はやっぱり
事前からコツコツ
やっていくことなんです。

例えば数学の問題100問が
宿題だったとして、

それを前日にやるのは
狂気の沙汰ですよね。

 

でも、それを例えば
10日前からやっていれば
1日10問でいいんです。

しかも、そんなに全力でやらずに
分からないときにすぐ答えをみれば
意外とすぐに終わるもの。

だから、大量に宿題があるときでも
先にできるものは
コツコツとやるのが大切。

 

時間を決めてやろう

そして、宿題をやるときに
大切になってくるのが
時間を決めてやること。

そうすることで
集中力が格段にアップし

より簡単に短時間で
宿題を終わらせることが
できるのです。

 

時間を決める以外の
集中力UP法については
以前の記事も参考にしてください!

 

優先順位が大切

そして、宿題は
何でもかんでもやればいい
というものでもありません。

もちろん時間に余裕があって
他の大切な勉強ができている
のであればいいのですが、

そうでない場合は
優先順位をつけることが
大切になってきます。

 

そして、時と場合によっては
宿題をやらないというのも手
だということも覚えておきましょう!

 

まとめ

たぶん高校で
宿題が終わらないと
悩んでいる人は

まじめな性格で
完璧に自力でやらなくちゃ
と思っているはず。

でも、ちょっと力を抜いて
効率的に勉強することで

宿題の呪縛からも解放され、
勉強すればするほど
成績が伸びていく

正のスパイラルに
乗っていけるはずです!

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2018 All Rights Reserved.