勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】138個の効率化勉強法の解説講義(音声)を期間限定で公開!

大学受験、諦める?諦めない?|『現実を見ろ』と言われたあなたへ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

学受験を諦めて、
志望校を下げようか

それとも、諦めないで
もうちょっと頑張ってみようか…

もしもあなたが、学校の先生や
塾の先生、友達、親から

「現実を見なさい」「もう諦めたら?」

と言われ、胸が引き裂かれそうに
苦しくなってしまっているのなら、

僕はあなたに伝えたいことがあります。

大学受験を諦めるかどうか
これってどうやって決めるんだろう?

もしかすると、
あなたも言われたかもしれない

「もう諦めた方がいいんじゃない?」とか、
「いい加減、現実を見なさいよ」とか、
「あんたは自分のこと全然見てないのね」とか、

 

僕はこれまでも、
たくさん言われてきました。

 

もちろん、大学受験でも言われてきたし、

なんなら、現在進行形でも
よく言われたりしています。

 

「諦めなさい」と言われるのに対して、
僕はこんな風に聞き返してしまいます。

「どうして?」と。

 

すると、こんな答えが返ってくるんですね。

 

「現実を見なさいよ」

「あんたには無理でしょ」

「どう考えても無謀だよ」

と。

 

僕はそう言われるたびに、
1つのこんな想いに駆られます。

 

多分この質問、この想いの答えが
きっとあなたを救うことになると思って
僕は今キーボードをカタカタ打ってます。

 

僕の頭を毎回よぎるその質問、
その想いっていうのが、

 

「現実・無理・無謀」って
一体全体、なんなんだ?

 

これを考えないことには、
今日のお話は進んでいかないんです。

 

だから、まずはここから
僕と一緒に考えてみましょう。

 

まずは、あなたを止めようとしている

「やめといたら?」と言ってくれる人が
どんな風に考えているのかを分析してみましょう。

 

彼らはおそらくこんな風に考えてる。

 

「今のこの子の状況から行くと、
 失敗する、無理な可能性が高い。

 失敗した時には、この子は悲しむだろう。

 だったらやめといた方がいいんじゃないか。

 よし、辞めるように言ってみよう。」

 

たぶんこんな感じ。

 

これを想像してみた時、
僕には1つの疑問が頭に浮かんできます。

 

早く大学受験を諦めなさい?
え?どうして「無理」かどうかを
僕じゃなくてあなたが決めるんですか?

僕が誰かに「諦めろ」「無理」「無謀」

と言われてしまった日には、

僕は絶対にこう思ってしまうんです。

 

確かに、現状のままだと
厳しい部分があるんだと思います。

 

そう言われてしまうからには、
「無理そう」な側面があるんでしょう。

 

でも、それで諦めるかどうかを
最後に決めるのって、「自分」だよね

と僕は思うんです。

 

だから別に諦めろと言われても、
無理だと、無謀だと言われても、

あなたが諦めたくないなら
諦める必要はないんじゃない?

 

そもそも、別に
失敗したっていいじゃないか

僕は人生に失敗がつきものだと思っています。

 

いや、もっと正確に言うと、

「成功」する人生は、
その分「失敗」が必ず付いてくる。

 

そもそも「成功」とは、、、

とか言い出すとすごく長くなってしまうので
今日はやめておきますが、

あなたが最後に「成功だった」と
胸を張って言うためには、絶対に
「失敗」を経験しないといけないのです。

 

それが怖いというのなら、

成功も失敗もない「無難な人生」を
歩んでいけばいいと思います。

 

でも、僕はそれでは面白くないと思う。

 

失敗も成功もない無難な人生か

失敗もあるけど、
最後に大きな成功を掴む有難い人生か

 

あなたなら、どっちを選びますか?

 

有難い人生を選ぶというのなら、
もう少し先を読んでいってください。

 

結局、大事なことって
これだと思うんですよね。

 

大学受験を諦めるor諦めない
その未来であなたが想うこと

そう、未来であなたが
何を想い、何を感じるかということ。

 

じゃあ、諦めた後と諦めなかった後を
一緒に考えてみよう。

 

志望校を諦める選択をした後

志望校を諦めることになったら、
あなたは何を感じるでしょうか。

 

「よし、志望校を諦めよう」

そう決めた時から、きっと
「本当にこれでいいのかな…?」
と考え始めます。

 

そして、きっと
諦めた自分を責め始めます。

「やっぱり自分はやっても無駄だった」
「諦めたんだから、もう納得しろよ」
「どうせ自分には難しい壁だったんだって」

って。

 

そして、そのまま諦めたことが
心のしこりとなって、残ります。

 

「自分はあの時諦めたからなー…」

これをずっと考え続けることになります。

 

次第に、何か新しいことを始める時も
ものすごく不安になります。

 

成功するか、しないかよりも

自分に果たしてやりきれるんだろうか

と悩み、挑戦を恐れ、失敗を怖がります。

 

失敗を怖がるということは、
成功も失敗もしないってことです。

つまり、ただの無難な人生ですね。

 

志望校を諦めない選択をした後

じゃあ、志望校を諦めなかったら
あなたはどう感じるでしょうか?

 

きっと、苦しいと思います。

「本当に俺ってできるのかな…?」
「このまま目指してて本当に大丈夫かな…?」
「諦めないでも本当にいいのかな…?」

 

ですが、これを考えている間は
実はまだ「諦めない選択」なんてできてないのです。

 

いや、正確に言うと、99%は
「諦めないでおこうかな」と考えてる。

 

でも、心の中の1%が「諦めようかな」

っていってる状態なんです。

 

100%「諦めない」って決めきれていない。

これでは苦しいに決まってます。

 

だって、まだ迷ってるんですから。

これを100%決めきったら、
あなたはきっとこう思うはずです。

 

「何を迷ってたんだろう。
 諦めないで、やればいいじゃん!

 あー、すっきりした!」

 

そうなったら、諦めない選択が
100%できた証拠です。

 

でも、もしも諦めない選択をしたら、
あなたは失敗するかもしれません。

 

でも、もしかすると
成功するのかもしれません。

 

成功するか、失敗するか
これって誰がわかるんですか?

 

あなたはわかりますか?
友達はわかりますか?
先生ならわかりますか?
親はわかりますか?

 

結局、成功するか失敗するかは
誰にもわからないんですよね。

 

だったら、

現実って誰が決めるんですか?

そう、今のあなたが
成功するか失敗するかなんて、
どこの誰にもわからないはずなのに

なぜか「今のあなた」の状態を見て、
先生たちは、未来が見えているように
指摘をしてしまうんです。

 

もしかすると、今のままだと
失敗する確率がすごく高いのかもしれない。

 

でも、だからって
100%失敗するんですか?

 

「今のまま」では足りないというのなら、
「今」を変えるしかないじゃないか。

 

失敗を恐れ、挑戦を怖がっているうちは
「今を変える」ってことができないんです。

 

「今のままでは失敗するかも」

じゃあ、もっと今を変えたらどうですか?

 

これが僕があなたに
一番伝えたい提案です。

 

あなたが無理なら無理だよ

ここまで読んで、そんなの無理だよ
と思ってしまうかもしれない。

でも、僕はあなたならできると思う。

もし、これを聞いても、
「俺には、私には無理だ」
って言うのなら、僕にはどうしようもない。

 

だって、それはあなたの人生だから。

 

もしかすると、これを読んだら
「なんだ!お前冷たいな!」
と言われてしまうかもしれないけど、

僕はあなたの人生には何の責任も持てない。

 

それを承知の上で、伝えます。

 

あなたの人生をあなたが
自分で背負う覚悟はあるか

結局、これに尽きると思います。

あなたが失敗するか成功するかも
未来は見えないからわからない

もしも、失敗してもいいかどうか
それを決めるのも完全に自由

 

あなたは完全に自由なんです。

 

だからこそ、
自由に選んでいいということは

その選択に対して、
責任と覚悟を持てるかってこと。

 

それは誰かに対しての責任とかじゃなくて、
結局、自分自身に対しての責任、覚悟

 

これが問われているんです。

 

ここまでわかった上で、
あなたが志望校を諦めないというのなら、
僕は全力であなたと向き合います。

全力であなたを成功に向けて導いていきます。

大学受験を諦めたくないあなたへ
最後の砦のメルマガ講座

僕から、諦めたくないあなたへ

最後の砦になるメルマガ講座を
無料で運営しています。

真剣に行動をしていけるなら、
まだまだチャンスはあります。

チャンスを掴みたいのなら
今すぐ行動を起こしてください。

>>諦めたくないあなたへ<<

最後に決めるのはあなたです。

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. 太田美和 より:

    娘の受験する高校の倍率の高さにびっくりです。学校の先生と塾の先生に「厳しい」と言われている高校です。娘を支えなければならない親の私がくじそうでした。そんな時に拝見し、勇気を頂きました。ありがとうございます。

  2. >>太田様
    ご返信ありがとうございます。

    先生方は「厳しい」という言葉を
    結構簡単に使いますので、注意は必要だと思います。

    本当に厳しいのかどうかを見極めることが必要です。

    こちらのLINEに連絡を下されば、すぐに返信できますので
    僕の方でお力になれることがあればいつでも言ってください。
    ⇒https://line.me/R/ti/p/%40eef3086a

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2016 All Rights Reserved.