勉強が苦手なあなたを変える効率的な勉強法

【まとめ】138個の効率化勉強法の解説講義(音声)を期間限定で公開!

うちの子の受験勉強はいつから?大学受験を攻略するための勉強計画

 
この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

高校生のお子さんをお持ちだと、
「入試改革」とかのニュースが
最近特に気になりますよね。

そうでなくても
大学受験の勉強は時間がかかるし、

一体いつから受験勉強をさせたら
いいのでしょうか?

 

実は、単にお子さんに
受験勉強を早く始めさせる
のがいいとは限らないのです…

 

早ければいいわけではない

そもそも、受験勉強というと
一昔前は塾や予備校に行く
イメージが強かったかもしれません。

あるいは、学校で配られる
教科書とセットで使うような
問題集とは別に、

受験用の問題集を買ってきて
自宅でそれを解いていく
ような印象があるかもしれません。

 

でも、それを
とにかく早くやればいい
というわけではないのです。

むしろ、部活や定期テストなど
目の前のことを
着実にやれていない状態だと

受験勉強にスイッチするのが
早すぎると

逆にお子さんにとって
悪影響を及ぼす可能性が
あるのです。

 

まずは学校の内容から

当たり前ですが、
大学受験で出題される内容は
学校の授業がベースではあります。

それに、2020年度以降の
入試改革以降の受験では
学校の調査書も大切になってきます。

調査書には
学校の成績や課外活動が
記載されます。

なので、学校の授業や部活を
犠牲にしてまでも受験勉強を
進めるメリットはないのです。

 

なので、特に高校に入って
まだまだ長くない高1生は特に、

受験勉強云々よりも
まずは学校の定期テストなどを
やる必要があります。

 

まず志望校を決めよう

そして、あなたのお子さんが
入試改革前に受験でも
そのあとに受験であっても

まずは志望校が決まっていないと
受験勉強の方針
はっきりと決められません。

 

特に入試改革後は、
受ける大学によって大きく
入試形態が変わります。

「大学入学共通テスト」だけでなく
外部の英語の資格試験も受験したり
個別入試も受験したりと

その大学に合わせた対策を
していく必要があるのです。

 

それに何より、お子さん自身が
明確な目標がないと頑張りにくい
という部分もあるはず。

だから、受験勉強の第一歩は
志望校を1つでも決めること
なのです。

 

徐々に受験勉強にシフト

そして、学校のテストや部活が
余裕をもってできるように
お子さんがなってきたら

徐々に入試対策、
志望校によっては英語の資格対策を
始めていきましょう。

 

やはり、いきなり大量に
入試対策の勉強をやらせようとすると

それまでのリズムが崩れて
学校のテストや部活にも
悪影響が出てしまうので、

うまく時間や体力と相談しながら
少しずつ受験勉強の時間を
増やしていけばいいのです。

 

最後は受験勉強だけで

そして、最終的に理想なのは

受験勉強の対策だけをしていて
学校のテストもいい成績を取れる

という状態。

そうなってしまえば
お子さんも集中しやすい
ですよね。

 

そんなことが本当にできるのか
という質問もたまにいただきますが、

受験勉強に慣れてきて
勉強自体のコツをつかめれば

学校の授業を聞いているだけで
定期テスト程度なら十分に
点数を取れるようになるのです。

ただ、いきなりそれをやれというのは
少々難しいでしょうから、

まずはお子さんに
少しずつ慣れていって
もらうのが一番なのです。

 

まとめ

やはり何だかんだで
学校の授業というのは
受験勉強の基礎になる部分。

だから、そこをおろそかにして
受験勉強に早く入ろうとすると
逆効果になることもあるのです。

 

なので、そこはお子さんと
しっかり歩調を合わせて

段階を踏んで少しずつ
受験勉強にシフトして
行きましょう!

 

下剋上合格特化の勉強効率を伸ばす法則を全て注ぎ込んで
しかも無料で配布することにしました

総ページ200ページを超える
全24章構成で勉強効率を伸ばすための
法則を全てまとめ上げた

スマホで読めるE-bookです。

是非、あなたの受験勉強の効率を
これでアップさせてください。

あと、そのうち有料予定なので
今のうちにゲットしてください。

さらに、何やらここでは言えない
『超豪華特典』も付いています。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
受験生に地頭を鍛えるノウハウを教え、下剋上合格に導いている勉強の専門家|得意なのは「最短・最速合格法」「地頭を鍛える勉強法」「問題解決コーチング」※ただの科目指導を教えるだけじゃうまくいかないと悟ったので、塾講師をやめて自分で塾を立ち上げました。
詳しいプロフィールはこちら

コメントをお願いします!

Copyright© 一流の勉強法 , 2018 All Rights Reserved.